04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

NM君 RZ50エンジン修理・・・分解点検! 

こんばんは

今日は珍しく50ccエンジンの修理の分解点検をしています。
お客さんはまだ若いNM君。

昨年ほしかったRZ50を中古購入し乗っていたところ、突然エンジンが壊れたとの事でした。
学生でもあり、予算的なこともあって、詳しい友人と一緒に中古エンジンに載せ換えて修理を試みたらしいのですが、エンジンがかからないとの事で修理ご依頼だったんです。
NMRZエンジン分解FB (1)

最近はお客さんからの依頼で話を聞いていると、よく出てくる「出来る友人・・・」
友人ですから、力になりたい、助けたいという気持ちから色々手伝ってくれるのだと思うのです。
私にもいます。自身助けられた事も沢山ありますし、助けたこともあります。
ですので、否定は出来ませんし、したくないです。
それが人付き合いだと思うからですね。
ですが、この仕事をしていると多々見かけるのは、中途半端なんですよ。
我々がその中途半端な状態から仕事として請け負う際は、仕事が増えてしまいます。
まずは、最初の原因が何?
どこをどうしたんだろう?
その作業にミスはないのか?
色々考えなければ事が進まないのです・・・
ご自身で作業しかけた場合も多いんですよね。

限定してしまいますが、費用を抑えたいのであれば、確実ではない限り手を出さず、相談してください。
その方が安く済む事も多いのです。
今回はそんな事例の一つ思えるんですよね・・・

話を戻します。
積みかえに使用されたエンジンは、RZではなく、TZRエンジンでした。
Y!で実働エンジンとして購入したらしいのですが、調べてみると色々出てきました~
NMRZエンジン分解FB (2)

セルを回してみると?それが中々回せません?
調べたら、ニュートラルの結線が出来ておらず、何故か配線も切られた状態でした(;^ω^)
方法を考えて、セルを回すことが出来たんですが、ケタタマシイ異音と共に回っています!
どうもすっきりしない音で、とても実働で動いている物では無いように感じますね・・・

火花は飛ぶのを確認できたので、吸気系も心配ですが、やはりエンジン内燃機関が心配なので、圧縮を測定してみました。
が、せいぜい上がっても7キロ弱。ほぼほぼ6キロ強です。
これでは低すぎて中々始動できません。

ノーマルチャンバーを外して排気ポートより内視鏡を突っ込み見てみます。
NMRZエンジン分解FB (3)
NMRZエンジン分解FB (8)
排気ポートから見えるのはピストンの側面ですが、何やら水滴が付いています?
水滴?

ピストンを動かして、中身をチェック
NMRZエンジン分解FB (4)
NMRZエンジン分解FB (6)
NMRZエンジン分解FB (7)
シリンダー側面は完全に錆びてます。
更に傷も入っていて、この状態ではかかりそうも無いのは一目瞭然です。

NMRZエンジン分解 (2)
エンジンの外観、中身の状態から考えて・・・水没エンジンであると断定しました。
恐らくクランクシャフトも錆びているだろうし、何よりRZではないので、ミッションやシリンダー等々、、今後のことを考えると、オリジナルエンジンを修理した方が確実であるとアドバイスさせていただきました。
NMRZエンジン分解FB (5)

正直この話をした時は費用的な面で結構かかることを伝えたので、かわいそうに思いましたが、仕方ありませんね・・・
親御さんと相談してもらい返事を待ちました~

先日その返事が来まして、オリジナルエンジンを直す方向で話が進みましたので、今日はエンジンを分解していきました。
NMRZエンジン分解 (3)
フライホイールを手で回してみると、全然回ろうとしてくれません。
回っても引っかかるし、クランクをやってるのはすぐにわかります。

早速ヘッドから分解していきます
NMRZエンジン分解 (5)
NMRZエンジン分解 (6)
見事に・・・・
クランクビックエンドのベアリングが粉々になり、上に吹き抜けてシリンダー、ヘッド、ピストンがボロボロの状態ですね・・・

更に分解を進めます
NMRZエンジン分解 (7)
NMRZエンジン分解 (8)
NMRZエンジン分解 (9)
NMRZエンジン分解 (10)
NMRZエンジン分解 (11)
どうしてここまで?
謎は深まるばかりです。
コンロッドはピストンを持ち上げ固着してますなw
シリンダーにも深い縦傷が入り、再使用は不可です。
ピストンも真っ黒に焼けてますね。

腰下を分解します。
NMRZエンジン分解 (12) NMRZエンジン分解 (13) NMRZエンジン分解 (14) NMRZエンジン分解 (15) NMRZエンジン分解 (16) 
クランクは錆が酷い状態です。

ケース側に残るサイドベアリング黒い汚れと錆・・・
NMRZエンジン分解 (18) NMRZエンジン分解 (19) NMRZエンジン分解 (20) NMRZエンジン分解 (24) NMRZエンジン分解 (22) 
錆が兎に角ひどく原因はほぼ放置によるガソリン腐食とそれに侵されたクランクによる破損ですね。
一番下の写真に、コンロッドの付け根に見えるビックエンド(大端)ベアリングが飛び散った結果こうなったんだと推測できます。

古い車両で特に2サイクルエンジンの場合、ガソリンがキャブレターでオーバーフローを起こしたままにしておくと、ガソリンがクランク室に貯まったままになるのですが、それが劣化し錆を呼んだのでしょう。
キャブレターの掃除をし、エンジンがかかっても、異音がするはずなんで、この車両を売りつけたバイク店も相当悪いと思います。

現状から、具体的な見積もりができるので、完成したらご報告です。
想像したとおりに壊れてました・・・残念
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« お知らせ!&IBさん CB400SB車検点検結果報告!  |  ODさん XL250ディグリー始動困難車両修理点検報告! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/771-4809cfdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。