10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

THさん DT230ランツァエンジン不調と点検見積! 

こにちは!

今日の報告は先日お預かりしていたDT230ランツァです。
THランツァ点検見積ENG分解 (1)

当店初めて点検見積修理ご依頼なんですが、今回ご紹介の分はエンジン修理も含みます。
中古購入からすぐに事故に遭われて、修理を受けたころからエンジンの調子が悪く?原因を調べたところ。。
なんと・・シリンダー、ピストン等が焼き付いていたらしいのです。
THランツァ点検見積ENG分解 (2)
知り合いの方がメカに詳しく、ご自身たちで新品部品を使用し修理されたらしいのですが、どうもクランクが異常だという事でした。
どういった異常があったのかと聞きますと、クランクシャフトのコンロッドがクランクウェイトに密着しているだとか?!
その後気になって、気持ちよく乗れないのだとか・・・それはそうでしょうね・・

事故が原因である可能性は考えにくい。その修理もよっぽど何か直接的な作業ミスが無い限り考えにくいので、原因を探すのが大変です。。。しかもこの車両は初見になるしね(^_^;)ま、想像を膨らませて考えていきます。

エンジンを始動し、音をチェックしてみると、「ゴロゴロ・・」とクランク左から聞こえてきます。
調子は言うほど悪くなさそうですが、少しかぶり気味でフケが悪い感じですね。
音の原因を考えると、クランクサイドベアリングがダメになっている感じが強いです。
焼き付きの際にベアリングにパーツの破片でベアリングに傷が入った可能性が高いですね。。と伝えエンジンはOH修理をお勧めしました。

まずは点検からしていくことにしました。
車体の方は結構綺麗に保たれていたのに驚きです。
バッテリー電圧のチェック
常時電圧
THランツァ点検見積ENG分解 (3)
12.69V問題なし。

充電電圧
THランツァ点検見積ENG分解 (5)
ピークで14.23V
安定感ありでこちらも文句なしです。
セルスタート時の電圧の落ち方を見たんですが、9v付近まで下がっていました。
これは、電力を消費している証拠みたいな見方ができるんですが、少しセルモーターで電気が多く使われているようです。
バッテリーが寿命時もよく似た感じになりますが、印象は悪くないので、エンジンのクランクシャフトに抵抗が有り、回りにくくセルモーターの負担が大きいのかもしれません。
セルの回る音は普通に元気よく回っている感じでしたがね・・・・

保安装置
テールやブレーキ、ヘッドランプ、ウインカー、ホーン等は正常に作動しています。

足回り
THランツァ点検見積ENG分解 (6)THランツァ点検見積ENG分解 (8)
THランツァ点検見積ENG分解 (13)
ベアリングやクッションのオイル漏れ等。。。写真の通りで全くもって問題は見当たりません。

ブレーキ
フロント
THランツァ点検見積ENG分解 (7)
THランツァ点検見積ENG分解 (14)

リヤ
THランツァ点検見積ENG分解 (11)
THランツァ点検見積ENG分解 (12)
THランツァ点検見積ENG分解 (15)

前後共にパッドの消耗も少なく、キャリパーとしての作動もばっちりです。
フルードも最近交換しているような印象です。
唯一問題があるとすれば・・・・
THランツァ点検見積ENG分解 (9)
パッドぴんが前後とも全て緩んでいました><
恐らく作業した方が、締め忘れています。
消耗品や作動不良が無いのに、たったこれだけで台無しです!
パッドが外れてしまうところですよ・・・・
ちゃんと締めこんでおきました。これで完璧!

タイヤもまだまだ大丈夫ですね!

駆動系
THランツァ点検見積ENG分解 (18)
THランツァ点検見積ENG分解 (27)
油もなじんでおり、たるみ具合もいい感じでした。スプロケットもまだ大丈夫!

と言った感じで、車体は文句ありませんねw
する事がありませんww

さてさて、エンジン周辺ですが、エアクリーナーエレメントも綺麗で問題なし。
THランツァ点検見積ENG分解 (17)

先に書いた通りシリンダー付近が新しいとの事ですが、クランクの異常がどんな影響を出しているのか分かりませんので、作業効率も考えて、先に腰上を分解していきます。
THランツァ点検見積ENG分解 (25)

エンジンの補機類を外して、冷却水を抜きミッションオイルを抜いていきます。
THランツァ点検見積ENG分解 (16)
ミッションオイルが真っ黒・・・
THランツァ点検見積ENG分解 (22)
抜いてみるとそんなに黒くありませんが、何か気になる色をしていますね・・・
特に悪い感じはしないんですが、長年この仕事やっていると違和感を感じた時は何かあるんですよね。
作業後に書いていると、知ってるからだろう?となっちゃいますが、ほんとですw

クーラントを抜いているときにも・・・
THランツァ点検見積ENG分解 (24)
ラジエターキャップの内側に何やら異物を見つけました。
リザーブタンクとをつなぐホースの水路が何やら詰まってます?!
このドロっとした不純物は何?


腰上を外して・・・
THランツァ点検見積ENG分解 (31)
クランクシャフトとご対面です。
THランツァ点検見積ENG分解 (32)
まずは、ビックエンドのすぐ横あたりに焼きが入っています。
スラストワッシャ自体には酷い消耗は見られませんが・・・
コンロッドにはTHさんが仰ったとおり傷が入っており、クランクを180度回すと、左側ウエイト部にヒットしています。
THランツァ点検見積ENG分解 (33)
THランツァ点検見積ENG分解 (36)
回すと「ガシュッ」と音が出るくらいに・・
完全に曲がってますね(ー_ー)!!

しかし、こんな根元から綺麗に曲がるのかな?!
あまり見たことが無い曲がり方なんですよね・・・
今まで曲がっているコンロッドを確認すると、縦方向(バイクの進行方向)に曲がっている物が多かったのですが、このように横向きに倒れる形での曲がりは見たことがありません(^_^;)
私が見た事が無いだけで、検索すると出てくる様ですがね・・・謎だな~
原因が分かりにくい事案ですね。
一つだけ言える事は、ビックエンドの焼けコンロッドの曲がりを考えると、クランクシャフトの分解によるコンロッド交換だけではやや不安が残るので、アッセンブリ交換が良いという事だけです。
クランクのサイドベアリングも、この時点でゴロゴロ鳴っているので、やはり傷が入っているようですね。
エンジンの確認が出来たところでフレームから降ろしていきます。

THランツァ点検見積ENG分解 (37)
THランツァ点検見積ENG分解 (39)

思ったより重量感のあるエンジンですね(^_^;)

セルモーターや、フライホイール、インマニ等外側に着いている部品を除去し、さらに腰下分解
THランツァ点検見積ENG分解 (40) THランツァ点検見積ENG分解 (42)
ここで新た発見をします。
まず、このエンジンは既にどこかでこの状態まで分解されています。。。
随所に以前緩めた跡や、作業した後が残っていました。
それと意外な破損個所も見つかります。

軽く各部品を洗浄し部品の損傷具合を確認
クランクシャフト
THランツァ点検見積ENG分解 (43)
THランツァ点検見積ENG分解 (44)
THランツァ点検見積ENG分解 (45)
見事にコンロッドの根元で左側に曲がっていますね。
コンロッドの先端を押し付けているようにも写っていますが、実際は指で支えているだけの状態です。
シリンダーが組まれると、ピストンシリンダー装着により反対の右側に力が繋りシリンダーにはピストン左側面が押し付けられる形
シリンダーにもその跡がしっかり残っていました。
THランツァ点検見積ENG分解 (66)
THランツァ点検見積ENG分解 (67)
THランツァ点検見積ENG分解 (68)
これはピストンスカートの右側が強く当たっていたあたりになります。
コンロッドは左に傾いているのでピストンも同じく左に傾いていた事が分かります。
対照的には反対側トップ付近には途中から当たりが左側に移動していますね。。。
THランツァ点検見積ENG分解 (69) 
THランツァ点検見積ENG分解 (70)
180度ひっくり返すと違うあたりが着いています。ピストンヘッド左側が強く当たっていたんでしょう。
ただでさえピストンは縦方向に首振りするので、このような当たりになるんですが、普通にぶん回していたら・・・・・
ピストンクリアランス不足で焼き付きます。

ピストン右後ろ側スカート下部
THランツァ点検見積ENG分解 (71) THランツァ点検見積ENG分解 (72)

ピストントップ前側
THランツァ点検見積ENG分解 (74)
新品部品であるはずが下に吹き抜けが起こっていますね。
それも赤い矢印付近を境に・・・
洗浄の段階で少し汚れが落ちた可能性がありますが、このような事が起こっていてもおかしくありません。
シリンダーはペーパー処理後再使用、ピストンはもったいないけど交換です。
これは今後の事を考えると怖くて使用したくありません。

ピストンピン、スモールエンドベアリング
THランツァ点検見積ENG分解 (78) 
当たりがキツイので交換です。


シリンダーヘッド
THランツァ点検見積ENG分解 (75)
THランツァ点検見積ENG分解 (76)
THランツァ点検見積ENG分解 (77)
この部品は以前そのまま再利用したのかな?
しかし、歪んでいます。
赤矢印、黄矢印でムラがあると思いますが、最大0.4mm程反り返っていました。
面研での対応も考えましたが、新品にした方が無難ですね。
過去にオーバーヒートしてしまったのか、焼き付きの際に歪んだのかは不明です・・・

他にはクランクのサイドベアリング
THランツァ点検見積ENG分解 (47) THランツァ点検見積ENG分解 (48)
左右共にゴリゴリに傷んでいました。。。

サイドオイルシール左側
THランツァ点検見積ENG分解 (55) 
THランツァ点検見積ENG分解 (56) 
過去に組み上げる時に液体ガスケットを使用したんでしょうね。。。シールは再使用したのかな??
このガスケットはマフラ用の耐熱系です。ガソリンの掛かる部分に塗っても写真の様にガソリン負けしてふやけるため意味を成しません。。。
シール受けになるカラー
THランツァ点検見積ENG分解 (54) 
爪さきで滑らすと引っ掛かりあり。消耗してますので交換。

走行距離は13000㌔程ですが、エンジンの状態を確認した限り、通常走行(普通の運転、一般路走行)していないか、エンジン積み替えされている可能性も高いので、オイルシール類、各部ベアリングは全て交換です。

ミッション
これも意外だったな・・・
THランツァ点検見積ENG分解 (58) THランツァ点検見積ENG分解 (49) THランツァ点検見積ENG分解 (51) THランツァ点検見積ENG分解 (50)
THランツァ点検見積ENG分解 (63) THランツァ点検見積ENG分解 (62) THランツァ点検見積ENG分解 (61) THランツァ点検見積ENG分解 (60)
6速ギヤのシフトフォークとギヤの異常摩耗。
メイン側が酷い状態です。
一つだけ真っ黒に焼けてます。
何故この様な事になったのだろう?

6速ミッションの歯もボロボロになってます。
THランツァ点検見積ENG分解 (64) 
反対側のカウンター側6速ミッションギヤ
THランツァ点検見積ENG分解(79) 

何か異物が入りミッションブローを起こしかけた??
単なる歯飛びでもないし・・・・ますます以前何があったのか気になるところですね(・_・;)

このカウンター6ミッションはカウンター側のシャフトより抜き出す際にものすごく引っ掛かりました。
壊れている部品以外のシャフトをどうしようか悩んでいるところですが、どうにか判断し見積しますかね><

各部品の精査をさらに行い、必要な部品をただ今調査中です。
と言っても、クラッチやその他ギヤ類は殆ど問題ないレベルでしたがね・・・


ん~~~意外な結果です。
車体と走行距離、エンジンの消耗具合がかみ合いません。
それも、一度腰下まであけられている内容から、頭の中がこんがらがってきます。
ヤマハに車体番号とエンジン番号のマッチングも聞かなければいけません。
見積と並行して、色々調べてまたご報告しますね。


ん~~~~謎だ
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« SDさん CB400SF不動車 車検点検見積!  |  MSさん リード110点検見積結果報告! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/750-799cefaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。