04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

SMさん ドラッグスター250点検! 

こんばんは

お待たせしていたSMさんのDS250の点検が終了しましたので、報告です。
SMh267点検 (1) 

いつも通りバッテリーチェックからです。
常時電圧の測定(IGスイッチOFF時のバッテリーの電圧)
SMh267点検 (3) 
12.87Vと元気な状態でした。
点検まで、約1週間ほどたっていたんですが、この数値は元気な証拠ですねw

充電電圧(エンジン始動時の最高電圧)
SMh267点検 (4) 
14.25Vこちらも問題は無いようです。

保安装置(ヘッドライト、ウインカー、テールランプ等)の作動確認も問題はありませんでした。

続きまして、フロントの足回り。
預かり時にハンドル周辺にブレーキ等をかけた時に「ガタッ」とショックがあるとのことした。
ブレーキ使用時のブレーキから聞こえる音も気になるとの事でしたので、早速試乗し確認。
結果、ハンドル周辺のガタはステムベアリングのガタである事が分かりました。
調べるためにフロントをリフトアップしたんですが・・・
ステムがフレームのヘッドパイプ付近で結構なガタツキが出ているのを確認。
早速写真にあるステムベアリングの負荷調整用のナットを回してみたんですが、結構緩んでいました。
SMh267点検 (2)
SMh267点検 (5)  
この症状は以前から相談を受けていたんですが、車体をまじまじ見るのは今回が初めてだったんですよね。。
もっと早く見ておけばよかったですね^^;
しっかり締め付けて調整し、トップブリッジも固定しなおしておきます。
心配なのが、ガタガタの状態で結構な距離を乗っている様なので、ベアリングが傷んでいないかです。
調整後、ゆっくりハンドルを末切りしてみましたが、不思議な事に問題は無さそうな感じです。
スムーズに引っかかりも無く動いているので、これ以上の作業は必要ないかな。

ガタも当然ですが、無くなりました。
ホイールベアリング等も今は問題無。

続いて、フロントフォーク
SMh267点検 (7) 
錆びも無くオイル漏れもありませんが、ダストシールにひび割れが沢山出始めています。
このままの場合、ここより水が中に入ります。その際の浸食で、オイルシールが傷むんですが、この車両は如何な物でしょうか?
SMh267点検 (8) SMh267点検 (9)
今はオイルシールを固定しているスナップリングの錆だけのようです。
今のうちにダストシールの交換をしておくとフォークのオイル漏れを防止できますので、ダストシールは交換が良いでしょう。
押した時のヘタリ感はありますが、まだ通常走行には影響はありません。

続きまして、ブレーキ
SMh267点検 (10) SMh267点検 (11)

フロントのキャリパーは少し動きが悪くなってきています。
一度ピストンの揉み出し作業をお勧めします。
ブレーキダストも結構溜まっていますね。掃除とグリスアップも必要です。

音鳴りの件ですが、リヤから聞こえてくると言われましたが、試乗では両方から聞こえてきました。
パッドを外してみたところ・・・
SMh267点検 (13) SMh267点検 (12)
バッドの消耗材はダストが溜まり少々フェードもおこしています。
フェードとは、消耗材の表面が汚れ等で目が詰まりブレーキ時の摩擦にて硬くなる現象です。
簡単に言うと、パッドの焼き付きです。
ピストンや、キャリパーの足が当たる部分は、通常パッドグリス等で保護されているのですが、それらも完全に飛んでます。
恐らくそれらの積み重ねで音を出しているのだと判断します。
消耗材の表面はペーパーで慣らして、キャリパーピストンの揉み出し作業後パッドグリス等でグリスアップしておきます。

ブレーキフルードも程よく汚れて来ているので、交換とエア抜きが必要ですね。
タイヤは前後とも残量もしっかりあり問題は無
SMh267点検 (15)

リヤの足回り
スイングアーム、ヒールベアリング等ガタも無く問題無。

リヤサスペンション
少し錆が表面に出ていますが、ロッドは錆びていないし、フロント同様にヘタリ感はあるものの今のところは問題無です。

駆動系(ドライブチェーン)
SMh267点検 (17) SMh267点検 (18)
こちらはグリスが切れており、カラカラで伸びも結構出ています。
中には固まってしまっているところもあります・・・
SMh267点検 (19) 
ピンの内側まで錆が蔓延しているんでしょうね・・
スプロケットの刃先も結構消耗して尖っています。
SMh267点検 (22) SMh267点検 (23)

後ろ
SMh267点検 (21) 
調整もまだ可能ですが、このままだとすぐに伸びてしまうし、固まっている部分は最悪熱を持つと切れてしまいます。
スプロケットとチェーンは交換が良いでしょうね。

リヤブレーキ
SMh267点検 (24) SMh267点検 (25)
 
ブレーキシュウ
SMh267点検 (26) SMh267点検 (27)

リヤもフロント同様にダストまみれ・・・
これでは音が鳴ってもおかしくありません^^;
通常うちでは、タイヤ交換などでホイルを外す時はエアーで掃除しますが、今のタイヤの交換時にその作業者がしていないようです。


一先ず様子を見てもらうために、エアブローにてダストを飛ばして、ブレーキシュウはペーパーで慣らしてグロスアップしておきました。
SMh267点検 (30) SMh267点検 (29) SMh267点検 (31)
 
次にまた同じように鳴りだしたら次は交換が良いですね。

そしていよいよエンジン周辺です。
エンジンの調子は良く特に問題なさそうでしたが、如何でしょうか・・・
エアクリーナーエレメント
SMh267点検 (32)SMh267点検 (33)  
距離が27000キロ走行なので流石に汚れが溜まって来ています。
そろそろ交換かな。

点火プラグ
SMh267点検 (34) 
こちらも程よく消耗してきています。
こちらも交換ですね。

オイル漏れも無く綺麗なエンジンなんですが、一部劣化が激しい所を見つけました。
SMh267点検 (35) 
キャブレターとエンジンを繋いでいるインテークマニーホールド・・・
この部品はドラックスターの前身であるビラーゴ時代から弱い部品で、経年でひび割れが酷くなるんです。

SMh267点検 (36) 
こちらの車両も残念ながら、ひび割れが酷くなってきているようです。
いまはまだ、二次空気を吸ったり症状は出ていないようですが、時間の問題なので、今のうちに交換しておく事を強くお勧めします。
最悪エンジンが止まったりするので・・・

エンジンオイル
SMh267点検 (37) 
色も真っ黒に見えますが、まだ交換したばかりとの事ですので今回はパスです。
量は適量のようです。


これで、点検結果は以上です。
以上の内容から見積を作成しています。
その内容は以下の通り

・ステムベアリングの締め付け調整(施行済み)
・ブレーキフルードの交換、エア抜き(必須)
・フロントブレーキキャリパーピストンの揉み出し、グリスアップ、パッド面取り(必須)
・ドライブチェーン&前後スプロケット交換(必須)
・リヤブレーキシュウ掃除グリスアップ(施行済み)
・点火プラグ交換(推奨)
・エアクリーナエレメント(推奨)
・インテークマニーホールド交換(必須)

以上

結構傷んでいる物ですよね・・・
見つかったからには作業しておいた方が良いものばかりです。
ツーリングにもよく行かれるみたいだし、出先でのトラブルを減らすためにも是非!!

ただ今見積作成中です。
また出来上がり次第報告します。
スポンサーサイト

[edit]

« Mさん ZRX400Ⅱ作業進捗!  |  WBさん グランドマジェスティ400車検前点検報告!&THさん SR400車検前点検報告! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/705-a82d3dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。