08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

MSさん CBR250RR報告続き! 

こんにちは
少し更新が遅くなってしまいました・・(^_^;)
すいません。

早速ですが報告の続きです。
前回は足回りの点検作業まででしたね。
いよいよエンジン周辺の点検です。
MS点検見積 (36)

先ずはガソリンタンクの状況です。
ガソリンは元々ほとんど入っていなかったのか、ほぼ空に近い状態でした。
MS点検見積 (8)MS点検見積 (11)
底の方には、腐食したガソリンのせいなのか、若干錆びかけていました。
しかし、これぐらいであれば一旦全部抜き出して、乾かし、エアブローで吹き飛ばすだけでも十分だと思います。
内面は一度、錆取処理を施したようにも見えますし、ここは様子見をした方が良さそうです。
一つだけ心配なのは、本当に空に近かったのかどうかです。
引き取りの際に確認しましたが、記憶にないという事なので、あいまいなんです。
何故心配かと言うと、もし半分以上入っていた場合残りが少なすぎるんですね・・
ガソリンはガス化し、蒸発します。
2年もあれば、結構量が減少してしまうんですが、ここまで極端には無くならないと思うんです。
では、その消えたガソリンはどこに行ったか?

その答えは、エンジン内部です。
これも燃料コックが負圧コックなので、ある条件がそろわないと起こりえないんですが・・

もし燃料コックが壊れていたり、適当なエンジン始動をした際にキャブレターがオーバーフローを起こした場合、CBRの様なダウンドラフトキャブの場合は、シリンダーヘッド内に落とされ、ピストンとシリンダーの隙間を通りクランクケース内に落ちます。
すなわち、ガソリンがクランクケース内に溜まっている可能性があるんですね・・
その場合は、オイルがガソリンのせいで薄まり、各部の油膜が切れてしまっている可能性が高くなります。
その際に、空気の湿気で、錆びてしまっている可能性も否めません。
もし、放置中にエンジンをかけていた場合は、ドライスタートと言って、油膜が切れた状態でのエンジンスタートがありうります。
放置中は定期的にエンジンを始動した方がエンジンには優しいと言いますが、一概にそうとは限りません。
エンジンをかけた場合は、完全にエンジンが熱くなるまで、暖機を済ませて停止させるか、もしくは数キロ乗ってあげる方が良いでしょう。
キャブレター内部のガソリンを抜替えるつもりでやらないと意味がありません。

話がそれましたが、簡単に言うと、放置がエンジンやシャーシに与える影響は高いという事です!
出来るだけ乗ってあげましょうね。

先に述べたようにガソリンの行方が分からないので、エンジンオイルの量を点検しておきます。
MS点検見積 (7)
油面は、ロアレベルとアッパーレベルの間です。
つまり、量が多くなっていないという事が分かります。
という事は、ガソリンは落ちていないという事です。

一先ずは、安心して良いでしょうねw

ただ、引き取りの際に、スロットルの固着がありましたので、キャブレターは完全にガソリンンに侵され詰まっている事は確実なようです。
この段階で、他のバッテリーにて始動テストをしてみましたが、まったくかかる気配はありませんでしたし・・

それでは、順にエンジンの状態を把握していきます。
エアクリーナーのチェック
MS点検見積 (39)
思ったより汚れはありませんが、ろ紙が少し傷んできているので、交換しておいた方が良さそうです。

エアクリーナボックスを外して、点火プラグの点検とエンジンの圧縮圧力を確認しておきます。
MS点検見積 (40)
これがキャブレターのエアファンネルです。
ガソリンのワニスがこべりついています。
次にキャブレターを外していくのですが、キャブとエンジンを繋ぐインテークマニーホールドが硬くなりすぎて外れてくれません。
MS点検見積 (42)
ドライヤーで、キャブ周辺を温めながらインマニを柔らかくし外していきます。
車体もそれなりに古いので、このような事は良くありますね(笑)
MS点検見積 (43)MS点検見積 (44)
この車両の場合、プラグを取り外すだけでも結構大変なんですが、今回は点検にてキャブレターを外すところまではしているので、イグニッションコイル、ヒートガード等を外して、アクセスします。
点火プラグは、ガソリン汚れ、カーボンで真っ黒にかぶっていました。

外したついでに、エンジンの健康チェック。
圧縮圧力を点検しておきます。
もしこの際に圧縮が低くなっている場合は、エンジン内部の状態が著しく悪くなっている可能性が高くなります。
エンジンをかけることが出来ないので、確認が必要です。
では、コンプレッションゲージを取り付けて#1からテストします。

#1シリンダー
MS点検見積 (45)
1550kpa約15㌔強です。

#2シリンダー
MS点検見積 (46)
#1と同じくらい

#3シリンダー
MS点検見積 (47)
1430kpa約14㌔強

#4シリンダー
MS点検見積 (48)
1420kpa約14㌔強

若干#1、2と#3、4で違いがあるものの、11㌔以上はありますので、問題ないレベルです。
良かった。
エンジンオイル、オイルフィルターを交換してエンジンをかけてあげれば調子は戻りそうです。

この段階で、オイル漏れ、水漏れ等も調べました。
ヘッドカバーに若干のオイルにじみがあった形跡はありますが、今のところ気になるところは無さそう。
水回りについては、エンジンをかけてからが心配ですが、様子を見ていくしか方法がありませんね。
ラジエターキャップを開けて。クーラント(冷却水)のチェック
MS点検見積 (49)
クーラントは結構薄まっています。もう長い間交換されていないようです。
今回は交換しエア抜きをしておいた方が良いでしょう。

MS点検見積 (50)
以上が点検結果です。
今回は、エンジン不動の為クラッチや、走行による簡単なチェックが出来ていません。
それらのチェックは、エンジンがかかってからになりますが、おおよそは判断出来ていますので、見積に大きな違いは出ないと思います。

キャブレターの状態が悪いので、修理を前提にした確認を最後にしておきます。
キャブレターの分解による点検をしていきました。
MS点検見積 (51)MS点検見積 (52)MS点検見積 (53)MS点検見積 (54)
やはり・・・ガソリンが腐食し、内部はドロドロでした(・_・;)
ジェット類もコテコテに汚れていて詰まりも酷い状況です。
サイドスタンドの影響でしょうか、斜めになっている下側の#1、2は酷い状態です。

さらに分解
MS点検見積 (55)MS点検見積 (57)MS点検見積 (56)MS点検見積 (59)
ジェット類は全て交換が良いですね。汚れがひどすぎます。
よく汚れたものを洗って再使用する方がいますが、ジェットはピンホールの穴で燃料を計量する為、洗浄能力のキツイ溶剤を使用しての洗浄(漬け込み)は汚れも落としてくれる反面、ジェットの材質になる真鍮を犯します。
細かな話、ジェットに開いている穴も数ミクロン単位で削がれるので、再使用部品を使用した掃除では、エンジンの調子が変わってしまうんです。
若干空気との比率が濃くなるので、かぶり気味になる事が多くなります。

これだけ傷んでしまった場合は交換が理想です。部品代がかさみますが、見積ではメインジェット、スロージェットは全て交換とさせて頂きます。

写真に写っている銀色の短い鉛筆の様な部品はフロートバルブと言って、キャブ内にたまるガソリンの出入りを規制する部品で、先に述べたオーバフローと言う症状の原因になる事が多いので、こちらも汚れ消耗が酷いので、交換です。
他には、パッキン類、燃料ホースもかなり傷んできているので全て交換です。

キャブレターの連結の燃料パイプのOリングも交換する必要がある為工賃も若干上がります。

MS点検見積 (60)
エアファンネルや本体、その他の細かな部品は綺麗に洗浄し磨きを加えて再使用です。

最後に、キャブレターとエンジンを連結するインテークマニーホールドもカチコチなのと一部破損している部分が見つかりましたので、4つとも交換となります。
MS点検見積 (61)

具体的なところは以上です。

キャブレターは精密な部品で、今後のエンジンの調子を左右する要にもなりますので、交換部品が多いですが簡単に修理に出せるところでもないので、この際にしっかり交換し、調子だしを行います。


以上で点検は終わり!
結果から以下の内容で見積となります。

・バッテリー交換(必須)
・ウインカースイッチの洗浄接点復活(必須)
・ホーン交換(推奨)
・フロントブレーキマスターシリンダーOH(必須)
・前後キャリパーピストン揉み出し、グリスアップ(推奨)
・リヤブレーキマスターリザーブタンク交換(必須)
・前後ブレーキフルード抜き替え、エア抜き(必須)
・前後タイヤ、エアバルブ交換(必須)
・フロントフォークOH(必須)
・ステムベアリング交換(推奨)
・ドライブチェーン、前後スプロケット交換(推奨)
・ステップトゥガード交換(推奨)
・点火プラグ交換(必須)
・エンジンオイル、オイルフィルター交換(必須)
・エアクリーナーエレメント交換(推奨)
・キャブレターOH(必須)
・インテークマニーホールド交換(必須)
・各ワイヤリング潤滑(サービス)
・クーラント交換(必須)
・ガソリンタンク簡易洗浄(必須)
以上


綺麗な外観とは裏腹に損傷部位が結構見つかりました。
正直、概算で伝えている金額では足りない可能性も出て来ています。
一先ず、ただ今見積中です。
見積終了後ご連絡しますので、まずはこのブログを参考にしていただき、相談に乗りますのでもう少々お待ちくださいね・・・


報告終わり

*訂正しました。 圧縮の数値がおかしかったので、訂正してます。久々に単位を勘違いしてましたね・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« TY君 ストライカー1300車検前点検!&KMさん ゼファー1100プラグ&シリコンプラグコード交換!&グロム125 レース車両への第1章!  |  MSさん CBR250RR 2年放置車点検見積! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/691-072ad26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。