06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ここ最近のイボルブ!まとめ・・^^; 

こんにちは!
お盆休みから全然更新できてなかった~(・_・;)

はい・・言い訳します。ごめんなさい。
答えは簡単、暑すぎます><
作業場の気温が連日37度前後ありまして・・とても仕事終わりに記事を更新する気になりませんでした(-_-;)

でも、作業がありましたので簡単ですがご報告です。ごめんなさいね(汗)

先ず最初はIUさんのRGV250ガンマのエンジンの進捗状況です。

前回は腰下の組み立てがほぼ終わったところまででした。
クランクシャフト、ミッションBOXの組み立てまでです。

続いて、クラッチバスケット等を洗浄して、クラッチの消耗品は全て交換になります。IUクラッチ周辺腰上 (1)IUクラッチ周辺腰上 (2)IUクラッチ周辺腰上 (3)バスケットやハウジング内の部品にはクラッチのダストやミッション周りから出ているスラッジなどが溜まっており、洗浄液もすぐに真っ黒になっています。
中にはこべりつきが激しく汚れを落とすのも一苦労です。
時間をかけてしっかり綺麗にした後は、多数あるクラッチ消耗品などを組み付けていきます。IUクラッチ周辺腰上 (4)IUクラッチ周辺腰上 (6)
他に付属するキックシャフトやクランクのドライブギヤ等組み付けが終わったらケースカバーを整備していきます。
カバーはウオーターポンプが装着されていますが、そのメカニカルシールやオイルシール、キックシャフトのオイルシール、クラッチレリーズレバーシャフトのオイルシール等々交換するためにシール類を外していきます。IUクラッチ周辺腰上 (8)
そしてカバーを綺麗にして・・・・
あれ??このボルト折れてないか???(・_・;)IUクラッチ周辺腰上 (10)クラッチのレリーズレバーのシャフトを抜こうとストッパーのボルトを探していて見つけたんですが・・・
あちゃー完全に折れてる・・・・
分解時は確認できていなかった~~><

仕方ないので、もう一つあるカバーをベースにすべてやり直し(+_+)
IUクラッチ周辺腰上 (11)ふ~~

で、用意できたところで、ウォーターポンプのメカニカルシールの交換を行います。IUクラッチ周辺腰上 (12)IUクラッチ周辺腰上 (13)IUクラッチ周辺腰上 (14)IUクラッチ周辺腰上 (15)カバーを戻してエンジン右側は完成です。
左側もフライホイール等を組みつて早々に完成。IUクラッチ周辺腰上 (16)これで、腰下の組み立て作業は完成です!

残すは、腰上のシリンダー等の組み立てですが、その前にシリンダーに取りつく細かな再使用部品を綺麗にしていきます。IUクラッチ周辺腰上 (17)IUクラッチ周辺腰上 (18)こべりついているカーボンがかなりしつこく中々綺麗になりません^^;
昨日本当は組みつけて行きたかったのですが、洗浄待ちです。
明日からまた作業は再開し今週末までには、フレームへいよいよ戻して行けると思います。
ガンマエンジンは一先ずここまで。


KBさん ジェンマ250始動困難、故障探究作業
KBセルモータ修理 (1)
突然エンジンが始動できなくなったとの訴えです。
バッテリーは交換して2年ほどで、実際バッテリーの電圧を測定してみますが、セルが回らないほどではありません。
ではなぜセルモーターが回らないか?
前回CBR250Rで同じような事例があったばかりですが、CBRの場合と違いセルモーターまではしっかり電気が流れております。
という事は!
セルモーターの故障です。
早速大きなリヤのシートを外してセルモーターの場所を探ります。KBセルモータ修理 (2)スクーターの場合、単気筒なので、エンジン直上か真下に取り付けられていすが、下からは確認できません。
FIのスロットルボディ等を除けてみると!KBセルモータ修理 (4)KBセルモータ修理 (5)ありました!
でも、エンジンマウントと、エンジンのクランクケースに挟まれ外すにはどうすれば??
前後に隙間はなく、左右のずらしだけで、真上に引っこ抜けるのかな~なんて思いながらいろいろやってる間に・・・・なんとか外せました^^;
KBセルモータ修理 (7)
セルモーターに直接電源をセットしてモーターの確認。KBセルモータ修理 (9)通常繋いだ瞬間「バッチッ!」と火花を出し勢いよく回るはずのモーターですが、まったく無反応^^;
完全にモーターの内部で異常があるようです。
早速分解し、直せるものか確認します。KBセルモータ修理 (10)KBセルモータ修理 (11)円筒状になるのが永久磁石の入っているマグネット部、そして大きな長細い金属の塊は磁力を帯びて磁力の力で回転するコンミテーターです。
コンミテーターの後部には、バッテリーから来る電力をコンミテーターに伝える部分です。
モーターはこの部品の中にある「ブラシ」が良くトラブルの元になるのですが、このバイクの場合は~KBセルモータ修理 (12)KBセルモータ修理 (16)KBセルモータ修理 (14)見事に焼け焦げてバッテリーからの電源も熱を帯びたのか接点が融解し断裂していました。
この夏の異常な気温が原因なのか・・それとも過剰にセルモーターを使いすぎた結果なのか^^;
まだわかりませんが、これだけ傷んでいてはいけません。
モーターの交換も視野に見積をしてみたところ、モーターだけで2万円オーバー
幸い、ブラシの入っている後端部の部品が単品で出ていますので、そちらの交換で修理することになりました。

早速部品を注文し届いたので組み付けてモーターの修理完了!KBセルモータ修理 (17)KBセルモータ修理 (18)KBセルモータ修理 (19)出来たところで元に戻して・・・・・
数日前に外したはずなのに、取り付けるまでに40分格闘!(・_・;)
何とか戻しまして、バッテリーを戻してテスト!
のはずが、モーターが綺麗に回りません。
恐らくブラシの馴染不良だと思います。
少しまだ時間が掛かりますが、様子を確認しながらの作業して調子を上げていきます!
KBセルモータ修理 (20)
先ずはバッテリーの充電し直し!
また連絡したいと思います~

KYN始動困難故障探究 (1)
KYNさんのバルカン400クラシック
こちらも始動困難修理です。
エンジンを掛けようにも、こちらは火が飛んでいる感触も無く、ただ勢いよくセルモーターの音が聞こえるだけでした。
そこで、最初から点火系を疑い火花が飛んでいるかのチェックを行いました。KYN始動困難故障探究 (8)火花チェッカ―を使い火花をチェックしたんですが、「バチンバチン」としっかり飛んでいます。
という事は、点火プラグがかぶって火花が飛んでいない事が原因だと思いプラグの点検。
KYN始動困難故障探究 (14)見事にカブカブですね。。。
早速新しい点火プラグに交換しエンジンをかけてみたんですが、あっさりかかります。

よし!となったのですが、原因が分かりません。
プラグがかぶる原因です。
改造状況を見てみるとマフラー・ノーマル、エンジン・ノーマル、電気系・ノーマル、吸気系エアクリーナーが社外品に交換されているのみですね。KYN始動困難故障探究 (2)KYN始動困難故障探究 (17)フィルターを外して中を点検してみると、吸気口が少し細くなっています。
これは、キャブレターのセッティングが必要にならないように、ノーマルとの性能を考えたものだと思います。
しかし、少し走行中には合わないのかな・・
スロットルでエンジン回転を上げてみると少し重たい感じです。
そこで、穴の大きさを少しだけ、広げてレスポンス向上、燃調を薄い方になる様にしてみました。
KYN修理完了 (1)KYN修理完了 (2) 10%くらいかな?
少し遠慮気味ですが、開けすぎるとまた調子が別の方向に行きそうなので、この状態で確認!
試乗にも出かけましたが、今の所レスポンスも向上し、走ってみてもスムーズな加速と停車時はエンジンが止まる事も無くアイドリングも安定しています。

エンジンオイルが少し汚れているように感じましたので、念のため交換してみたんですが、こちらもいい方向に働き、現状トラブルは無いように思います。
明日、様子見を十分行い問題が無ければご連絡する予定です。
もう少々お待ちくださいね!


以上が簡単ですが、ピックアップした内容です。
まだまだ残暑が厳しいので、ブログも少しゆっくりになると思いますが、更新頑張りますので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« IUさん RGV250ガンマ腰上組み付け&フレーム搭載!  |  YKさん TW200点検見積、始動困難故障探究!&最近のイボルブ! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/667-72b21ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。