04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

IUさん RGV250ガンマケースクリーニング!&HNさん XV1900レイダーローダウン!&ODさん GSX250Eエンジン不調故障探求! 

こんばんは

いよいよ夏本番!まだまだ暑くなりますが、私は既にもうバテバテ^^;
ツーリングに通勤に水分補給で乗り越えましょう~w

さて、IUさんのガンマの部品の選定並びに見積を先日よりやっているのですが、まだ問屋から全部回答が来ておらず連絡できない状況です。
3連休も重なり時間が掛かってしまっています。申し訳ありません。
待っているだけでは事は進みませんので、エンジンのクランクケースなどを洗浄しガスケットなどを剥ぎ、固着したノックピンなどを全て撤去する作業を進めておきました。
IUエンジンクリーニングIUエンジンクリーニング (3)IUエンジンクリーニング (4)ケースを分割する際に錆つきが酷く凄く苦労するのですが、苦労する原因はこのノックピンです。
位置決めに入っている部品なんですが、錆が酷くなると簡単には取れません><
潤滑剤をしみこませ、ピン自体を歪ませた状態で、プライヤーで挟み取り外します。。。
この作業が部品を傷めてはいけないので大変気を使います。力も^^;IUエンジンクリーニング (6)何とか全て外す事に成功し、ガスケットを綺麗に剥離したら、洗浄して行きます。IUエンジンクリーニング (8)
今は洗浄台という設備があるので、比較的ラクに出来るようになりましたが、昔はもう大変な作業でした^^;

シリンダーも頑固なカーボン汚れなどを綺麗に落とし面研して綺麗に仕上げました^^IUエンジンクリーニング (9)IUエンジンクリーニング (10)IUエンジンクリーニング (11)排気ポートのすぐ上にある排気バルブの部屋のカーボン汚れは頑固だったです。。。
もう近々返答が帰ってくると思いますので、帰ってきたら最終的に部品を選んで注文します。
その際には、エンジン周辺の見積が出来上がりますのでもう少々待ちください。
他の部品の洗浄なども時間を見て進めるつもりです!


HNさんのXV1900レイダーのローダウン作業を進めておきましたので報告しておきます。
HNローダウン (1)作業台を片付け固定を行いました。やはり大きいですね~
はみ出しています^^;
固定には、ホイールチョップとタイダウンを使用して転倒がないようにしっかり固定!

持ち込まれたローダウンキットは下の写真のタイロッドです。
ノーマルより長い寸法になっているはずなんですが、どれぐらい落ちるのか分かりません。
説明書は、英語だらけで判読不能でした。。。><HNローダウン (5)
取り付いている場所は、スイングアームの根元の真下付近で、左右にはマフラーやら何やら沢山の部品があり、タイロッドの姿は見えてません。。。下から覗くと真横向いた形で取り付いています。HNローダウン (7)これを眺めて・・・・「ん~~~~~」^^;

一先ず、場所の確認作業の段取りを考えながら、ノーマルの車高をピボットシャフトで計測HNローダウン (4)シャフトの中心で31.5cmですかね

リヤタイヤを外さずに作業できないか・・・色々考えたけど・・・・「やはり無理~~~w」
HNローダウン (8)リヤフェンダーを持ち上げて!
これで、随分作業しやすくなりました。
ホイールも外してしまます。
何故外さないかといけないか・・HNローダウン (12)HNローダウン (13)タイロッドの取り付くリンクアームが真後ろに引き抜かないと外せないからですね・・・

リンクの取り付くシャフトを抜くには右側のマフラーも外さなくてはなりません。
そこで、マフラーを外していて気付いたんですが、フロントバンクのエキパイのフランジが曲がってます。HNローダウン (15)スタッドボルトも反り返り曲がっていました。要は締めすぎです。
ボルトは修正できましたが、フランジは分厚い物なので修正が難しいですね。でも、やれるだけやってみます。

それと、もう一つ。
サイレンサー裏に取り付くマウントが固定用の板に一つも固定されていませんでした。HNローダウン (18)HNローダウン (17)プレートは車体へ固定されていましたが、マフラーが付いていません。
エキパイだけでbら下がっていた状態で、このままだと確実にマフラーは折れてしまいます。
取り付けるボルトナットを取り付けしていないだけなら、一緒に取り付けしますのでまたお店のほうへ持ってきてください。

もし脱落しているのであれば、対策しないといけませんので、連絡した時にどうするか決めましょう。
それともう一つ!
タイヤ減ってますね。HNローダウン (9)スリップマークがもう出てきており交換時期です。
車重が車重なので早めに交換するようにしてください。


リンクアームを取り外してタイロッドを交換します。
その際に長さがどれくらい違うのか見てみたんですが^^;HNローダウン (19)HNローダウン (23)HNローダウン (24)長さの差はほぼ5mmでした。リンクのタイロッドなので、車高にすると1cmほどかな~
思ったよりおちないんですね。

このタイロッドはアメリカ製
穴の精度が少し悪いようです。
タイロッドの穴はボルトが通りません。HNローダウン (25)ボール盤でバリを取って取り付けです。HNローダウン (28)入りました~
ユニットを組み立てて元に戻していきます。HNローダウン (30)HNローダウン (34)
サイドスタンドも交換しローダウン作業は終了~
マフラーはまだ取り付けしていません。また連絡するので取りつけボルトがあるなら用意しておいてください。

作業後車高をもう一度計ってみました。HNローダウン (32)30.5mm やはり1cmほどダウンしました。

また時間を見て連絡しますので、詳しくはそのときにお話しますので、HNさん宜しくです。
他の作業はまた時間を見てやっておきます。


ODさんのGSX250E エンジン不調故障探求
OD故障探求

エンジンを掛けて見ると、掛かるには掛かりますがしばらくするとエンストを起こし止ります。
掛け直しても症状は悪化するといった感じで、どうにもまともにアイドリングしてくれません。
引き取りに行った際に色々話を聞いてみたんですが、どうもキャブが怪しい・・
OD故障探求 (1)
順に確認していきましょう。
まずは、プラグOD故障探求 (2)電極は真っ黒でしけっている。所謂カブリですね。。

話を聞いたときにオーバーフローを起こしていた様な症状があったと聞いたので、エンジンオイルの量も確認して見ます。OD故障探求 (5)少しわかりづらいですが、量はゲージのアッパーラインより上に有ります。それも、ゲージの板状の部分全部使っている状態でした。
恐らくガソリンがシリンダー内部に侵入し、オイルを薄めているのでしょう。
交換しないと、これだけでかぶりを起こします。
その際減らす行為は最悪です。方法は交換しかないです~

エアクリーナーOD故障探求 (7)エレメントが劣化しており外してみると欠けていました・・・交換が必要ですね。

これだけ見てもキャブレターで燃調が狂っているようです。

という事で、早速キャブレターを外して単体でオーバーフローの確認をしてみます。OD故障探求 (10)この段階では、極端なフローはありませんでしたが、やはり若干フローしているようです。

キャブレターの分解は終わっているのですが、少し今日は疲れたので報告はまた次にさせて頂きますね。
また書きます!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« ODさん GSX250E報告続き!&MDさん VFR400R車検点検、バルブクリアランス計測!  |  KSさん スーパーシェルパ足回りリフレッシュ! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/659-5ac57bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。