05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

MSさん GPZ900Rエンジン不調、車検点検見積! 

こんにちは

昨晩挑んだブログ・・・(+o+)
画像の取り組みが出来ない事態に陥りましてw
どうも先日ウィンドーズのアップデート後から、色々変な風になったようです。
本来見れたものが見れなくなったり、開けなくなったり・・私PCの理解がまだまだなので、ようわかりませんが、困ったものです(・_・;)

なんとか昨晩頑張りまして、リカバリー出来ましたので、早速報告です。

MSエンジン不調車検点検 (1)
このバイクは、私の友人MB君からのご紹介で来ていただいたんです。ありがとね(笑)

まず、調子が悪い。とにかく調子が悪いとの事。
どのように悪いのかと言うと、ばらつきが酷くエンストやバックファイヤを繰り返すらしいのです。
実際にバイクの検証をしてみたんですが、確かに、始動もままならない状態にまで悪化していました。
感じ的には「かぶってる」まさにこれですな。
今回車検も重なっているので、その故障探究も含めた点検整備です。
順番的にどこから?w

作業の流れを考えて、まず点検を先に進めていきました。
キャブレターを作業することが濃厚なので、フロントを固定したかった事から、フロントの足回りのチェックからです。MSエンジン不調車検点検 (2)MSエンジン不調車検点検 (3)ハンドリングなどの影響を出してしまうステアリングステムの動きから確認していきます。
作動は大変スムーズで、今の所問題はないですね。
ホイールベアリングのガタも特にありませんでした。
続いて、フロントフォーク
MSエンジン不調車検点検 (4)オイルにじみがあります。
酷くなる前にOHが必要です。
今回は事前に部品を用意していたらしく、持ち込み部品にて対応させていただきます。
続いて、フロントを固定し調子の悪い部分の故障探究へ移ります。
まずはバッテリー電圧MSエンジン不調車検点検 (6)常時電圧(IGスイッチOFF時)12.44V
基準電圧12.6Vを下回っています。調子が悪い事から、セルを多用したせいでしょう。
充電をしておきます。
このバイクのバッテリーは補水タイプです。取り外してバッテリー液の量も見ておきます。MSエンジン不調車検点検 (7)青の矢印が適正でアッパーレベル付近まで入っています。でも、適正なのはこのセルだけ・・
他のセルは黄色の矢印の水位と同じアンダーレベルすれすれでした。
補充液を足してから、マン充電させておきます。MSエンジン不調車検点検 (8)

他の元気なバッテリーを使用して、症状を判断してみます。
セルを回して始動するにも、すでに初瀑のみで、かかる様子が無くなっています。
無理にかけても仕方が無いので、点火系のチェックを先に行いました。
恐らく点火プラグはボトボトだと思います。
MSエンジン不調車検点検 (10)永井電子のプラグコードが入っていますwカワサキでは結構装着率が高いのかなww

プラグキャップの差し込み不足などはありません。しっかり刺さっていました。
点火プラグを外してみました。MSエンジン不調車検点検 (11)MSエンジン不調車検点検 (12)見事に・・・・(・_・;)
4気筒共にかぶりたおしてる・・・
よく観察すると分かりますが、プラグの電極付近には、カーボン汚れが堆積しています。
結構ヘビーなかぶりなご様子。
一先ず電気的な要素も出て来るわけですが、キャブ不調によるものなのか、ジェットのセット不良なのか、燃料そのものに問題があるのか。。。。悩みは増えるばかりです。
それも4気筒すべて濃い状態は意外とレアな症状とも言えますね。

一つづつ原因をつぶしていく消去法を選んで原因を絞っていく事にします。
まずは、点火系のトラブルの可能性を疑い、火花チェックを行いました。
汚れてしまっているプラグで見てみると、見事に火は飛んでません。
かぶりが酷いので、これは想定内。
後々イリジウムに変更予定なので、試しに純正の番手プラグを使用し、再チェック。MSエンジン不調車検点検 (13)写真に旨く映せなかったのでうが、火花は飛んでます。しかし、少し弱いような気もします。
しかし、バッテリーが適合していない物を使用しているので、これも想定内。
一先ず、点火系は良しとします。

圧縮を測定しようか迷いましたが、エンジンの音を聞いている限り問題はないようなので、ここはパスし他に移します。
エアクリーナーをK&Nのリプレイスメントフィルターしようとの事ですが、如何なものか・・チェック。
MSエンジン不調車検点検 (15)MSエンジン不調車検点検 (16)汚れた感じも無く問題無。

入庫時のお話では、このフィルターにした時にメインジェットを濃くしていると聞いています。
番手は10番から20番アップだとか。
普通に考えると、原因はこれなんですが・・(通常上げても1ランク濃くする程度なので)
調子が悪くなっているのが最近になってからという事が引っかかります。
MSさんによりキャブのドレンスクリュを緩めガソリンを抜くと、少し濃いめの色の燃料が出てきたという情報もあります。
おまけに、最近調子を上げるためにWAKOSの添加剤も多用したとの事。
ん~~~~~~~(・_・;)訳が分からんw

結果MSエンジン不調車検点検 (17)
キャブレターを下しました。
状況が状況なので、現状を把握するためには仕方ありません。

オーバーフローしているのかどうかを先にチェックします。MSエンジン不調車検点検 (18)点滴で燃料を補給しながら装着状態を再現し、あふれていないかをチェックしました。
結果。問題無。
キャブの吸い口には若干ですが、吹き返しで汚れた形跡はあります。
中が汚れている可能性も捨てきれませんね・・
でも、外から見る限りはそうでもなさそう。
ガソリンを抜きます。MSエンジン不調車検点検 (21)#1キャブレターだけが、いつまでもたらたら燃料が止まりません。
ドレンスクリューの周辺が汚れている証拠です。
フロートチャンバを開けて、中身を見ました。
MSエンジン不調車検点検 (23)MSエンジン不調車検点検 (24)めっちゃ綺麗やん(・_・;)

しかし、メインジェットが少し変です。キャブレタージェッティング (4)純正のジェットに比べると形が若干違う・・
番手は4つ共に#118となっています。
サービスデーターで確認すると、98年式マレーシア向け逆車A11のセットは、MJ#100(#1、#4) #105(#2、#3)
パーツリストでは何故か#100統一MSエンジン不調車検点検 (25)な~~ぜ~~~
通常・・ここまでランクを濃くすると、かぶってしまうはず。
走れたとしても、スロットルを開ければ開けるだけプラグはかぶりますので、エンスト並びばらつき症状がエンジンが温まるにつれて酷くなる症状が出るはずなんです。

もしかして・・・
A6の頃は#132だったかな?結構大きなジェットがエアクリーナボックスの形状の違いから純正で使用されています。
当時は馬力を意識しての内容だったと思われます。
形状の違いと言っても、空気を吸い込む口の形状が違うだけです。
通常A11の場合はMSエアクリ (2)写真の様な片方にしか穴が開いていない吸い口になっているのですが、A6までのクリーナではこの穴がもう一つ空いている豚鼻のような形状になっているのです。

車体の方を確認してみると・・・
やっぱり(;一_一)

A6までの物が装着されています。
これで、辻褄が合ってきました。
でも、今度は逆に薄いのでは?(・_・;)

もしや・・・
キャブレターに戻り、CVバキュームピストンのジェットニードルを確認キャブレタージェッティング (2)キャブレタージェッティング (3)クリップついてる~~~w
ノーマルは2種類あってそれぞれ特徴がエンジン回転時のトルクの出方に違いが出ます。
そのノーマルは、この写真の様に微調整できるものではなく、固定式の物が入っているのです。。。
少々わかりづらいですが、要は物が違っており、セッティングが可能になっているという事です。
当然ニードルのストレート径やテーパー角、長さなども違うはずです。


ふむ。
結論。
燃料の色から、添加剤の濃度が濃すぎる。
キャブレターのジェッティングが適正でないかもしれない・・・
以上から、プラグがかぶりエンジン不調に至っている。

一先ず、キャブの通路チェックを兼ねて軽く洗浄し、ジェットを適正なものに交換し、調子を見ます。
必要であれば、セッティングが必要ですね。(メインジェットを変更する)
添加剤入りの燃料は、使えません。
もったいないけど、抜き替えます。恐らくフューエル1の場合1%ぐらいの添加率なんですが、幾分濃くしてませんか?この辺は後で電話にて確認します。
プラグは交換(イリジウム)
エンジンオイルもご依頼にもありましたので交換(調子が変わる事も多いので)
MSエンジン不調車検点検 (45)少し量が減ってるような気もするし・・
チョークレバーで操作できるようにもしておきます。

これで、エンジンの調子は出せると思います。
少し費用が掛かるかもしれませんが、このまま組み付けても何れ同じような事があると思いますので・・
色々部品も変わってますしこれぐらいはしてあげないとダメでしょうね(+_+)

さてさて、点検の続きです。
リヤの足回りをチェックしました。
MSエンジン不調車検点検 (27)
リヤサスにヘタリも無く、スイングアームのガタもまだ出ていません。
ホイールベアリングのガタや摩耗もなさそうです。

フロントブレーキ

キャリパーの点検
MSエンジン不調車検点検 (28)MSエンジン不調車検点検 (29)キャリパーの裏側の抑えのプレートがありません。
振動防止の物なんですが・・・
MSエンジン不調車検点検 (30)
ブレーキパッドはまだ大丈夫ですね。


と、ブログを書いているこの瞬間にMSさんがご来店(;一_一)間に合わなかった。
でも、直接話が出来たことで良く解ってもらえたようでほっとしております。

後日キャリパーも交換したいとの事で今回はこのままフルードの交換だけでいく事になりました。
MSエンジン不調車検点検 (37)

リヤブレーキキャリパーMSエンジン不調車検点検 (34)MSエンジン不調車検点検 (35)リヤブレーキはパッドが少し消耗しているので、先ほど交換をお勧めしたところ、よく使うので、交換となりました。転ばぬ先の杖ですね^^
フルードも交換となります。

フルードと言えば、クラッチフルードも結構汚れが来てますね^^;MSエンジン不調車検点検 (39)良く動かすので、ブレーキよりフルードが汚れます。
こちらもブレーキと合わせて交換、エア抜き作業を行う予定です。

MSエンジン不調車検点検 (46)


これで、一通りの点検は終わりました。
後日見積のご連絡しますのでもう少々お待ちくださいね。


それでは、ほかの作業がありますので、戻ります。
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 最近の若者  |  MSさん GPZ900R エンジン不調、車検点検見積! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/649-6a0ac8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)