08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KMさん KH400タンク洗浄続き!&OZさん ゼファー1100 

こんばんは

今日はお休み!
少し用事で出かけたんですが、帰りは久しぶりに自転車で10キロ弱の道のりを帰ってきました。
高校生時代よく通った道のりをゆっくり走るのは良い物ですね~♪
ちょっとした思い付きだったのですが、良い疲れで気分もリフレッシュしました!
何気に鼻歌なんかも出たりして...(笑)

今度は家族でサイクリングも良いかも知れませんね~♪


さてさて...
作業報告です!
先日から進めてきたKMさんのKHのタンクからです。
KMタンク掃除 (11)
前回から2回目の錆取作業でしたが、今回はどうでしょう(・_・;)

KMタンク掃除完了 (4)KMタンク掃除完了 (1)KMタンク掃除完了 (3)若干まだ取り切れていません。
しかし、これ以上やるのも溶剤を変更すれば可能ですが、タンクが持たない可能性も出てきます。
そこで、エアブローでどうにかならないか?と思い、やってみたら~
出るは出るは・・
殆どの剥離しかかっていた錆もどうにか取り除くことが出来ました。
で、その状態を・・・



少し夢中になりすぎまして^^;写真撮り忘れました・・


完全にドライヤなどで乾かして、次は中をコーティングです。
天候が雨だったり、ほかの作業がありましたので、明日にでもやっていこうと思います。
どうぞお楽しみに!


つぎ!
OZさんのゼファー1100です。
OZウオタニ電装 (1)
電装系の部品が揃いましたので、交換していきました。
OZウオタニ電装 (4)
今回使用する部品は、永井電子のウルトラシリコーンプラグコードと、NGKイリジウムプラグ、ウオタニSPⅡフルパワーキットです。
そもそもキャブセットの問題もあったのですが、評判を聞いて試したいとOZさん(笑)
実際はどうなのか私も興味津々です。OZウオタニ電装 (5)
内容は、イグニッションコイルと、イグナイターの点火系部品の総替えです。
ネームバリューの威力が発揮できたらいいのですが・・

まずは、火花が適正かどうか見比べるために事前にノーマル状態を確認しておきました。
そして、イグナイターから交換していきます。
OZウオタニ電装 (8)OZウオタニ電装 (10)説明書が適当なもので、取付的に大変かなーと思っていたのですが、意外と簡単に交換は出来ました(笑)
このイグナイター・・・点火時期の特性変換と、レブリミッターの設定がそれぞれ6段階のセッティングが出来ます。
キャブレターのリセッティングと合わせて作業は大変ですが、楽しみです!

次は、イグニッションコイルの交換です。
OZウオタニ電装 (12)元々の仕様でも永井電子の同じプラグコードが使用されていますが、どうせなら一新しようという事になり新品を用意しました。
説明書を読むと、交換必須となっているじゃないですか~
交換で正解だったようです(笑)

それでは、コードをコイルに組んでいきます、
OZウオタニ電装 (13)
まずは、ノーマルコイルを外してコードの長さを確認していきます。
OZウオタニ電装 (18)8気筒分のコードではありませんよ~4気筒ツインプラグなのでこの数です。。。

新品のプラグコードをばらしていくのですが、ゼファー専用品なので、それぞれの長さに合わせた仕様になっていました。OZウオタニ電装 (16)

8本分の番号指定を分かり易くするために専用のタグを使い識別していきまして、取り付けにあたり先っぽの加工をしていきます。OZウオタニ電装 (19)加工後OZウオタニ電装 (20)OZウオタニ電装 (22)この作業8本もあるので、結構時間が掛かります。まるで、内職をするように黙々とこなしました(笑)
イグニッションコイルに取り付けていきます。
OZウオタニ電装 (15)OZウオタニ電装 (23)取り付けは、差し込んだ後指定のセメダインを使い防水加工です。ここら辺がウオタニらしい作業でほかのメーカーとは違いますね。

防水加工が終わると熱収縮チューブを使い2重に補強を入れます。
OZウオタニ電装 (24)OZウオタニ電装 (25)
8本分同じ作業をこなし、ようやく完成!
OZウオタニ電装 (26)結構綺麗に出来たと思いますw

車体の方へそれらコイルを戻して電装系の換装は終わり!OZウオタニ電装 (29)OZウオタニ電装 (30)真っ赤なコードが印象的ですねwカッコいいです。

ここで、始動テストを行うのですが、まずは火花がしっかり飛ぶのか先にテストしてみます。
#8プラグを外して火花をチェックしたんですが、交換前と比較してみます。
ノーマル電装OZウオタニ電装 (7)
ウオタニ電装OZウオタニ電装 (28)心持しっかり飛んでいるように見えます。光源が明るかったのが印象的!期待できますね~♪

実際、プラグ一本外れた状態で、燃料コック用のインマニ負圧(#2の所)取り出し用ホースも解放した状態+燃料の点滴無し状態でテストしてたんですが、ノーマル電装の時はエンジンが掛からなかったのが、交換後はそんな状態にもかかわらずエンジンが始動しアイドリングしていました。
リヤサスを取り外した時にサイレンサーを外しており、腹下直管状態だったので、少し慌てたぐらいです(笑)
確実に火花がしっかり飛んでいる証拠でしょうね。
大変出来上がりが楽しみになってきました。

本当なら、このままいったん組み上げて試乗と行きたいところですが、リヤサスが今週末に戻ってくる予定で、5月の連休に間に合わすことが難しいため、先にキャブレターのOHを行う事にしました。
OZウオタニ電装 (52)OZキャブOH (1)
時間が無いので、少し残業しキャブレターの分解点検を実施。
OZキャブOH (2)OZキャブOH (3)RAMエアーのフィルターもコテコテに汚れていますね。綺麗に洗浄しておきます。
キャブレターも吹き返しよる燃料の汚れが、ファンネルとスロットルバルブに付着し随分汚くなっていました。OZキャブOH (4)OZキャブOH (5)OZキャブOH (7)
キャブレターのインナーはどうかな?OZキャブOH (9)OZキャブOH (8)中身は比較的前回作業した時と変わり映えはしませんねw

するっとるの張り付きが気になったので、本体の消耗が気になるところです。OZキャブOH (10)スロットルバルブのカッタウェイを取り外して覗き込んで点検しました・・・OZキャブOH (14)うう・・・思いっきり減ってますね。。これはインマニ側のローラーの通り道なんですが、開度小の付近でローラーがいる場所です。
負圧が高く成り易いので消耗が酷いようですね。
OZさんが見つけたKENSOのワイドローラーの在庫を確認してもらったのですが、FCRの部品と一緒に日曜日に入荷する予定です。
ローラーはスロットルバルブ横の矢印の部品です。OZキャブOH (15)この四つのうち3つが幅の太いローラーになるものです。うまくなおおりますように・・・

今回の交換部品は、パッキン類の他にはメインジェットの1サイズ上下分と上の写真に写っている赤丸の部品ジェットニードル、それとスロージェットの1ランク薄い物を選択しました。OZキャブOH (17)
OZキャブOH (16)

寸法はほとんど同じでクリップ位置の関係から幅が増えるように操作したニードルを選択しました。テーパー部に代わる切り上げ部を0.数ミリ少ない物です。
後、ニードルの入るホルダーも消耗があると思いますので、交換予定です。OZキャブOH (18)

部品が届くまでにキャブレターの汚れを落として準備しておきます。
時間がだいぶ押してきましたが、何とかいい状態で渡せるように努力しますので、楽しみにお待ちくださいね~~^^/
OZキャブOH (19) 

今までのキャブレターセット
MAJ・・・#200
AS・・・1・1/4
MJ・・・#158
SJ・・・#50
PS・・・1・3/4
JN・・・0CFMQ 段数・・・6/7(上から)

また明日から頑張ります!!

最後に、MMさんのGPZ900Rのリヤサスが水曜日に帰ってきました!
明日時間を作って土日に合わせて仕上げておきます!

では、また明日!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« MMさん GPZ900R作業完成!&KMさん KH400タンクコート!& NUさん MAXAM作業開始!  |  KMさん KH400続き!&MMさん GPZ900Rタペットクリアランス調整!&MWさん GPZ900R水回りホース交換!&NMさん メッキゴリラリヤタイヤ交換! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/632-08524982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。