04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

IUさん RGV250ガンマエンジンチェック!&IO君 ジャイロキャノピーエンジンクランク再組!&MMさん GPZ900R、OZさんゼファー1100 リヤサス取り外しOH依頼準備!! 

こんばんは

春はどこ行った??
暑いじゃないか~

今日は朝から細かな作業目白押し!!
早速報告していきます。

まずは、大変お待たせしました・・・<(_ _)>
IOさん ガンマのエンジンチェック!からです。
IUエンジンチェック (1)
Y!オクで購入されたこのガンマ・・・・
エンジンが掛かるとの事で、足回りを中心に修理をしてほしいとのご依頼でした。
シートカウル類はご自身で外してこられました。
修理するにも外見がものすごい状態なのでエンジンの調子を先に確認しようとなりました。
写真は中々男前に映っていますが、中身が全然だめです・・・^^;

順にチェックしていきます。
まずは、水温が上がるまでエンジンを掛けて様子を見ていたのですが、どうもクランク周辺から嫌な音が聞こえます。「シュルシュルシュル~~~~」とか、「ゴロゴロゴロ~~~~」とか・・・
キックスターターを踏んだ感じだと結構しっかり圧縮は確認できます。
エンジン周辺がどうなっているのか分かりにくいのでガソリンタンクなどを外して色んな所から確認をしていきます。

そのガソリンタンクですが・・・IUエンジンチェック (2)ステーが取り付けられていて、このねじ山にシート固定用のボルトが入っていました
タンクはフレームに直止めされており、振動がもろに伝わる状態でした。
こんな調子じゃ正直心配です・・・

エンジンを掛けた時に水温計の動きが少し気になったので、簡単にラジエター周辺から確認します。
ラジエターキャップを開けて中身をチェック。
IUエンジンチェック (4)IUエンジンチェック (5)IUエンジンチェック (6)キャップが硬くて取れない訳です・・・
中のパッキンが溶けています(・_・;)ラジエターの中もカラカラ・・・相当少なくなっているようですね
ウォーターホースを握ってみると、あちらこちらで「ザクザク・・・」
中も錆が蔓延していそうです。

エンジンもキャブレター以外にトラブルを抱えている状態の様で、ものすごく調子が悪いですね・・
手ごたえのあった圧縮を実際に測定してみます。
フロントバンクの点火プラグIUエンジンチェック (7)かぶりはありませんが、少し乾いていてよくありません。
圧縮圧力IUエンジンチェック (8)およそ8キロほど数値的には申し分ない感じです。
リヤバンクの点火プラグIUエンジンチェック (9)フロント同様な状態。
圧縮圧力IUエンジンチェック (10)8キロは超えてます。
しかし、圧縮があるだけで、エンジンの温度が上がるにつれ調子が不安定。ピストン&シリンダーは傷が入っている可能性があります。

プラグについては、キャブレターが詰まっているのか十分な燃料が来ていないのでしょう
ついでにエアクリーナーのエレメントをチェックIUエンジンチェック (11)IUエンジンチェック (13)エレメントのスポンジが劣化し形状崩壊してしまって、跡形も無い状態でした。

粉になったスポンジもキャブレターを汚していますIUエンジンチェック (14)


IUエンジンチェック (15)
総評
このエンジンはすべて見直す必要があります。
要因
以前乗っていたころに冷却水の管理がされていなかった。
エンジンはかろうじて掛かっているが、抱きつきの可能性が大変高い状態で、クランクのベアリングは傷が入っている。
エンジンの各部に補修の様なごまかした後が沢山あります。
以前のオーナは車体全体においてごまかし作業しかしておらず、エンジンを含めて要修理箇所が沢山存在する。

費用は概算でも伝えるのが難しく全て分解点検が必要な為、高額になる事が目に見えてます。
電話でもお伝えしましたが、かなりの覚悟が必要になります。
修理は可能だと思いますが、レストアの様な細かな作業が必要だと思います。

費用が気になるようであれば、お勧めできない車両だと思います。
よく検討してみてくださいね。
お返事お待ちしております。


続きまして、IO君のジャイロキャノピーのエンジンです。
サイドベアリングが入荷したので早速作業を再開しておきました。
IOクランク組立 (1)IOクランク組立 (2)前回入れたクランクシャフトを慎重に抜出し、傷んだサイドベアリングも外しました。
ケースの方には斜めに入ったのかな?IOクランク組立 (3)IOクランク組立 (5)切子の様なアルミのバリが残っていました(・_・;)
相当無理したね・・・

新しいベアリングをプレスにて静かに圧入IOクランク組立 (6)SSTを使って左右から引き込みクランクシャフトを組みました。
IOクランク組立 (13)
作業はバッチリ!!完成w

明日のご来店お待ちしてます!


続きまして、MMさんのGPZのリヤサスを外してオイル滲みの様に見えてたものがオイル漏れなのか確認しました。MMリヤサス点検 (1)
リヤホイールを外してスイングアームの中に潜り込みながらの作業にて、リヤサスを外します^^;MMリヤサス点検 (2)MMリヤサス点検 (5)MMリヤサス点検 (6)下からサスを抜き出すのですが、周辺のパーツが邪魔で結構苦労しましたが無事に摘出!w

ヨーク観察してみるとMMリヤサス点検 (10)やはりオイル滲みのようですね・・・
OHに出しておきます。
また具体的な見積が分かり次第ご連絡します。

もう一台リヤサスOHの為に外してしまいました。
それはOZさんのゼファー1100です。
OZリヤサス取り外し (2)
今回は、キャブレターのOH、リセッティング&ウオタニのSPⅡフルパワーキットにて、スロットルの付きをさらに良くして、全域トルクアップを狙います。
さらに、以前から抜け気味だったリヤサスもOHに出してしまおうと言う内容です。

試乗は少し前に行ってきました。
高負荷時低速からスロットルをガバ開けした際にかぶりの為か、中々スムーズに加速に移りません。
ギヤ比が合っているタイミングでは、比較的にましなんですが、どうも加速ポンプがプラグをかぶらす感じですね。
キャブも結構汚れてきたのか、スロットルも張り付き気味なのがやはり気になりました。
一旦吹け上がりだすと、気持ちよく加速はしてくれています。

リヤサスをOHに出している間に、電装系のパーツを組んでしまい、プラグやコード類も交換し、エンジンオイルも交換して準備します。
リヤサスが帰ってきたら、再試乗です。
その後、状態に合わせたセッティングを施しますので、もうしばらくは時間が掛かりそう。
GW休暇に間に合わせるように頑張ります。

という事で、リヤサスを外して車体を固定します。
OZリヤサス取り外し (3)OZリヤサス取り外し (4)OZリヤサス取り外し (5)OZリヤサス取り外し (8)しばらくこの場所でじっとサスが帰るのを待ってもらう事にしましょうw
他の車両の出し入れが大変だww
車両は動かないようにしっかり固定していますので倒れたりしません^^どうぞご安心を!
MMさんのバイクもしっかり固定してあります!MMリヤサス点検 (11)ん・・・・なんだか二台とも哀愁を感じさせてくれますw待ってろよ~~



OZリヤサス取り外し (7)
2台分のオーリンズ!!
こんな光景も当店では初めてじゃない~

明日サス屋に梱包して発送します!

今日もこれにて報告終わり!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« MMさん GPZ900R作業開始!&KMさん KH400タンクリペア!  |  KDさん マジェスティ250点検見積! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/628-05f44876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。