07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

3月14.15日・・岡山地方選手権第1戦その? 

15日決勝当日・・・天候 快晴

朝6時半起床!
寝床の車を横目にピットに向かった。

この日の気温は低く、所々の車の屋根には、まだ霜が降りているほど。

そんな早い時間にもかかわらず、各ピットでは準備をする人を目にする。
クラスによっては8時ごろから予選が有ります。
今回のレースには、石井の弟でマモル君もSP400クラスにエントリー。
そのSPクラスが朝一の予選1発目となる。

当然朝一からバタバタと弟の手伝いで石井も準備していた。



こちらがそのマモッチャンのバイク
兄弟でレースなんて、私からすると大変羨ましく思えます。

さてさて、そうこうしている間にウェイティングエリアにバイクを並べなくてはなりません。
ミニバイクのレースではあまりないですね。
予選で前の方を狙うにはロードでは当たり前のようです。

昨日の疲れも取れたような若さ溢れる男


何でいつも頭にタオルを巻いているのか・・・
最近坊主にしたらしく、ものすごく寒いとぼやいていましたww

前日作業の終わりしなに、必死で本人がチーム名をカッティングしてましたww
かなりてこずったのか・・・実は右側だけ(爆)


ウェイティングエリアでウォーマーをかけます。


ベースが白だとステッカーが綺麗に見えますな



予選までは時間が少しありますので、その間に予選でのアタックについてミーティングを行い、マモッチャンの応援したりして時間を潰します。
そんなマッタリした空気の中いよいよ順番が回ってきました。

リラックスしているように見えますが、私には分かります。たぶんかなり緊張していたんではないでしょうかww


周りをじっくり伺い、自分でもついていけそうなライダーを目標にタイムアタック!!
これが予選のミッション。うまく行けばいいのですが・・・

エリア開放で一気に皆戦闘モード!
流石に私も手のひらに汗が・・・
そして、コースインしていきました。
場所をプラットホームへ移し、いよいよタイム計測開始!!
無事に帰ってこいよ!

1週目トップのライダーがホームSTを通過。
3番目に飛び出した石井はまだ来ない・・・
そんな緊張の中、4、5台に揉まれる様にホームSTに戻ってきた。
自分が走っていると分からないけど、ものすごく心配しますね。。。
これにも慣れないと・・・

何週かの間に計測した結果をサインボードで表示。
順位は17位から20位へ・・・
ずるずるポジションを下げていきます。タイムは1分46秒中・・・
残り10分をきり半ば諦めていた。
最終コーナーから白い92番を確認!
数台に囲まれながら目の前を通過。
タイムは・・・44秒後半・・・
「お??」^^
やはり頑張ってます!
徐々にタイムも上がり始め気が付けばポジション15位まで回復!!
頑張りました。タイム43秒3・・
最後1週を残し自己ベスト更新!!
こういう展開になるとは思ってもいなかったので、思わずガッツポーズです。

しかし気になったのが、マシンの音・・・
通過するたびに排気音がバラけていきます・・・
マフラーがどうかなったのでしょうか??

そうこうしているうちに、予選も終わりマシンが戻ってきました。
しばし、15位と健闘した余韻に皆でひたり、マシンをチェックです。

本人いわく、以前に修復した部分がまた割れたか、穴が開いたのでは?!と
早速カウルを外し点検した所・・・・



以前修復した部分ではなくその反対側のエキパイに、直径1.5センチの穴が二つ・・・・
これはいけません・・・
幸い、ティーカーを持参していたので、決勝までにマフラーを交換することになりました。
少しのひずみでここまで酷くなる物なんだと、改めて600ccの排気量に驚かされます。

マフラー交換後車検場にマシンを持って行き再検を済ませ、気が付けば決勝間で2時間を切っていました。マフラー交換は仕事柄なれていますが、こんなイレギュラーは想定外でしたね^^;


いよいよ決勝ですが、思わぬ予選に次なるミッションは・・・
とりあえず前に出ろ!!
マフラー交換後のテストをしていないので、マシン的にどうなのか分かりませんがそんな違いは無いはずです。


決勝グリッドでの男石井の背中・・・


せっかくなので一緒にパチリ!一仕事終えた二人ですww

さて緊張の中決勝レースはどんなレースになるのでしょう。
クルー退却の合図が出たので、スタンドを担ぎ、ピットへ。

ピット前で、スタートを待ちました。
ウォームアップ開始。
皆一斉に1コーナへ消えていきます。

トップ集団が次々と元のグリッドまで戻ってきました。
その中なかなか帰ってきません。。。
そんな中放送で転倒者が出たと・・・・・

R「まさかね??^^;」

放送「あ?白いバイクですね?ゼッケンまでは確認できませんが・・・」

R「まじでええ><」「白いのってうちぐらいやん・・・><」

そんな、真っ青な私の前をゆっくり白い92番がグリッドへ戻ってきましたーー;

R「ややこしいな・・・」^^;

結局違うマシンだったんです。(笑)
まじで、終わったと思いました・・・


さてさて、29台中1台リタイヤの28台がスタートです。
シグナルが変わり、いよいよエンジン音も高鳴り、こちらも生唾ごックン^^;

シグナルが消え一斉にスタート!!!

若干クラッチミートを焦ったのか、バタバタ石井も出て行きました。
その28台の集団が一斉に1コーナーへ・・・
も?そこまで行くと誰がなんだかわかりません。
しかし・・・・・・・何故か砂煙が・・・・・・・・

放送「お???????!!1コーナーでクラッシュです!!」
放送「何台か転倒したようですね?」

私も目をこすりながら、よ??く見ますが分かりません><

放送「ゼッケンが・・・・・

R「頼む?????」

放送「92番6番67番の3台が転倒の模様です」

R「・・・・・・・・・・・><」


うまく行き過ぎました・・・
彼なりに頑張ったスタートです。
レースってこんな物ですね・・・・


さて、初転倒となった石井は・・
メディカルセンターへ運ばれたとの情報です。
お父さんと、マモッチャンが慌ててセンターへ。
少し遅れて私も・・・

少し待ちましたが、レースも終わりそろそろドナドナされたマシンが到着するはずなので私は車検場へ。
無残なドナドナ号に乗ったマシンが帰ってきたので、ピットまで押して帰りました。
見た目はホコリがすごかったですが、破損もそんなに無さそうです。

しばらくして怪我した石井が親父さんたちと帰ってきました。。。
顔は引きつっていますが、元気そうです。
指先の怪我が2箇所と、打撲、軽い脳震盪、擦り傷だけで済んだそうです。
泣きそうな顔で「すんません。。。色々してもらったのに。。。。」
R「しかたないで??これもレース。怪我が大した事なくてよかったな?^^」
泣きそうな石井「スンマセン。スンマセン。。。。。」こんな感じだった。


彼の話だと、1コーナー進入で前者のイン側が空いたので尽かさず刺しに行ったら、後ろの方でガチャガチャ??と音がして、気が付いたら砂利の上だったとか。
ようは、後ろからクラッシュした2台にはじかれもらい事故だったそうな><

この日の為に自分なりに手伝いし、フォローしてきましたが、自分が走ってない状況での分析ほど難しく、心配などの精神的な部分も必要と感じました。
彼にとって天候に左右され、精神的にも体力的に疲れるレースでは有りましたが、いろいろな人の支えあっての物です。

単純にレースに出たいから出るという甘い物ではないですね。
次のレースまでしっかり走り、練習でこの悔しさをバネに伸びて欲しい物ですね。

最後のほうはもうバタバタで、写真も撮れずじまい。
次のレポートはもっとましな物にしたいです。
彼の次の予定は秋のレースです。
来年に繋がるよう、まだまだ精進が必要ですね!

そんなイボルブRですがこれからも応援してあげてくださいね!

当時お世話になった方々本当に有難うございました。
スポンサーサイト

[edit]

« バーチャルフレームモンキー完成!!  |  3月14.15日・・岡山地方選手権第1戦その? »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/61-4d42417f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。