09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

OBさん シグナスX点検見積修理! 

こんばんは

昨日今日はとても過ごしやすかったですね♪
早く温かくなってほしいものです^^

さて今日は、先日立ち合いにて点検作業していたOBさんのシグナスXの部品が無事に届きましたので作業していました。
実は明日が納期だったので、部品の到着を心待ちしていたのですが、ちゃんと問屋さんが運んでくれました(笑)
OB 点検修理作業 (3)
では早速作業開始!
まずは、エンジンオイル&ファイナルミッションギヤオイルの交換からです。
オイルをそれぞれ抜いていきます。
エンジンオイル
OB 点検修理作業 (5)

ファイナルミッションギヤオイル
OB 点検修理作業 (7)

それぞれ汚れが目立ちます。
ミッションギヤオイルは、汚れが少ないように思うかもしれませんが、これでも結構汚れています。
エンジンオイルは真っ黒ですね^^;

駆動系の作業からしていきます。
その前にケースカバーやケース内の掃除からです。ベルトの削れカスなどで結構汚れています。OB 点検修理作業 (9)
パーツクリーナーを使い綺麗にしました。OB 点検修理作業 (10)すっきり!

OBさんの訴えで発進時の「ダダッ」といったショックが酷い症状があり、事前に試乗にて確認して問題がクラッチにある事を指摘して、今回はクラッチの周辺も詳しく調べたんです。
私の指摘では、クラッチ側のフェースのグリスが漏れ出してクラッチにジャダが発生している可能性があるというものでした。
実際に分解をしてみると・・・
OB 点検修理作業 (11)クラッチシューが写っていません。
クラッチアウターの内面には、飛び出したグリスが固まっています。OB 点検修理作業 (12)これは、クラッチシューにへばりつき遠心力で一部にシューの汚れとともに固まったものです。
シューの表面がグリスにより滑りが出て、硬化した事が原因だとわかりました。
その漏れ出している部分はこちらOB 点検修理作業 (13)赤矢印が漏れているところで、黄矢印が正常な状態です。
この下にはグリスだまりがあり、このフェースは駆動側により強制開閉されているので、熱が入るとオイルシールが傷んでくるとこの様に漏れが発生するんです。
出だしで、体にショックが伝わるようなショックがある。発進時に駆動系より「ダダッ」「ガガッ」と言った音が鳴る。こういった症状がある場合はこの様な事が起こっている事が多いので、心当たりのある方は見てもらってくださいね!

さらに分解し詰まっているグリスを取り出し、いったん洗浄します。OB 点検修理作業 (14)この部品がオイルシールです。
今回はこの部品を交換しますので、外してしまいます。
OB 点検修理作業 (17)OB 点検修理作業 (16)OB 点検修理作業 (18)
洗浄後は十分乾かしてすべて綺麗にふき取り新しいシールを圧入していきます。OB 点検修理作業 (15)OB 点検修理作業 (21)
クラッチシューも綺麗に脱脂して組み立てです。OB 点検修理作業 (19)OB 点検修理作業 (20)
フェース側には専用グリスをしっかり詰めておきます。OB 点検修理作業 (23)OB 点検修理作業 (24)はみ出たグリスがついていては元も子もないので、慎重にふき取り組立!
OB 点検修理作業 (25)クラッチアウターも同様に綺麗にしておきました。

次は、駆動側のドライブプーリー側の掃除&Wローラーの交換。
走行距離は26000キロ走行しています。恐らく2万キロ付近でベルトが切れちゃったのでしょう。
その際にドライブベルトの交換は行ったけど、Wローラーはそのままだったようです。OB 点検修理作業 (32)片減りが酷く削れた樹脂部分が平らになっており消耗限界を迎えていました。手に乗っている他3つも同様です。

新品のローラーに交換するのですが、将来的に軽くしたいとおっしゃっていたので、重さも量ってみました。
一個の重さはOB 点検修理作業 (28)12g
6つで72gです。OB 点検修理作業 (29)
軽くするのであれば、一個9~10gぐらいが良いと思います。

プーリーの洗浄も済ませて組み付けて行きます。
OB 点検修理作業 (30)なじみやすいように適度な量のグリスも塗っておきました。
OB 点検修理作業 (31)
では、エンジンへ戻して行きましょう。OB 点検修理作業 (33)ベルトは程度が悪くなかったので再使用です。
ケースカバーをかぶして、駆動系は作業完了です。
OB 点検修理作業 (34)

続きまして、ファイナルミッションギヤオイルを入れておきます。
写真のエンジン後端にある小さいフィラーから注射器で110~120cc程入れていきます。
OB 点検修理作業 (35)OB 点検修理作業 (36)
2万キロに一度は交換するようにしてくださいね。
駆動系の寿命もそれくらいです。
合わせて作業依頼してください。
この車両の場合、ベルトがそのままなので、次回は4万キロ走行時です。

続きまして、エアクリーナー交換OB 点検修理作業 (37)旧部品の汚れ方が良く解りますね。

破損していた点火プラグも交換OB 点検修理作業 (39)きっちり装着しておきました。

作業も最後です。フロントブレーキのパッド交換OB 点検修理作業 (43)キャリパーが汚れているので、洗浄してピストン周りもクリーニングし、新しいブレーキパッドは面取りを施しています。なじみが早いのと「キーキー音」が鳴りにくいようにするためです。
OB 点検修理作業 (44)OB 点検修理作業 (46)OB 点検修理作業 (47)完ぺき(笑)
因みに・・・減ったパッドはこちらOB 点検修理作業 (51)もうありません・・ほんと危なかったですね^^;

最後はブレーキフルードの交換とエア抜き作業
OB 点検修理作業 (49)交換がされていないのか真っ黒です。
キャリパーから真空引きにて交換して、エア抜きも十分に来ないました。OB 点検修理作業 (52)OB 点検修理作業 (53)
レバーの根元もグリスアップし作動も確認しました。OB 点検修理作業 (54)OB 点検修理作業 (55)これで、全て作業完了!

OB 点検修理作業 (57)
少し店前で試乗しましたが、クラッチのジャダも無くなってとてもスムーズに走れるようになり、ブレーキの異音も無くなりました。
ブレーキは7割がた慣らしておきましたが、まだ十分ではないと思うので、明日納車後は十分注意して帰ってくださいね。と言ってもしっかり効いているので違和感はない筈です!

今回は、購入直後すぐの点検修理でした。
少々高く感じたかもしれませんが、現状売りの車両は大変危険であることが良く分かったと思います。
これからは安心して乗っていただいて結構です!

それでは、明日の納車お待ちしております!
ご依頼ありがとうございました~~!


最後はお知らせです。
最近、ホームページをリニューアルしたんです。→ http://www.evolve-racing.com

その際下部にはFacebookボタンが新しく付いています。
去年の夏ぐらいから練習がてら私のアカウントで公開してきたんですが、今回リニューアルに伴いイボルブレーシングのページをOPENしています。
ブログはその日の特化した内容を書いていますが、その日の作業進行状況などはこちらを見て頂いた方が分かり易いかもしれません。
その日の変わった出来事やなんかも紹介したりしていますので、もし良かったら覗いてみてくださいね!
アカウントを取らなくても見る事は可能です^^


では、本日もこれにて終了~です。
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« FW君 Apeエンジンボアアップ分解編!&KMさん ゼファー1100キーボックス交換!  |  KMさん ゼファー1100試乗!&メイメイ NSR50エンジンオーバーホール完成! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/587-abb03b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。