06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Nさん レッツ5G点検見積! 

こんにちは

昨日の作業の報告の続きになります。

お客さんはNさん。女性であります。
車両はスズキのレッツ5G  レッツ3が無いのはなんで??^^;
ごめんなさい。真面目に書きます!
N点検見積もり (1)
ご依頼内容は、見出しにもありますが点検見積です。

Nさん少し脱線します。。。ごめんなさいね^^;
点検と一言にいってもいろいろあるのご存知でしょうか?
簡単なものから、ここで紹介しているような総点検。
もしくは部品個体の点検と、さまざまな訳です。
費用が掛かるもの、掛からないもの、それぞれなんですが、我々が調べる訳ですから基本的には費用は掛かります。
最近、問い合わせなどで簡単に値段を聞く方が多いので、ついでに書いておこうと思います。

客「原付が壊れました・・・いくらかかりますか?」

いろいろ質問してみますが、返答が「わからない・・」ばかり

R「正直な事を言いますと・・・解りません^^;」こんな返答が多くなるんです。
具体的な情報が無いばかりか、車種(バイクの名前やメーカー)を聞いてみても不明だったりします。

客「私、素人なので解りません」

この答えを出されると、迷宮入りしてしまいます。
基本的に、メールや電話問い合わせでのお話しなので、私には見えないのです。

さっきから、物凄く冷たい言い方をしているのは、私も理解しているのですが、そう言わざるを得ない時が最近は多々あります。

私の仕事は、バイクの提供と修理全般、車検やカスタム等色々とやらせて頂いています。
所謂、「この筋のプロ」です。
お客さんが分からないのは、当たり前ですよね。良く解っています。
費用がどれぐらい掛かるのか。素朴な疑問であり、重要でもあります。
その返答が出来ないのは、私の不徳とするところ・・・
まだまだ日々勉強が必要なんですが、お客さんにもお願いがあります。

もう少し自分の乗り物にに対して「興味」を持ってやってください!(悲)
普段から乗りっぱなしになっている車両が、ほんと最近は多いんですよ。
壊れたから直すのは仕方が無い事なんですが、壊れる前に点検して整備する。
これで、大好きな、必要な、重要な・・・バイクの寿命は伸ばせます。

要は、「興味を持つ」事は、「点検に出す」事と同じなんです。

費用が掛かるか掛からないかは、その場でお答えできると思います。
概算見積も出せる時は、ちゃんと的が外れないようにお答えします。

車検制度があるバイクでもユーザー車検を多様化すると、ノーメンテで乗れてしまう世の中ですので、50cc~1800cc(一般的な排気量)すべてのバイクに言える事だと思います。

「バイクの寿命は、客が修理を諦めた瞬間」だと思いますので、どうぞ興味を持ってやって下さい~

しがないバイク屋のつぶやきでした。


さて、本題です!
新車購入から6年ほど乗られているとの事ですが、走行距離は8300キロと少な目です。
毎日の通勤にしか使用していないらしいのですが、最近調子が悪くなって来ているのだとか・・・
乗り心地もふにゃふにゃするらしく、事の始まりは曲がる際に恐怖を感じた事がきっかけで、御来店となりました。
色々質問や説明をさせて頂き点検見積をご依頼頂きました。
簡単な点検ではありません。色々各部をチェックする総点検です。
50ccスクーターの点検見積は7,350円でお受けしています。
内容は、大きな車両と変わらないもので、基本的に足回りからエンジン補機類の消耗品まで分解して点検、結果をこのブログを通してお伝えし、修理見積を作成、わかるように説明する所までです。
修理する、しない、はお客さん次第となる訳ですが、重要箇所は積極的にお勧めしています。

では、報告です。
いつも通りバッテリーの点検から行います。
バッテリーは言わばバイクの電源となる部分です。
イグニッションスイッチ(鍵で回してON/OFF)のOFF時の電圧
N点検見積もり (20)
12.55Vと表示
通常元気なもので12.6V以上が求められます。
このバッテリーは新車購入から、交換をされていないと聞きました。
セルスターターを押している時の電圧の下がり方を見ても、ぼちぼち寿命を迎えかけていると思います。
セルモーターの回っている時の音も(エンジンを掛ける時の音)も弱弱しく聞こえています。
バッテリー上がりが近いうちに考えられるので、交換をお勧めします。
キックで、エンジンを掛けるのは女性には難しいので^^;

エンジンを始動すると、バッテリーの充電を常にしているんですが、その充電がうまくできているかの点検
N点検見積もり (21)
十分充電されているようです。バイク側の問題はないという事です。

灯火類(へドライトやブレーキランプ、ウインカー等)は全てちゃんと作動していました。

続きまして、足回り
前のタイヤ周辺からです。
N点検見積もり (2)
タイヤを支えるホイルのベアリングや、ハンドルを動かすために必要なベアリングはガタも無く問題なし。
前輪を支えているフォーク(前足みたいな^^;)もまだしっかりしてるので問題ありません。

前ブレーキ
N点検見積もり (4)ブレーキシューと言われる消耗品もまだしっかりあり、動きもスムーズです。問題なし。

前のタイヤの軸棒(アクスルシャフト)は長年外していない事もあり錆びていましたが、磨いてグリスアップして戻しておきました。N点検見積もり (3)

前後タイヤの空気圧が・・・全然入っていませんでした。N点検見積もり (10)ゲージで確認してもほぼ0です。
後ろタイヤは、酷い状態でしたよ^^;
N点検見積もり (13)N点検見積もり (15)溝が完全に消耗しきっており、空気圧が少ない状態で走行を続けた結果なのか、ホイルからタイヤが外れています。これを耳落ちというのですが、後輪はバイクの車重+ご自身の体重を支えている部分なんで、空気が少なくなりすぎるとこうなってしまいます・・・危ないところでしたね。転倒しかねないので今後気を付けてください!
空気圧は3か月に一度は最低でも点検してください!
ふにゃふにゃする原因はまさにここにあります。
前タイヤは編摩耗していますが、まだ溝がしっかり残っているので規定圧の空気を張っておきました。N点検見積もり (8)
後輪のタイヤは交換です。

続きまして、後輪のブレーキ
N点検見積もり (12)マフラーを外して、後輪を外すと出てきます。
N点検見積もり (18)こちらのブレーキシューも残量はまだしっかりあります。
空気で掃除してグリスアップしておきます。
後輪のブレーキ(ハンドルで言うと左のブレーキレバー)を良く使って止まってませんか?
前ブレーキもしっかり掛けて止まる練習してくださいね。
その方が安全に短い距離で止まれます。
後ろのクッションやガタつきも今はありません。

足回りの点検は以上です。

続きまして、エンジン周辺です。
まずは駆動系(自転車でいるところのチェーンの役割を駆動系と言います。)
N点検見積もり (22)
赤い丸で囲っている部分が駆動系、黄色はエアクリーナー(エンジンに吸い込む空気の掃除屋さん)
分解する順番から、エアクリーナーのフィルターをチェック
N点検見積もり (23)N点検見積もり (25)N点検見積もり (24)
フィルター(スポンジ)はまだ汚れもひどくありませんが洗浄しておいた方が良さそうです。
フィルターの収まっているボックスは汚れが溜まっているので、こちらも洗浄しておきます。

そしていよいよ駆動系に移ります。
スクーターでは大事な部分です。
N点検見積もり (27)
中央の黒いベルがVベルト
さらに分解
N点検見積もり (28)
心配していたVベルトはまだまだ大丈夫のようです。N点検見積もり (30)普段から丁寧に乗られているのが分かります。

ドライブプーリーのウェイトローラーが消耗していました。
この部品は、加速る際に重要な役割を持っている部品です。スズキのエンジンでは構造上良く減るんです。
N点検見積もり (31)N点検見積もり (33)めったに開けない部分なんでぜひ交換を!

プーリーの裏側にあるランププレートのスライドピースも消耗がひどいですね。N点検見積もり (34)こちらも交換になります。

駆動系の収まっている部屋も汚れが溜まっていますので、掃除とグリスアップが必要です。N点検見積もり (35)
ミッションギヤなどは、距離がまだ浅いのでオイル交換は必要ありません。(*エンジンオイルではないよ)
次回の点検時でいいと思います。
駆動系は以上

続きまして、点火プラグのチェックN点検見積もり (36)先の電極部がうっすら湿っているのがわかると思います。
これは、少し燃焼で良くない証拠ですね。
燃焼はものすごく重要なんですが、その要になるのがこのプラグ。
バッテリーが元気が無い事も少し影響してるかもしれません。
汚れもそこそこなんで、一度交換しておきましょう。

エンジン周辺からのオイル漏れ等気になるところはありませんでした。

ただ・・
エンジンオイルがかなり汚れています。
オイルの点検はこのフィラーキャップのスティックを使用します。
N点検見積もり (37)
先のレベルの上下の半分くらいの位置にオイルの油面が来ています。N点検見積もり (38)本来この上のレベル付近にこないといけないので、量が少なくなっている事がわかると思います。色も真っ黒でした。
聞けば4千キロぐらいで交換後していないとの事でしたので、こうなっていてもおかしくないのですが・・・
50ccで、エンジンオイルを減らしてしまうのは致命的になります。
元々600~700ccほどしか入っていないエンジンオイルが減るのですから、エンジンにとっては致命的なんです。
普段あまりスピードを出さないのか、エンジン内部に結露が起こって水分が混入し、オイルが乳化しています。N点検見積もり (39)黄色っぽいどろっとしたものがその乳化したオイルです。
今回は、少しひどいのでフラッシングによりエンジン内部の掃除をしておきます。
その後新しいエンジンオイルを入れておきます。


通常50ccクラスは2000キロに一度は、交換するようにしてくださいね。
もし、年間走行距離が2000キロに到達しない時は、最低でも1年に一度は交換するようにしないと、オイルが劣化して悪影響を出します。

残念ながら、この車両の場合すでにエンジンから若干ですが、異音が聞こえ始めています。
エンジンの事を考えると1000キロに一度くらいでも早くはないでしょう。
寿命を延ばすつもりで、エンジンオイルの交換に来てください。

あ!まだ、壊れてしまった訳ではありませんよ!
これからのオイル交換次第では、まだまだ乗る事が出来ます。

N点検見積もり (40)
以上で点検は終わりました。
点検結果から、次の修理をお勧めします。

・バッテリーの交換
・後輪(リヤ)タイヤの交換
・ブレーキ周りのクリーニング(施行済み)
・エアクリーナーフィルター&ボックスの洗浄
・点火プラグの交換
・エンジンフラッシング&オイル交換
・駆動系消耗品の交換と各部グリスアップ

以上です。
かなり長い文章で解りにくいところもたくさんあると思います。
また見積報告の時に説明しますので何でも質問してくださいね!


真っ赤なスクーター^^
かっこいい!

以上見積作業が完了後、電話にて連絡しますので、Nさんよろしくです!


では、作業に戻ります(笑)
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« MWさん GPZ900Rキャブレターセッティング完成!  |  YEさん ZZR250エンジン始動困難故障探究、点検見積! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/579-4a2c81ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。