07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

7万キロ走行の2サイクル?! 

2サイクルってどれぐらい走るか(距離)気になったこと無いですか??
今回の修理はデリバリー用ジャイロXの7万キロ走行車のエンジントラブル。
距離は配達仕様車だけあって、ハンパないですね^^;

エンジンが急に止まり、それからかからなくなったそうな・・・
良くありがちな内容ですが、距離からと、圧縮の無さからエンジン本体が原因と考え、分解してみた。

シリンダーヘッドを外し、中を覗き込む・・・その前に気になった・・・



これって・・ヘッドガスケットが完全に引きちぎれていますね^^;
このようなケースは、正直何回も見ています。5万?オーバーのホンダの2サイクルでは当たり前のような事。
ホンダだからという事は限定できませんが、ビジネス系の原付でジャイロシリーズは良く使われています。このシリーズに搭載されているエンジンは大変強く経済的なんです。
過去には8万キロオーバーなんて車両も見た事があります。



シリンダーにあっては、排気ポートが鍾乳洞のごとくカーボンでふさがれています。。。これじゃパワーダウンです。

ピストンもトップ、セカンドリングもよれよれ・・・
爆発で得た圧力は下に吹き抜けていたんでしょうね。
このような状態では、無駄に燃料を消費しエンジンの労力も大きいでしょう。
写真の写り方なのか、疲れ果ててますな^^;ご苦労様でした。





ヘッドのガスケット飛びは、爆発圧力が外へ漏れると共に2次空気として外からの新気を吸い込みます。
燃焼室内は冷えた空気が混入しガスが薄まり、同時に燃焼温度が上昇しますが、排気タイミング前で外に漏れでてしまいます。酷い場合は別として、なかなか分かりにくい症例です。
パワーが無いだけで走ってくれるんですよね・・・
2サイクルスクーターは駆動系に距離が進むと目が行きがちですが、こんな所にも消耗品は存在するんです。






シリンダーヘッドは幸い歪みも少なくオイルストーンによる面研だけで済みましたので、カーボンを除去し再使用です。
一般使用車は交換が理想です。
シリンダーのポートもカーボンを除去、ピストン交換で修理完了!
エンジン始動もばっちり!加速もしっかりするようになりました^^/~
シリンダーも5万?走行後では交換が理想です。その時は良くても、同じ走行距離は走れなくなりますからね。
あくまでもこの修理は残り幾許かの仕事用のバイクの修理なので、勘違いなされないように!

距離計で万キロが確認できない普通の原付スクーター(2サイクル車)ではエンジンのコンディションが良ければ5万?走行も全然平気なんです。
原付だからと言わず、エンジン以外の修理も率先してやりましょう!
修理金額はそこそこかかりますが、直す事の大事さが伝わればエコにも繋がりますよね!
スポンサーサイト

[edit]

« 4月5日近スポ杯開幕戦!  |  ゴリラ改復活!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/57-cf0b2437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。