08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

TESさん ZRX400Ⅱ点検見積り! 

こんばんは!

休みぼけもすっかり取れましたな^^

そう言いながら定休日を迎える訳ですが^^;
その前に一仕事!ブログをアップですw

お待たせしました!TESさんのZRXの点検が終りましたので報告です!
TES点検見積り (1)
この車両も低回転域でのこぼつきが出ていて乗りにくいのだそうです。。
様子を確認するために、店前で試乗してみたり、エンジンを掛けて調子を見たり色々やってみました。
結果、エンジンが温まりきってから発進時に1気筒綺麗に燃えてないような感じ。
以前に、初見でオイル交換とキャブ調整をしてみたのですが、マシになっただけで相変わらずなんだとか・・・
その際にお勧めした点検でのご依頼です。
TES点検見積り (2)
エンジンの掛かりは良くもありませんが悪くは無いですね・・
冷えている時も暖まっている時もそう大差ない感じです。

調べるにも具体的な情報が余無いので、先ずは、点検項目に沿って調べる事にしました。
まずは、バッテリーです!
TES点検見積り (4)TES点検見積り (5)
バッテリーは海外製のものでした。
IGキーOFF時の常時電圧は、いい感じで維持されています。
しかし、やはり・・海外製・・
キーをONにして、スターターを使っただけで、ガッツり電圧は下がります。
瞬時に12.3Vまで下がりました・・
エンジン始動後の充電電圧
TES点検見積り (7)
高めに推移。。

割としっかりしているようで、頼りないこの感じはまさに海外製です。
しかし、今の所問題なくスタートしてますし、様子を見る感じでも悪くは無さそうです。
心配なら交換かな^^;

保安装置(ウインカー、テール、ホーン等)は問題なく作動しておりました!

次はフロント足回りの点検
TES点検見積り (8)TES点検見積り (10)
ステアリングステムのベアリング等は問題なし!スムーズに動いています。
フロントフォーク
TES点検見積り (9)
左側のインナーチューブにホコリのリング・・TES点検見積り (13)触ってみると少しウエット感があります。
オイルにじみだと思われます。
外についているダストシールを捲ってみると・・TES点検見積り (11)TES点検見積り (12)
まだそんなに酷い状態ではありませんでしたが、時間の問題ではないでしょうか・・
フォークのオイルシール自体は弱っている筈ですので、フォークのOHをお勧めします。

ホイルベアリングTES点検見積り (14)フロントホイルの真ん中にはベアリングが入っているのですが、ガタが出ていました。
このガタはふり幅で1mmぐらい有ります。
放置する事は大変危険です。交換したほうが懸命です。

フロントブレーキ
キャリパーを外します。右側
TES点検見積り (15)TES点検見積り (16)パッド残量は5部山を切ったくらいです。5千キロ走行後に確認したほうが良さそうです。今は問題なし!
キャリパーのピストンの動きTES点検見積り (17)引きずりも今のところは余りありません。
しかし、動きは少し硬い印象です。上下にあるピストンも動きに差が出始めていますね。
錆も出ていますので、一度洗浄と揉み出し作業が必要ではないでしょうか・・

キャリパー左側
TES点検見積り (20)TES点検見積り (21)
パッドの残量は右側同様問題は今の所問題無しです!
が・・

キャリパーのピストンTES点検見積り (24)左側はダストシールが顔を出し始めています・・・
左に比べると動きも更に悪い感じです。引きずりはまだ無いんですがね・・><

マスターシリンダー
TES点検見積り (27)TES点検見積り (28)フルードの状態もボチボチ色が変わってきているので交換です。
レバーの根元にあります、ダストブーツが破けてきています。TES点検見積り (29)TES点検見積り (31)
このブーツは大事な部品です。
元々ブレーキフルードは水に弱いので、水分はタイ的なんですが、このブーツが唯一その水分を防ぐ第一防衛ラインになるのです~
この向こう側には、ピストンがあるのですが、シリンダー内とは直結です・・

ん~~
フロントブレーキは、まだ少し早いような感じはしますが、OHしておいた方が無難だと思います。
遅くてもパッド交換の時期には必ずしておいた方がよいでしょう。
念のためOHとして、見積には入れておきます。

ブレーキの点検をしていて気が付いたんですが、ホイルの右側のリムに一部歪がありました。TES点検見積り (18)TES点検見積り (19)歪は軽度ですが、一度何かにぶつけて変形してしまったんだと思われます。
分かりづらいですが、赤丸の部分だけ平らに成っていました。
空気の漏れなどは無さそうなどで、今回はパスしますが、高速などでハンドルがぶれる場合は交換対照ですね。気をつけて様子を見てください^^;

リヤの足回り
TES点検見積り (25)TES点検見積り (26)リヤサスは海外製のY!オクで有名な安物サスです。オイル漏れはありませんが、動きは最悪です。。
厳しい事を書きますが、これらは酷くなると殆ど動かなくなる代物です。
速めに交換する覚悟はしておいた方が良いと思われます。

リヤブレーキ
キャリパーの状態
TES点検見積り (33)TES点検見積り (34)ブレーキパッドはNTB製のものでした。残量はまだしっかりありますが、少々ディスクとの相性がよくないようですね・・
ブレーキディスクはテカテカに・・ブレーキの効きもあまり良くありません。
TES点検見積り (37)ディスクへの攻撃性が高い反面、パッドの消耗は遅いのです。
次回交換時はメーカーを見直したほうが良さそうです。

キャリパーのピストンもフロントよりも少し進行した感じが否めません。TES点検見積り (36)

リヤのマスターシリンダー
ブレーキペダルがフワフワした感じでカチッと感がありません。
当然踏み込んでも余効いている感触は得られませんでした。
エアが噛んでしまっている感触に近いものがありますが、どうにも納得が行かないので、ペダル周辺を調べてみると・・
TES点検見積り (39)ステップの軸も一緒に回っていました^^;
これは、ステップバーの根元が緩んでいるのですが、ペダルの回転部も兼ねているので遊びが多くなります。
フロンと同様にリヤブレーキもOHを検討していますので、グリスアップして締めなおす必要がありますね><
という事で、ブレーキは前後共にOHしたほうが良いでしょう。見積しておきます。

次は、駆動系(ドライブチェーン、スプロケット)です。
TES点検見積り (46)TES点検見積り (48)TES点検見積り (51)
こちらは、前回グリスアップした事もあって、遊びがまだ適当な状態を保っていました。
交換もまだ先で良いと思われます。

次はいよいよエンジン周辺です。
プラグの点検
TES点検見積り (52)TES点検見積り (54)予想外だったのがプラグの焼けです。
均等に4気筒とも綺麗に焼けてます。
しかし、エンジンの調子出しもありますし、プラグの消耗は進んでいるので、一度交換をお勧めします。

エアクリーナ・エレメント
TES点検見積り (55)新品同様で問題なし!

エンジンの調子がイマイチな理由を探している訳ですが、キャブレターが原因だと踏んでいるんです。
ここ数日似た様な症例が続いている事もありますが、少しニュアンスが違います。
一先ず、キャブレターのガソリンを抜いてみて、異物が無いかチェックしてみます。
#4キャブレター
TES点検見積り (57)TES点検見積り (58)結構、錆なのかガソリンの腐食物なのか、異物が出てきました。

意外と汚れが溜まっているのかも・・
#4番だけフロートチャンバーを開けて見ました。
TES点検見積り (59)TES点検見積り (60)ガソリンの溜まるチャンバー内には錆がうっすら降りています。
大きな異物は特に無いのですが・・汚れは本体の方で溜まっている可能性がありますね・・
ジェット類も外せる物だけ外してみました。
メインジェットとニードルホルダージェット
TES点検見積り (61)TES点検見積り (63)TES点検見積り2 (3)ジェットに特に変わった様子はありませんでした。汚れ方も相応な感じですね。
スロー(パイロット)ジェット
TES点検見積り2 (5)TES点検見積り2 (6)こちらも詰まりは無さそうです。

ん~~どうした物か・・

フロートバルブ(ガソリンをキャブ内で規制するバルブ)
TES点検見積り2 (1)バルブの先は段付磨耗が出ています。
OH時は交換ですね。
しかし、オーバーフローしているようにも感じませんし。。
判断が難しいところです。
パイロットスクリューの再調整と、同調調整で様子を見ても良いかもしれません。
どうも、キャブ内に落ちている汚れカスが原因しているような気もするのですが・・
予算的に合うので有れば、キャブレターOHをお勧めしたいところですね・・・
見積報告時に決めようと思います。見積だけは出しておきますね^^

キャブレターとエンジンを繋ぐインテークマニーホールド
TES点検見積り2 (9)
特に悪い要素はありません!大丈夫です。

冷却水(クーラント)
TES点検見積り2 (11)TES点検見積り2 (12)
量も適量で劣化もまだ大丈夫です。
ラジエターファンもしっかり回っていました^^
漏れも確認できていません。良かったですね!

エンジンオイル
こちらは前回交換したばかりで問題はありません。
しかし、漏れが一部見つかりました。
その箇所は、ウォーターポンプの根元です。。
TES点検見積り2 (18)TES点検見積り2 (14)TES点検見積り2 (19)ウォーターポンプはエンジンから隔離されている部屋になっています。
水を回すポンプなんですが、動力はエンジン内部より取っています。
当然シャフトで動力を得ていますので、水を遮断するメカニカルシールと、オイルを遮断するオイルシールの二つのシールにより隔離されています。
今回の漏れは、オイルシール側で起こっている物だと推測できます。
ウオーターポンプには二つのシールの間に部屋を設けてあり、シール飛びにより水と油が直接交わらないような造りになっています。
オイルシールが飛び、先に述べた部屋に溜まっている状態で、そうなった場合は、部屋の穴から外へ漏れ出す仕組みになっているので、今回のような漏れ方をしているんです。
修理には単純にオイルシールの交換だけできればベターなんですが、ZRXエンジンの場合ウォーターポンプ丸ごとの交換が必要になります。
部品がそれでしか出ないんです・・・
冷却水が交換不要だったのですが、その交換作業には冷却水を抜き出す事が必要です。
このままほおって置くわけにも行きませんので、見積に入ります><

点検結果は以上です。
見た目は綺麗なバイクなんですが、私も少し驚くぐらいの痛み具合でした。
TES点検見積り2 (20)
調子を戻すにも様子を見るか、徹底して修理するかの二択です。

点検結果より今回の修理見積内容は以下の通りです。
・フロントフォークOH
・フロントホイールベアリング、オイルシール交換
・前後ブレーキマスターシリンダー・キャリパーOH(推奨)
・バッテリー交換(推奨)エンジン調子に影響あり
・キャブレターOH(推奨)
・点火プラグ交換(推奨)
・ウォーターポンプ交換
・WP交換に伴い冷却水交換
・エンジンオイルはWP交換作業時こぼれた分だけ補充


只今見積もり作業中ですので、金曜日にでも連絡します。
相談に乗りますので、いい方向で決めましょう!
TESさんよろしくお願いします。


というところで、報告は以上です~

これにて業務完了!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 豆ちゃんの新車入荷!&MDさん マジェスティ125FI SHORAIバッテリー交換!&AK君 ZRX400Ⅱ車検準備整備!  |  ETさん ゼファー400調子出し修理点検!&MDさん シグナス始動困難修理点検!&FK(Y.F)さん マジェスティ125FI始動困難修理点検! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/538-e4b45183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。