04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

OGさん ホンダ Vツインマグナ250 点検見積り&始動困難修理見積! 

こんばんわん!

「さ~今年のレース(営業)もラスト一周(1日)を迎えようとしております。」



さてさて、スタッフ92も明日?今日か^^;の営業を持ってこの店を去ります・・・
短い間でしたが、色々ありましたし、色々怒りました。色々・・^^;
たった8ヶ月ですが、思い返すと結構いろんな事があった様に思います。
私にとって、ちゃんとした形で人を雇ったのは、初めて・・・
本当に人を使うと言うのは難しい事だと痛感しましたw

そんな我侭な私に、彼なりに頑張って着いて来てくれたと思っています。
92の向かうところは、果てしない遠いところのようにも思えて仕方が無いのですが、ここでの8ヶ月間の出会いや、出来事は良い思い出になってくれる事と祈り、気持ち良く送り出してやろうと思います。
別に、もう会わないとか、疎遠になるとかではないのですしね。
ただただ、ちゃんとした形で、もっと良い手本に成れればよかったのにな・・そう思うのです。

ここ数日、可愛がって頂けたお客様より暖かいお言葉を頂戴したり、わざわざ92に会いに来てくれたお客様もいました。

本当に有り難うございます。

店の方にも、たまに顔を出してくれると思いますので、これからも応援してやってくださいね^^

「本気で頑張れよな!#92石井よ!」


Rです




今年最後の点検作業を終えましたので、報告しておきます!
先日、お預かりとなった、OGさんのVツインマグナです~
OG点検見積り
年式は94年式の初期型 外装、リヤサスについては違うSタイプの物に総換えされているようです。元々マグナガンメタリックです。

1年程乗っておらず、保管状況があまり良くなかったのかな・・
かなり錆で汚れてしまっていました^^;

半年ほど前にエンジンを掛けようと試みたのだそうですが、キャブレターからガソリンが漏れて来たそうな・・車体の状況も芳しくないので、修理の他に点検もお勧めしたところご依頼となりました。

他のお客さんの年内作業も落ち着きましたので、点検作業を行いまして結果が出ていますのでご報告です!
エンジン始動困難理由も含めて、順に報告していきます。

まずは、始動して現状を確認してみます。
IGキーをONにして、スターターを回してみますが、セルモーターの勢いが無く、直ぐに反応が無くなりました。
バッテリー上がりの確認の為にバッテリー電圧をチェック
OG点検見積り (63)
以前トライした時に安いバッテリーに交換されたとの事です。大丈夫かな・・

常時電圧測定OG点検見積り (64)11.45V
IGキーON時OG点検見積り (65)10.49V
スターターを押した時の降下電圧OG点検見積り (66)OG点検見積り (67)

常時の時点で、既に規定値12.6V以下ですので、やはり・・、と言った感じでしたが、その後の点検では安いバッテリーにしては元気だと言う事が判明^^;

最初は既製品に交換をお勧めしようと思っていたのですが、充電して様子を見てもいいかもしれませんね。
早速一晩充電して見ました。OG点検見積り (68)

充電待ちの間に、他のバッテリーを使って灯火類のチェックを行いました。
ヘッドライト、テールランプ、ホーンは正常です。
しかし、左前のウィンカーランプが消灯しており点滅しません
OG点検見積り (28)

原因を探ると、アース不良である事が判明。OG点検見積り (31)中央の黒い配線は、電球とソケットの間に割り込ませてあり、外でステムのボルトに落としている少々強引なアース取り用でした。
実際、ステムの場合ボディーアースには少々不安定ですので、単純なアース不良であると分かりました。
きっちり配線しなおして直さなければいけませんね。ショートの原因にも成りかねないので。。。

他には、フロントブレーキのスイッチが壊れてしまっていて、反応していませんでした。
こちらは、スイッチ交換で対応したいと思います。
灯火類は以上です。

次は足回りの点検。先ずはステアリングからです。
OG点検見積り (1)ハンドルの動きをチェックしていてステムベアリングの段付磨耗を確認しました。
ベアリングは、ハンドル下の赤丸の部分に入っているのですが、時間経過や疲労によりベアリングの段付磨耗が症状により現われようになりますが、この車両にもその傾向がみられます。
OG点検見積り (2)ステアリング中央付近でひっかかりが出始めています。症状は中期のもので、まだ運転中に気が付く人も少ないと思いますが、進行していくと直進安定性が失われていきますので、今回見積の方へは入れておきます。

お次、フロントフォークOG点検見積り (5)OG点検見積り (6)OG点検見積り (7)インナーチューブの点錆が酷い状態です。オイル漏れがあるとかではありませんが、ダストシールに大きなひび割れが確認できます。この下に肝心なオイルシールがあるのですが、外部より侵入する水分で錆が発生している可能性が高いですね。。。
OG点検見積り (8)OG点検見積り (9)ダストシールを捲ってみると、オイルシールが顔を出すのですが、残念ながら錆の進行が進んでいました。今の所オイル漏れまでは至っていませんが、久しぶりに動かすと直ぐにオイル漏れが発生し兼ねませんので、事前にフォークのオーバーホールが必要だと思われます。
ただ、インナーチューブの錆が深いところまで進行してきていますので、この鍍金のインナーチューブは交換となりそうです。左右共に見積に入れておきます。
OG点検見積り (11)

次はフロントホイルの点検
OG点検見積り (13)
ホイルベアリング(ホイル中央の軸受け部)のガタはありませんでしたし、この部分のシール類もまだ大丈夫そうです。
ただし、フロントタイヤの溝に関しては問題は無いのですが、経年劣化しサイド部にひび割れが酷く出始めています。OG点検見積り (16)

製造年の確認OG点検見積り (15)この写真は上下逆の画像です。
右2桁が02と有りますので、2002製造だと言う事が分かりました。
このタイヤは9年使用していることになりますね。タイヤのゴムの硬化が酷いと思いますので、グリップしませんし、ひび割れは留められません。。。交換した方が良いでしょう。

次はフロントブレーキです。
OG点検見積り (17)
ディスクローターは社外品に交換されてるんですが、材質が悪いのか、錆が大量に出ています。
このままでの使用はあまりにも良くありませんので、研磨作業が必要ですね。。。
車体を引き揚げた時に、ブレーキの引きずりがあることに気が付いていたので、てっきりフロントかと思っていたのですが、フロントをリフトアップし、点検したところフロントでは無い事が判明。
安心していたのですが・・・
まずは、キャリパーを外して、ブレーキパッドの残量、キャリパーの状態を確認
OG点検見積り (19)OG点検見積り (20)OG点検見積り (23)OG点検見積り (25)ブレーキパッドの残量は1.5mmです。交換時期を迎えています。
キャリパーピストン
OG点検見積り (22)長期このままだったことも重なり、ピストンは錆で覆われています。パッド交換の際に磨いてキャリパー内に押し戻すのですが、流石に取りきれる状態ではありませんし、動き自体も最悪でした。
キャリパーのオーバーホールが必要です。その際に新しいパッドを入れたいと思います。
オーバーホールせずに対処すると、今は引きずっていませんが交換作業後に引きずりが出始める可能性がある事と、錆によるシールの損傷が原因で、ブレーキフルードの漏れが心配ですので、作業は必須です。
劣化しているブレーキホースも一緒に交換が理想です。
メッシュホースを新たに入れるのも良いかも知れませんね^^

ブレーキマスターの状態
OG点検見積り (32)OG点検見積り (33)
フルードの点検が窓より簡易点検が出来るのですが、色的に古くなっていそうです。。。
実際に開けて点検です。OG点検見積り (34)半透明な筈のフルードもかなり汚れています。通常2年に一度は交換しておいたほうが良いオイルなんですが、今まで交換は数回レベルではないでしょうか・・・

ピストンOG点検見積り (35)レバーの根元なんですが、キャリパー同様に劣化が進んでいました。
キャリパーと一緒にオーバーホールにて対処が必要です。。。
この部品の裏側に、スイッチが装着されていますが、一緒に交換ですな。。。

お次はリヤホイル周辺の足回り点検
OG点検見積り (36)
リヤホイルのベアリングも問題ありません。

しかし、フロンと同様に溝はしっかり有りますが、製造年は同じでした。OG点検見積り (37)OG点検見積り (39)フロントよりひび割れが進行していますね。。。こちらも交換が必要です。

リヤ・ドラムブレーキ
OG点検見積り (40)
フロントのブレーキでも触れましたが、この車両にはブレーキの引きずりの兆候が見られました。
その原因はリヤ側に有るようです。
OG点検見積り (41)OG点検見積り (43)右側に転倒歴あるようです。右ステップのホルダー(水色の丸印部)が曲がっており、ブレーキペダルに接触しています(赤丸印部)。
ブレーキ操作を解除しても、ちゃんとペダルが正規の位置に戻らず、ドラムブレーキが半効き状態でした。
ホルダーを交換し、元の状態に戻しておかなければいけませんね。。
何れにせよ原因が分かった事が救いです。
しかし、肝心な、ドラムブレーキの状態はシューの磨耗も少なく、ドラム側も錆が見られ無いので意外と良い状態でした。ほこりを落としグリスアップで大丈夫です!OG点検見積り (59)OG点検見積り (60)OG点検見積り (61)

駆動系点検(ドライブチェーンなど)
OG点検見積り (44)
こちらも錆の影響が物凄く出ていました・・・
OG点検見積り (45)OG点検見積り (47)OG点検見積り (48)OG点検見積り (56)シールチェーンなんですが、錆で固まってしまっていたり、致命的なのが、シールであるOリングが各所で千切れて、脱落していたり、はみ出だしたりしています。。。
グリス気も殆ど無くなり、このままの使用は無理ですねxx
高速で負荷がかかりながら回る部分ですので、外れたり切れたりすると大怪我の元ですので、交換となります。
関わりの深いスプロケットも消耗が進んでいました。
ドライブスプロケットOG点検見積り (58)一見分かりずらいですが、消耗し始めています。。。
ドリブンスプロケットOG点検見積り (51)後の方はタイヤ交換と同時に行えば、工賃で3000円ほどお得です。
少し勿体無いように思いますが、錆もありますし、チェーンも傷みますので交換をお勧めします。

さて、シャーシ関係は以上です。
お次は本丸エンジン周辺です。
エアクリーナーからチェックしていきました。
OG点検見積り (77)OG点検見積り (78)S&Sの社外エアクリーナーを装備していますが、中身は空っぽの状態でした・・・
フィルターは影も形もありません。社外品での対策をしなくてはいけませんね。

お次は点火プラグ
OG点検見積り (85)OG点検見積り (84)左が後バンク、右が前バンクの物です。
電極の汚れは、前バンクが酷いのですが、両方とも燃料が腐っているのか、被りを起こしていました。
後に出てきますキャブレターの修理がありますので、一緒に交換しておいた方が無難ですね。交換です。

エンジンオイル
OG点検見積り (86)点検窓での確認しか出来ません。何時交換したものなのかわから無いのと、オーバーフローしたガソリンがエンジン内部には落ちている可能性が高いので、調子を考えると、フィルターと一緒に交換が必要ですね。

冷却水(クーラント)ラジエターキャップより
OG点検見積り (91)色が薄まってきており、リザーブタンク内の量から判断して交換しておいたほうが良いでしょう。
サーモセンサーの配線が壊れていました。OG点検見積り (99)OG点検見積り (100)キボシ端子が無くなっておりますので、やり直しておきます。

そして、今回ご依頼の本丸キャブレターです。
OG点検見積り (87)OG点検見積り (75)チョーク操作が出来ない状態でした。。。原因を一緒に探ります。

ガソリンがあふれ出す症状を、オーバーフローと言います。
長期保管時などに起こしやすい症状で、重度の物はオーバーホールが必要です。
実際にどうなのか検証してみました。
燃料を点滴にて、キャブに直接送ってみると・・・
勢いよくあふれてしまいました。
あふれ出した燃料には物凄く刺激臭がありますので、先ず間違いなく燃料が劣化し、キャブ内を汚しているようです。スロットル操作も硬いし、間違いないでしょうね。。。

始動困難修理がメインですので、点検項目には分解作業はありませんが、キャブレターを分解し点検します。
OG点検見積り (95)
エンジンより外しました。
エンジンとキャブを繋ぐマニホールドは硬化が進んでいますが、ひび割れもありませんので、再使用できそうです。OG点検見積り (98)

キャブレター分解
フロートチャンバー(ガソリンの溜まるところ)
OG点検見積り (106)緑色に変色しています^^;
完全に腐っているようですね。。。

キャブ本体側OG点検見積り (107)OG点検見積り (108)
ご覧の通り物凄く汚れていました。

更に分解
OG点検見積り (109)OG点検見積り (110)OG点検見積り (111)2気筒分のキャブパーツ

片側分アップOG点検見積り (112)
燃料規制を行うフロートバルブセットOG点検見積り (114)固着と消耗があります。今回のオーバーフローはこの部品が原因でして、交換が必要です。

ジェット類OG点検見積り (115)OG点検見積り (117)ジェット類の汚れ方も尋常ではありません。メインジェット、スロージェットが共に交換対象です。直接調子に関わる部品ですので、交換は必須ですね。他にはパッキン類が全滅でした。
オーバーホール後、2連キャブの同調調整も行い調子を出そうと思います。後の写真の針のようなものはジェットニードルです。こちらは綺麗に洗浄しワニスの除去後再使用予定です。

OG点検見積り (118)チョーク系は操作の部のワイヤー部の固着が原因でした。交換が必要かもしれません。。。再使用できないかテストしてみましたが・・・錆により交換しか方法が無いようですね。。。

と言う事で、ようやく全部の点検が終りました。
結果以下の通りです。

必須項目
・灯火類の修理(ブレーキランプ、ウインカーの修復)
・タイヤ前後交換
・フロントブレーキO/H
・フロントサスペンションのO/H(実働後オイル漏れの可能性大)
・ドライブチェーンの交換
・リヤブレーキリンク周りの修理
・エンジン復旧の為にキャブレターO/H・調整
・バッテリーの検証
・点火プラグ交換
・エンジンオイル、オイルフィルター交換
・燃料タンクのガソリン抜き換え
・冷却水の交換
・エアクリーナーの対策
・配線関係の復旧(水温センサー)

一緒にお勧めの内容
・バッテリー交換(GS・ユアサ製)
・ステムベアリング交換
・ドライブ、ドリブンスプロケット交換
等など

エンジン始動後にクラッチの状態や作動チェック、スピードメータの作動チェックを最終確認してからの最終判断となりますが、現状では無理ですので、ご了承願います。。。

放置により傷んでしまった部品が多数出ています。
普通に、安全に乗ろうと思うのであれば、全てが必要になります。
かなり費用も掛かる可能性も高く、悩むかと思われますが、先ずは正月開けの見積完成をお待ち下さいね!
遅くなりますが、OGさんよろしくお願いします。

OG点検見積り (119)

スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 今年一年を振り返って・・・  |  ED君 ホンダ キャビーナ90 続き!&AZ君 ホンダ VFR400R クラッチオーバーホール! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/437-68122097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。