07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ED君 ホンダ キャビーナ90 点検見積り! 

こんばんわ

Rです


ED君よりお預かりのホンダ キャビーナー90の点検が終りましたので、ご報告です~
ED点検見積この車両もひそかに人気がありますw
屋根があるだけで雨の日は随分と楽になりますからね^^

ED君は通学の為にこのバイクを最近個人売買購入したらしいのですが、どうにも不安が多いとの事で点検ご依頼となりました!
先日、タイヤの方が限界を迎えたので、先に前後とも交換してくれたのですが、他にも不安が多いのだそうな・・・
初見は、エンジンを掛けると普通に走ってくれるとの事ですが、エンジンからの異音も多いし、どうにも頼りない感じでございます。。。
早速作業を進めていきましょう。

先ずは灯火類のチェックを行いましたが、問題はありません全てクリアー◎
続きまして、この車両の特徴的な部分、ワイパーの点検をするために、ウオッシャー液をウィンドースクリーンに掛けようと操作してみます。
ED点検見積 (2)左手のレバーで操作するのですが・・・
窓には何もかかりません・・・・「ウィーーーン」
壊れてるのかな???

何回も操作していますが、電動ポンプの音が聞こえるだけで何も出ていません。
タンクが空なのか?覗きましたが、十分に適量は入っています。
やはり故障かと、思った矢先・・・何か「ビチャビチャ」と鳴っています??
「ん??」と身体を起こしてみたら、何か右後方に飛んでますがな・・
反射的に右後方上を目で追ってみると・・・・
ED点検見積 (4)ED点検見積 (5)

「うううう・・・」壁が・・・
ウオッシャー液は元気に発射されていましたww

ノズルがあっち向いてホイでございました。ED点検見積 (3)
ノズルの向きを直しておこうと触ってみたのですが、治る気配がありません。どうにか直しておこうと思います。。。

そこで何気に操作している鍵に目をやると・・・ED点検見積 (6)
江頭2:50が「ギュ~~ン!」www



え~~ごめんなさい。まじめにリポートしますね^^;

電気系の最後にバッテリーのチェックED点検見積 (7)
最近本当によく目にしますね。。中華製バッテリーです。当り外れが激しいバッテリーで有名ですが、如何に・・・
表示には4L-BSの文字が・・・本来はYTX7L-BSなんですが^^;
通常より二周り小さい物が装着されています。
しかし、点検中にスタートテストもしていますが、意外と元気にセルスタートします。。。
微妙な感じですが、先に進みます。

電圧のチェックを行います。
電源キーOFF時ED点検見積 (8)この直前までエンジンの調子を見ていたのでやや高めので電圧表示ですが、通常でも13V弱といった感じでした。大きさはともかくこのバッテリーは当りかもしれません。不思議です。

電気キーON時ED点検見積 (9)12.93V今の所問題なしです。

セルスタート時ED点検見積 (10)セルモーターの元気な音が聞こえます。高負荷時にもかかわらず11.34Vを出力。不思議です。。

充電電圧をチェックED点検見積 (13)規定値内の充電電圧を確認。やはり問題は無さそうです。
暫く様子を見ても大丈夫そうですね^^
しかし、頼りない感じが出だしたら、またご相談下さい。
その時にちゃんとした物へ交換しても遅くはありません。

さてお次足回りです。
ハンドルの動き、ステアリングステムのベアリング等は今の所問題なし。
タイヤの残量等は、この間に交換しましたので、勿論問題なし!
しかし、フロントホイルのダストシールがボロボロになっています。ED点検見積 (22)ED点検見積 (18)長年の雨露をしのぎベアリングを守って来てくれました。。。ベアリングにガタは今の所ありませんので、ダストシールは今のうちに交換ですね。

ブレーキパネル内側のダストシールED点検見積 (19)ホイル側のダストシールのようにボロボロになってはいませんが、磨耗していますのでこちらも交換しておいた方が良いでしょう。

フロントブレーキシュー
ED点検見積 (17)
ブレーキのアジャストスクリューを見ても分かりますが、良く減っているようです。
実物は・・・ED点検見積 (20)赤丸の部分が本来の厚みです。矢印の部分の消耗が激しいので、交換です。ディスクブレーキのパッド程、見た目ではあまり減っている感じがぬぐえないブレーキシューですが、構造上調整が出来なくなってくると勿体無いですが、交換しておいて間違いありません。
中には、レバー側で調整してしまう裏技をする方がいますが、シューを押し付けるカムの動きに制限が出てきますので、効き自体が良くならず、トラブルの元ですのでこう言う場合は交換しておきましょう!
大体2万キロ以上は走行出来ますので元は取れます!

フロントフォーク
ED点検見積 (16)随分前からオイルが漏れているようで、オイル汚れが付着しています。
ダストシール付近は?ED点検見積 (15)ご覧のとおり汚れが堆積していました。滲みレベルですが、タイヤの側に位置しますので、一気に噴出す前にオーバーホールが必要ですね。危険です。

次はリヤのブレーキ&足回り

エンジンマウント&リヤサスに関しては、経たり感はありますが、直接影響は出しません。もし乗り心地を良くしたいのであれば、交換はお勧めできます。走行上でのトラブルは無さそうです。
ブレーキED点検見積 (21)フロント同様にアジャストスクリューの調整幅がありません。。。
ホイルを外して点検
ED点検見積 (25)ED点検見積 (24)フロントと同じく交換が必要です。

ブレーキワイヤーについては、少し動きが悪くなって来ていますので、グリスアップしておきます。
シュー交換時にカムシャフトのグリスアップも実施予定!

足回りは以上です。

お次はいよいよエンジン
後に出てきますが・・・ある問題が浮上してきました。。。

先ずは、点火プラグED点検見積 (26)ED点検見積 (28)汚れも蓄積しており、磨耗も進んでいますので交換が必要です。直接調子に繋がる部品ですので、是非!!

エアクリーナーED点検見積 (33)エレメント自体は汚れていましたが、幸い劣化はそれほどといった感じです。洗浄して再使用しておきます!
BOXED点検見積 (38)ED点検見積 (36)こちらにも汚れが付着していますので、洗浄しておきましょう。
このエアクリーナーBOXにはもう一つホースが刺さっています。
ファイナルミッションギヤBOXから伸びるブローバイホースです。
ミッションギヤのガス抜きの為に設けられたホースなんですが・・・・ED点検見積 (41)ED点検見積 (42)途中で千切れてしまっています。しかもドロドロ・・・
ホンダの車両はこのホースが千切れたり外れたりよくしています。
ホースの根元は当然ながら、ギヤBOXとなっており、この様になっていると、水やホコリはその部屋へ浸入してしまいます。
それらが部品を壊す前に処置が必要です。幸い、ドライブシャフトのガタや、異音はまだなっていませんので、ホース交換と、ギヤオイルの交換が必要です。念のためにBOXをあけて置きたい所ですが・・・

キャブレターの状態ED点検見積 (39)ED点検見積 (30)ED点検見積 (40)エアクリーナーとのジョイント部がにじみ出たガソリンや、吹き返しガス等で、コテコテになってしまっています。。。
ジョイント部も磨耗し吹き返しガスを滲ませていますので、交換が必要です。
キャブレターについてはガソリン漏れの恐れが高いので、掃除を中心にしたオーバーホールをしたほうが良さそうですね。主に、フロートバルブ、パッキン交換が目的です、調子自体はそんなに酷い物ではありませんがね・・・

さて、ここから先で重大箇所発見となりました。。。
駆動系部品の点検
左クランクケースカバーを外すと、スクーターの駆動系(ミッション部)が出てきます。
走行距離2万キロに一度は点検、オーバーホールしておいた方が無難な所になります。
苦労しましたがケースカバーを外すと全容が明らかに・・・
ED点検見積 (43)ケースカバーの内側は、ベルト等のカスで、びっしり・・・
ED点検見積 (45)駆動系パーツです。
ED点検見積 (46)クラッチアウターのナットを緩めようとレンチを掛けますが、物凄く動きが渋い状態でした、何とか外した所・・・シャフトのねじ山がつぶれています。。。
ナットもご臨終でした・・・ED点検見積 (47)幸いシャフトは修正で治りそうですが・・・

クラッチアウターを外すと先ず目に飛び込むのがクラッチシューです。
ED点検見積 (48)ED点検見積 (50)以前ビーノで紹介した部品と同じ構造なんですが、遠心クラッチのシューが交換時期を迎えていました。この状態からすると既に4万キロ程走行しているのではないでしょうか・・・メーターでは4442KM表示なので、44442KM走行車両と考えます。
結構走りこんだ車両のようです。。。

気を取り直し、クランクシャフト側(駆動側)の分解です。
ED点検見積 (51)リヤのシャフト同様に締め付けナットが緩みません。。。
一旦力を掛けて緩めてしまうと、緩める方向でしか対処が出来ませんので、一気に緩めます。
同じ感触でようやくナットを外し、上写真のフェースを外そうとしますが、これまた外れてくれません。。。
取り付いているシャフトはクランクシャフト・・・エンジンにとっては大変重要な部品ですので、慎重に外しました・・・
ED点検見積 (52)ED点検見積 (53)ねじ山が・・・

最悪な状態です。。シャフトの頭は何かの衝撃でつぶれていました。
恐らく、潰れたのが影響して、ナットが噛みこんでいたのか、シャフトのネジ部がボロボロでした。。
EDクランクシャフト (4)
次に控えます、プーリーは外す事ができましたが、残念なことにプーリーボスがシャフトに錆び付いているのか、歪んで外れないのか、ランププレートと共に外れませんでした><EDクランクシャフト

一先ず外れた部品のチェックをしていきます。ED点検見積 (56)

ドライブベルト(Vベルト)ED点検見積 (57)肉割れ、ひび割れ、磨耗 交換ですね。

お次はドライブプーリーED点検見積 (60)

ウェイトローラーが入っている重要部品ですが、シャフト側に残ってしまったランププレートが相棒になり、互いの消耗をスライドピースという部品が間に入り直接の金属同士のすり合わせを防いでいるのですが・・
その肝心なスライドピースがこちらED点検見積 (62)完全に磨耗してしまい、穴が開いている物や、一部欠けてしまっている状態です。
お陰で、プーリの干渉部が変磨耗しておりました。。。ED点検見積 (63)この状態では、適切なタイミングで変速が出来なくなりますので、無論スライドピースと共に、ランププレート、ボス(いずれもシャフトに残ったままの部品)、ドライブプーリは交換です。

ウェイトローラーも汚れて変磨耗しています。ED点検見積 (65)ED点検見積 (66)こちらも交換ですね。

これで一通りのチェックは終了です。
しかしながら、問題はこちらEDクランクシャフトクランクシャフトです。
この状態も問題大有りなんですが、シャフト自体も再利用が難しく交換しないといけない状態です。

実は、シャフトのガタも出ているんですよね。。EDクランクシャフト (1)黄色の矢印の方向にガタが出ています。それも結構なガタです。
実際エンジンがかかっている時にも異音が確認できていましたので、仕方はありませんがここまで酷い状態であるとは思いませんでした。
この車両のエンジンは、リード90のエンジンがベースになっています。
リードと共に、元々シャフトは強くありません。過去にもそれが原因の修理がありましたし、構造上弱くても仕方ない物なんです。。。
一先ず昨日事前にお伝えしたと思いますが、この車両を継続的に利用するのであれば、エンジンフルオーバーホールしか方法が無いようです。
この報告も参考に一度考えてみてください。ED君よろしく~^^;

ED点検見積 (68)
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« FNさん インパルス 始動不能修理!  |  KNさん へリックス 修理完了! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/430-6c5d90d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。