07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

訂正!!年末年始の休業のお知らせ!&TTさんヤマハ ビーノ 駆動系修理完了! 

この日記は9日にアップした物ですが・・・掲載内容に間違いがありました。
すいません^^;
休業予定が4日までとなっておりましたが、1月3日までの間違いです。。。訂正しておきました~


こんにちわ
Rです!

年末年始のお休みが決まりましたので、ご報告です!

H23年12月30日(金)~H24年1月3日(火)4日から通常営業です!

正月休みはこの日程で予定していますので、皆様宜しくお願いいたします。
尚、12月29日は木曜日ですが、午後3時頃まで営業します。
後は大掃除に時間を割きますので、引き取りや、修理などの対応は致しかねます。。。

今年も残り僅かですが、沢山のお客さんに支えられ営業する事ができました事を、心より感謝いたします。m(__)m
来年からは、また私一人での対応になる為、御迷惑をおかけする事が出てくるや知れませんが、今まで以上に頑張って参りますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

年明けの1月5日も木曜日ですが、振り替え営業日とさせて頂きますので、宜しくお願いします♪

*注意* 年末は純正部品の供給が止まります・・・
年内納車予定出来る最終の修理受付は12月25日ぐらいまででしょうか^^;
駆け込み修理が増える可能性が高いので、早目にオーダー宜しくお願いしますね~~♪

以上がご報告です!宜しくお願いいたします!!


さて本題!
TTさんからお預かりのヤマハビーノ(2サイクル)の駆動系の修理が終わりましたのでご報告です~
入庫した時の症状は、「エンジンは普通に掛かるが、全く走ろうとしない!」でした・・・
通常、Vベルト(ドライブベルト)切れを想像しますが、今回はどうも様子が違います。。。
エンジンの回転を挙げると後方よりけたたましく「ガリガリガリガリ~~」と聞こえます^^;
瞬間的にエンジンを止めたくなるような音でございます。
大抵このケースの場合、ファイナルギヤBOX内のベアリング破損が考えられますので、早速分解・・
TT駆動系修理
ファイナルミッションギヤとは、駆動系の変速機(Vベルトやプーリー等)より後についている、最終減速機の事です。ミッション車両で言うドライブスプロケットや、ドリブンスプロケット、ドライブチェーンです~
車で言うとデファレンシャルギ・・・もういいか^^;

兎に角、スクーターの修理では何時も後回し且つ、ほったらかしの部分です・・・><

分解したところ・・・凄い状態になっておりました。
TT駆動系修理 (1)TT駆動系修理 (2)此方がギヤBOX内部なんですが・・真っ黒になったギヤオイルの中に欠片のような物があります。
手に取ると・・・TT駆動系修理 (13)ん??^^;;;
これらは、ファイナルギヤの歯になります。。。所謂歯飛びだったんですね。。。
TT駆動系修理 (4)ドライブギヤからドリブンギヤに行くまでの間に入っているアイドルギヤが見事に粉々になっていました。
ミッションオイルの劣化で、ベアリングがおかしくなり、ギヤの軸受けがブレてギヤの当たりが悪くなりこのような粉砕疲労磨耗を起こしたんだと思われます・・・
1万キロ~2万キロに一度はギヤオイルの交換をしましょうね^^;

TTさんには現場で十分見てもらいましたので、その場で見積修理となりました。
部品の内容は、各ギヤシャフト、ベアリング、オイルシール、ケースカバー・・・殆どの部品がご臨終でございました。当分まだこの車両で通勤を迫られていますので、修理ご依頼を頂きましたが、他の部分も定期的に修理して言ってくださいね・・・

ファイナルギヤ以外にもベルトや、ローラーなどの消耗部品もついでに交換です。
ヤマハ社の原付スクーターで弱い部分、クラッチのスプリングも金属疲労から千切れていました。

本来はこのような感じで、付いている部品が
TT駆動系修理 (11)
2本一組なんですが、片方ありませんw
TT駆動系修理 (10)
スプリングは足切れして、ケース内に転がっておりました。。。TT駆動系修理 (9)
この部品が外れると、クラッチが繋がったままになります。走行中は全く問題はありませんが、信号待ちやアイドリング時に後輪がいきよく回り、勝手に走り出しそうになります。
2つとも無くなると、リヤタイヤが接地した状態でのアイドリングは出来なくなります。
信号待ちのためのブレーキングでは、バイクが止まった瞬間にエンジンも一緒にエンストを起こし、再始動が困難になります。
普通のミッション車両よりはあいまいな反応になりますが、明らかに異常が感じられますので、どなたでも分かる筈なんで、急に似たような症状が出始めたオーナーさんは要注意ですね!気をつけましょう!!

さて作業を続けます。
ミッションボックス内のベアリング、並びにオイルシールなどを取り除き、綺麗にしてから部品を組み付けます。
TT駆動系修理 (12)
ケース内から出てきた、ミッションギヤの歯こぼれ達・・・

TT駆動系修理完了TT駆動系修理完了 (1)TT駆動系修理完了 (2)綺麗になりました^^
ここで発見!TT駆動系修理完了 (4)ホイルに繋がるドライブシャフトの軸受けの一部でもケース内部が、破片でボロボロになっていました・・・
直接影響を出す部分ではありませんが、念のためにペーパーにて補修しておきました。TT駆動系修理完了 (7)写真写りがよくありませんが、触った感じではつるつるにw

交換部品のギヤ類TT駆動系修理完了 (12)ファイナルギヤには、シャフトもあわせて3つありますが、ずべて交換です。

ギヤを入れる前に、ベアリング類の組み付け。TT駆動系修理完了 (8)右が旧部品、左が新部品。見た目の違いはありませんが、インナーレースを掴んで回してみると・・・右側はゴロゴロと・・・
途中引っかかりも有り、使用は不可でございました。仕方ありませんね。。。
外側にあるベアリングも含めて、計3つのベアリング、2つのオイルシールを交換しておきます。
TT駆動系修理完了 (11)

今回の一番被害のあったアイドルギヤ
TT駆動系修理完了 (13)左が旧部品、右が新品
一目瞭然です。。。

部品交換もほぼ終了TT駆動系修理完了 (14)

残すはケースカバーです。
今回は交換する予定ではなかった部品ですが、残念なことに、クランクケース側同様に、アイドルギヤの軸受け部が欠片により変磨耗していました。
TT駆動系修理完了 (15)TT駆動系修理完了 (16)折角新しくするギヤの軸受けですので、ここまで傷んでしまうと症状が再発する可能性が高いので、此方も致し方ないのです。。。
新品はこんな感じです。TT駆動系修理完了 (17)

TT駆動系修理完了 (18)
組み付け終了!

100CCギヤオイルを入れてファイナルギヤは完成です~
お次は、駆動系主要部品の交換です。
先ずはクラッチから
TT駆動系修理完了 (19)
クラッチ側のプーリーを分解し、クラッチを外しての作業。

外したクラッチTT駆動系修理完了 (20)古いスプリングを外して新品に取替え!

TT駆動系修理完了 (22)これで正常w
スクーターのクラッチは遠心クラッチです。
クラッチシューと言われる磨耗材の付いたウェイトが、赤丸の支点を軸に黄色の矢印の方向に遠心力によって、飛び出そうとします。それの反力(青矢印)を生むのがクラッチスプリングです。
構造が理解できていないと分かりにくい部品ですが、現物を見たら分かりやすいですね^^
主に、エンジン回転数を硬さで制御している、兎に角人に代わりクラッチ操作してくれる大事な部品なんです。

ベルト、ウェイトローラー等も一緒に交換です。
次回の点検時期は、1万5千キロ更に走行されてからとなりますので、当分は大丈夫です。
TT駆動系修理完了 (24)TT駆動系修理完了 (23)

以上交換作業でした!
今回のような修理も稀ですが、ヤマハ車両は結構多いところとなります。
ギヤ鳴りが激しく、気になる方はお問い合わせ下さい~


それでは、TTさん納車の方お待ちしております^^
ご依頼ありがとうございました!












スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« NHさん カワサキ ゼファー1100改修理!  |  HNさんヤマハ SDR200始動困難修理見積! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/422-babc4426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。