04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KMさん・ヤマハ グランドアクシス100 点検見積! 

こんにちわ

Rです

今日は、先日お預かりしたKMさんのグランドアクシス100の点検が終りましたので報告です。
KM点検見積 (4)お知り合いから譲って頂いたらしいのですが、1年ほど動かしていなかったらしく調子がイマイチなのだとか・・
点検をお勧めしたところご依頼をいただけました。


さて点検見積とは、何をするの?
通常の修理では、調子の悪い部分だけを修復するのにいくら掛かるのか?と言った見積になります。
普段からの整備が行き届いてその様なオーナーさんも車両を熟知している車両などでは、個別の修理見積で大丈夫なんですが、初めてのバイクだったり、個人売買などで入手したが、ここまでの修理履歴などが全く分からない場合は、バイクの健康状態を把握できておらず、急な故障に見回られがちです・・・
その際の急な出費ほど驚き、がっくりする物はありませんよね?・・

最近は、個人オークションや、通販などで遠方より取り寄せた現状売り車両を購入し乗られる方が多くなっています。
地元バイクショップ経由での購入であれば、アフターサービスも有り、相談にも乗ってもらいやすいでしょうけど、個人売買や遠方のショップだとそうはいきません。
そんな時に当店の点検見積サービスを利用してください。
有料ですが、確実にあなたのバイクの健康状態は把握できると思います。
車両は基本お預かりですが、お客さんの目の前で作業する事も点検のみのご依頼でも承ります。
実際にこの後、KMさんの実例を参考にして頂けたらと思います。
基本は下の点検記録簿に沿って、分解点検を行います。記録簿はユーザー車検用の二輪用記録簿です。KM点検見積 (5)ここに書かれている内容だけでは不十分ですので、ここに当店オリジナルの点検も含めての実施となります。
料金は50~125ccまでの車両で7,350円~8,400円それ以上の排気量は基本10,500円からとなります。
点検を実施し、出てくる故障箇所や、調整箇所、修理内容を見積書にまとめて言葉と画像などでのブログによる報告。
電話にて補足も交えて見積金額の報告し、最終ご説明まできっちり致します。
そして、結果どうするのかお客さんのお返事を頂き、内容を決定し修理作業再開となる流れです。
直接車両を確認しながらのご説明も、書面による見積書の作成も当然対応可能です。
ブログによる報告も、わざわざお店に足を運ばなくても済むような内容ですので、安心です!
実際お客さんからの評判も良いみたいですので、お勧めできます!!

それでは、KMさんのグランドアクシスの点検をご報告していきます!
最初は電気回りからの点検です。
今回ご依頼の切っ掛けになったバッテリです。
エンジンの始動がスタータボタン(セルボタン)では出来ない。キックでは始動するといった内容でした。バッテリーの点結果は次の通り

通常の電圧をチェックしました(イグニッションキーOFF)KM点検見積 (2)11.38V
この時点で通常12.6V以上ないと健康とはいえませんが大きく下回っています。
イグニッションキーONの時は更に下がり,11V弱でした。
始動する為に、スターターボタンを押します。KM点検見積 (3)6.21Vを表示
この電圧ではスターターモーターは回せません・・・
因みにKM点検見積 (12)本来YTX5L-BSが正規品なんですが、入っていたバッテリーは4L-BSでした。。。そもそも容量不足です。小さい物ですので、隙間を埋める為にスポンジにて底上げまでしていました。。。KM点検見積 (13)
経年により傷んでいる事もあり、先日伝えていた様に交換です。
幸い違うバッテリーによりセルスタートは確認できていますので、バッテリーの交換だけで大丈夫だと思われます。充電の方もエンジンが掛かりさえすればちゃんとしてくれているようです。

少し、エンジンを始動してから調子を見るために試乗してみたのですが、変速がうまく出来ていません。
走行距離が1万キロほどですが、駆動系(ドライブベルト周辺)の消耗が進んでいそうですね。後でまた詳しくお伝えします。
それより、試乗中気が付いたのですが、車体の方は真っ直ぐ走っているのにハンドルだけが右に少し傾いていました。
足回りも以前に何かあった可能性があります。KM点検見積 (6)幸い走行には支障無さそうですが、ハンドルの軸だは、行ったほうが違和感が無くなって良いと思います。
ついでに過去の事故歴が無いかチェックしてみました。
KM点検見積 (7)センタースタンドにて直立させてある状態です。
ここで一つ気が付きました。KM点検見積 (9)後輪タイヤが地面に接触しています。。。
通常、後輪は1~2cmほど浮いているのが普通なんですが・・・
フロントの足回りにを見ていきます。
KM点検見積 (18)フォークが内側に曲がっているのかと疑ったのですが、異常は無さそうです。
しかし、フロントフェンダーに事故の名残が残っていました。
KM点検見積 (10)KM点検見積 (11)フロントタイヤの直ぐ後のフェンダーにタイヤの擦れた痕跡があります。
何時付いたものなのかは特定できませんが、通常こすらない場所ですので、擦るぐらいに大きくフロントの足が曲がったと見て取れます。。。
今の状態では擦りませんので、やはり、過去に事故がありフォーク、ステム当りの修復修理を受けていると思えますね。。
でも、このままだと、辻褄が合いません。
フォークが真っ直ぐで尚且つ真っ直ぐ走るのに、後輪タイヤが接地するという事は・・・
フレームが少し伸びているのではないでしょうか><
念のために、曲がりやすい部分をチェックしました。
KM点検見積 (16)KM点検見積 (17)酷い曲がりや、フレームの損傷箇所は見つかりませんでした^^
少し、フォークが立ち気味で直進安定性に欠けるかもしれませんが、違和感を感じておられないようですので大丈夫だと思われます。
車体の方も真っ直ぐ芯は出ていそうですし。気になるようなら修正若しくは、フレームの交換しかありませんので乗換えをお勧めします。。。またご相談下さい。

点検を進めます。
フォークのオイル漏れ、フロントホイールのベアリングは異常無しです。
ステムの動きも問題なし!
フロントブレーキに点検を進めます。
この車両はディスクブレーキです。先ずは、ブレーキキャリパーから・・
KM点検見積 (19)KM点検見積 (20)KM点検見積 (22)KM点検見積 (24)分解しパッドの残量を計測3.45mmでした。まだまだ大丈夫です。メーカーは台湾製の無名ブランドだと思われますが、効き味は悪くも無く良くも無くと言ったところで問題は有りませんが、キャリーパーのピストン部が汚れています。キャリパー、ピストンの掃除、グリスアップし揉み出し作業が必要ですね。
レバー側のマスターシリンダーも調べました。
KM点検見積 (34)右側のレバーの根元にマスターシリンダーと言うブレーキの油圧を発生させる部品があります。
ヤマハのマスターはフルードの点検窓が物凄く弱く経年でひび割れ、最悪穴が開く物が多いのですが、この車両はまだ大丈夫でした!KM点検見積 (36)まだもう暫くは使えそうですw良かったですね!
ただ、中に入っているフルード(ブレーキオイル)の状態がよくありません。もう長い間交換されていなかったようで、フルードは真っ黒に変色していました。KM点検見積 (37)交換し、エア抜きが必要です。

タイヤの状態
フロントタイヤからKM点検見積 (31)製造年のロットナンバー 
2407 数字の意味は07年の24週目に製造されたと言う事です。4年前のタイヤだと言うことが分かりますね。
表面は若干硬くなってきていますので、冷間時の仕様は気をつけてください。寒い時は滑りやすくなっていると思われます。
溝の残量 フロントタイヤKM点検見積 (25)一番減っている場所で3mmでした。6部山と言ったところです。まだ大丈夫です。
リヤタイヤKM点検見積 (27)5.45mmでした。まだまだ深さは十分です。
ところが、前後共に空気を入れるバルブに亀裂が見つかっています。
KM点検見積 (28)KM点検見積 (30)KM点検見積 (29)この部分も亀裂が入ると千切れるまでに時間の問題で、切れてしまうと一気に抜けてしまします。
空気が抜けると走行は不能になりますので、至急交換が必要です。

お次は後輪ブレーキです。こちらはドラムブレーキですね。
KM点検見積 (26)KM点検見積 (32)KM点検見積 (33)ブレーキシューの残量は申し分ありません。2.90mm次回タイヤ交換の再に交換をお勧めします。
フロンと同様に汚れが蓄積していますので清掃し、グリスアップが必要ですね。
リヤ周辺のサスペンション、軸受けのベアリング等は問題は有りません!
以上で足回りのチェックは終了。お次はいよいよエンジンですね。

点火プラグの状態KM点検見積 (38)状態は悪くは有りませんが消耗が進んでいました。
始動性がイマイチだとお聞きしていますので、一度交換しておいた方が良さそうです。

次はエアクリーナーエレメントの状態KM点検見積 (40)エンジン前方にエレメントの納まるエアクリーナーBOXがあります。
KM点検見積 (43)取り外しました。この部分はエンジンが吸い込む空気のホコリを取り除く大事な役割を担っている場所です。
KM点検見積 (48)KM点検見積 (49)KM点検見積 (47)この黄色のフィルターがエアエレメントになります。汚れが蓄積し、裏側はスポンジが経年でボロボロになっていました。取り囲むBOXもホコリ等でドロドロ・・・エレメントは交換、BOXは洗浄しパッキンなどは交換となります。
調子を良くするには必須の部品ですので、こちらも作業は必要です。

そして、いよいよ本丸キャブレターです。
キャブレターとは、エンジンが吸い込む空気に計量したガソリンをガス状に混合する重要な役割を担っています。
KM点検見積 (51)ガソリンが滲んでもれていました。調子も然ることながらこのままでは危険ですので、キャブレターのオーバーホールが必要です。。。
そしてその先にありますエンジンとキャブを繋ぐマニーホールドもチェック!KM点検見積 (54)ヤマハのマニーホールドは劣化が進むとひび割れが発生し、吸ってはいけない2次空気を吸うようになります。吸い込むと、エンジンの吸い込む混合ガスが薄くなり調子が崩れていきます。場合によってはエンジンの焼き付き・・・と言う事もありますので、こちらの点検も外せません!
KM点検見積 (52)大きなひび割れは無かったんですが、キャブレターの継ぎ目が少しへ経っているのかガバガバになっており、キャブレターが固定されていません・・・交換しておいたほうが良さそうですね。。。
エンジン主要部品は以上です。
そのほかに、オイルタンク周辺に漏れたような形跡がありますが、どうも補給の際にこぼした後のようです。
綺麗に清掃しておきます!

お次は変速の要である駆動系のチェックです。
走った時に感じた不快な感触は、ここの部分が原因だと思われます。場所はエンジン左側後端のケースカバーの中となります。KM点検見積 (42)
分解KM点検見積 (56)中には、変速機になるドライブプーリーとドライブベルト、クラッチ、ドリブンプーリーが入っています。
更に分解KM点検見積 (59)1万キロ走行の割りに結構傷んでいます。。。錆や消耗が激しいですね^^;
全て部品をチェックしたところ、ドライブベルト等が交換対象です。KM点検見積 (60)KM点検見積 (61)KM点検見積 (62)ベルトはプーリー等の錆に引っかかり消耗していました。2枚目の写真のように肉割れも目立ちますので、このままの使用は危険ですね。。切れてしまします。切れてしまうと動力が後輪に伝わらなくなりますので、その時点で走行不可能になりますから交換しておいたほうが良いでしょう。
KM点検見積 (64)KM点検見積 (66)
他の部品はスライドピース意外は全て使用可能です。綺麗に洗浄しグリスアップ後再使用できます。錆びた後もベルトで鏡面され、ヤスリ状ではない為大丈夫でした・・・
ケース内部もベルトの削りカスで真っ黒け・・KM点検見積 (57)KM点検見積 (58)^^;;エアブローにて、綺麗にしておきます。
駆動系最後は、ファイナルミッションギヤのオイルです。KM点検見積 (71)こちらは色や状態の把握が出来ません。大体1万キロごとに交換が推奨ですので、交換をお勧めします。

最後に書き忘れていました・・
ヘッドライトの点灯不良ですが、電球切れである事が判明しました。交換ですね。

さて要約これで作業は終了・・・KM点検見積 (81)KM点検見積 (74)

点検作業ではこの状まで分解されます。
流石にここまでやると無料ではできませんので、ご理解頂けるかと思いますが、逆にここまでしないと正確には診る事が出来ません。
ですから、状態の把握になるんです。
見た目はマシなバイクも経年経過でいろんな部品が劣化していきます。
走行距離で消耗する部品、経年で傷んしまう部品と、色々御座います。。。

只今見積もり作業を完成すべく作業していますので、KMさん今しばらくお待ち下さい。
当面使用する予定でしたら、作業しておいた方が良い所ばかりですので、ご検討宜しくお願いします!


スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« YMさんApe&KTさんフォルツァ 進捗状況!  |  NMさん・NS250R完成!試乗結果報告!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/407-53da0703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。