10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KMさんカワサキZEPHYR1100足回りリフレッシュ!&IMさんホンダNSR50フロント足回り修理、タイヤ交換! 

こんにちわ!

Rです
取り急ぎの報告です!!

先日からKMさんよりご相談頂いていたZEPHYR(ゼファー)1100の足回りの修理!
昨日ご入庫頂きまして、詳細が分かったのでご報告です。
以前、燃調不具合での修理で試乗した際にフロントフォークの不具合を確認し、ご相談となっていたんですが・・・
兎に角、フロントフォークがアブソーバーの機能を失っており、走行するとバネの反力をそのまま伝える状態でした。簡単に言いますと、バネだけの状態で、ふあふあしてしまい、全く安定感が無い状態です。一度底付してしまうと、跳ねてしまう位に・・
大変危険な状態です。

経験上色々な壊れたフォークを見させていただきましたが、今回のような状態は^^;初めて・・・です。
それぐらい酷い物でした。
余程の事がフォーク内で、起こっているのだと思いますが、実際はどういうことなのか調べてみましょう。
KM前後足回りリフレッシュ前足を外してしまうので、部品が届くまでの間は動かせません・・・ですので、リヤ周りを固定し店内の隅っこで作業開始!フロントフォークを外していきます。

KM前後足回りリフレッシュ (2)KM前後足回りリフレッシュ (3)右側のインナーチューブには次回オイル交換のお知らせラベルが貼ってありますが、作業中破けてしまいますので、トップブリッジ手前右側面に貼りなおしておきました。

作業は続きまして、フォーク脱作業は終了。KM前後足回りリフレッシュ (4)KM前後足回りリフレッシュ (6)フォークの部品が届き修理が終わるまではこのような形で保管となります。万全を期してはおりますが・・
ご来店の常連さんの皆様へお願い!
どうぞ触れるのことのないようにお願いいたします!危険ですので。。。

では作業に戻ります。
まずは、外れたフロントフォークの分解KM前後足回りリフレッシュ (7)KM前後足回りリフレッシュ (8)ダストシールをめっくってオイル漏れが無いかチェック!
KM前後足回りリフレッシュ (9)オイルシール上面にオイル漏れは確認できませんが、若干錆が出始めていました。グリス気が無くなりダストシールより水の侵入があったようです。
分解作業に伴い固定用のスナップリング(錆びの原因になる為)全て交換になります。
更に分解KM前後足回りリフレッシュ (10)オイルを抜きました。
以前交換をされたとのことですが、結構汚れが酷い状態でした。サスがよく動いていたので仕方ありませんね。。
インナーを分解KM前後足回りリフレッシュ (11)カワサキのマニュアルによると、スプリングのピッチの細かい方は上面に向けなければいけませんが、逆向きに入っていました。
通常はこの状態が普通なので、車種による違いですが、やはり毎回確認作業はしたほうが良いようですね^^;
気をつけましょう。。。
分解し、今回の原因を探るべくインナーチューブの底部のフリーバルブを確認。。
汚れや分解作業時のウェスの糸くず等により、フリーバルブの固着が稀にありますので・・・KM前後足回りリフレッシュ (12)ここで、インナーチューブ(パイプ)の異常を確認しました。
赤丸の部分に通常開いていない筈の穴があります・・・??
おまけで通常あるべきところには、穴がありません・・・何で??

しかし、調べた結果・・今回の主原因である事が判明

通常カートリッジタイプでない正立フォークの場合は、下の写真のようなフリーバルブがインナーチューブの底部にはあります。KM前後足回りリフレッシュ (15)KM前後足回りリフレッシュ (16)以前交換となった違う車種の物で比較
しかし、このゼファーの物は・・・ありません・・・KM前後足回りリフレッシュ (17)
すなわち、取り除かれたか、全く違う物が入っていると言う事です。
本来、このフリーバルブと後に出てきます部品(シートパイプ)の組み合わせで、油の通路を形成し減衰力を発生させていますが、それが無いのですから、減衰力が生まれる筈も無いんですね・・・
穴の位置もおかしいし、恐らくインナーチューブの直径だけが適合しているカートリッジタイプ用のインナーチューブである事で間違いないようです。
過去に、事故を起こし間に合わせ作業により組まれた物ではないでしょうか・・・
そうでないと説明がつきませんし、やるメリットを考えると皆無ですからね><
酷い作業です。。。全く。。。同業者として怒りさえ覚えます。
左右共に同じ状態であると確認も出来ました。

部品を洗浄し詳しく更に点検KM前後足回りリフレッシュ (18)KM前後足回りリフレッシュ (19)スプリングには以前のフォーク曲がりによる癖は残っていましたが、僅かな物で問題はありません。自由長も測定しましたが、殆ど経たっている様子もありませんので再使用可能です。

フォーク内のスラッジには、金属の切削カス等も若干ですが残っていました。それにより、シートパイプのピストンシールにも傷が入っています。KM前後足回りリフレッシュ (27)左からロックピース、シートパイプ。そのシートパイプの上端にはピストンリングが装着されています。
そのピストンリングにがり傷が入ってしまっています。KM前後足回りリフレッシュ (29)残念ながら傷の確認までは写真には反映されてないようですが、しっかり入っていました。。。
その他には、ロックピースには底付により生じた傷が入ってしまっています。KM前後足回りリフレッシュ (31)あまり、問題視されませんが、この部品はフォークの構成上大変大事な部品で、底付く際に最後の最後にオイルロックを起こさせ、金属同士の接触を緩和させる役目がありますので、オーバーホールでは交換をお勧めしています。
上記の記述どおりピストンリング、ロックピースは交換となるのですが、カワサキの場合下の写真のようにアッセンブリ交換しか出来ないんです。KM前後足回りリフレッシュ (32)シートパイプ本体は再使用できるんですがね・・・残念

原因も特定し以下の内容の部品が交換予定です。KM前後足回りリフレッシュ (26)
左側上から
・インナーチューブx2
・ダストシールx2
・スナップリングx2
・オイルシールx2
・スライドメタルx2
・ドレンガスケットx2
右側上から
・トップボルトOリングx2
・シートパイプASSYx2

フォーク構成部品の殆どが交換対称になりますが、電話でお伝えした様に、あの症状を消し去るには致し方ない状況です。
綺麗に組み立て、オイルの方もリヤサスにあわせ少し踏ん張りが利くように数ミリ油面を上げて対処したいと思いますので、楽しみにお待ちください。

さて、残すはリヤサスです!KM前後足回りリフレッシュ (1)
このサスペンションはよくネットで安売りしている代物なんですが、サスとしての性能はかなり低い物です。
重量的にかなり負担が掛かる部分ですが、そういった配慮も無いので、購入には十分割り切った覚悟が必要です。。。
前回の試乗では、発進の際に左右での合成が足り無い事から、スイングアームがよじれてフニャフニャとした感触でした。
実際に何か部品が緩んだりしているではないか??と思えるほどに・・・
こちらの方もKMさんにお伝えしたところ、違和感は感じていたとの事です。
フロントと一緒に対策しましょう!と言う事でオーリンズのS36Pモデルに交換する事になりました!!
性能は、ノーマルより踏ん張りますし、メンテナンス時のオーバーホールが可能なところがポイントです。
値段の方も、ノーマルより安い商品ですので、願ったり適ったりですよねw

オーリンズは問屋の方へ問い合わせしたところ、通常4~5日。間に土日が挟まりますので、1週間程かかるそうです。
リヤサス装着には時間は要しませんので、予定通りの納車は可能だと思われます。
フォークの純正部品の方は11月1日程に入庫予定ですので、作業が進み次第またご報告します!

今回は部品代ばかり掛かりますが、こちらもきっちり作業し答えたいと思いますので、もうしばしお待ちくださいね!KMさん!!


さてお次は、IMさんのNSR50(ミニバイクレース車両)のメンテナンスです!
前回、ブレーキを一新してステアリングストッパーの修正も行ったのですが・・・
その後の練習で、また激しく転倒したとの事です。。。^^;
修正したストッパーも再び飛んでおり><
頑丈にしたつもりだったのですが、それ以上の負荷が掛かったようですね。。。
再度、付け直しのために分解し色々点検してみたところ、ステアリングステム&フロントフォークインナーチューブ&フロントアクスルシャフトがいずれも歪み・・曲がっておりました><
予定通りの納期では間に合わす事が無理になりましたが、きっちり直さないとまともには走れませんので、今回はちゃんとしようと言う事で、部品を手配!!
部品待ちの間にストッパーの修理(今回は一度フレームより外しまして、割れた部分を表裏から熔接にて補強し、しっかりフレームの方へ補強込みで熔接しました)も行い、一昨日全ての部品が届きましたので、作業開始です!IMフロント足回り修理 (4)IMフロント足回り修理IMフロント足回り修理 (1)
ステムはたまたま以前使用していた中古品がありましたのでそちらに交換ですw
曲がったステムIMフロント足回り修理 (6)写真では確認しずらいのですが、車体へ装着しているとシャフトが左へ傾いており、フォークを掴む部分は捩れております・・

フォークの状況IMフロント足回り修理 (7)IMフロント足回り修理 (8)よく曲がっている方で、10mm弱振っています^^;
曲がってない方でも5mm弱でした

以上のことから、インナーチューブ、シートパイプピストンリング、ドレンガスケット、フォークオイルを交換して行きます。IMフロント足回り修理 (11)マスターガードは以前の物が吹っ飛んで無くなっていますので、今回はキタコ製の物をチョイスしました。こちらの方が強度もあり、マスターシリンダーも傷みませんのでお勧めですw

フォーク分解IMフロント足回り修理 (12)綺麗に洗浄し組み付けていきます。
シートパイプはNSR80のものが採用されていますね。IMフロント足回り修理 (13)
ピストンリングを交換しておきますIMフロント足回り修理 (15)ここで、オイルの番手に悩む・・・そしてここで、体重を聞きました^^;女性に体重を聞くのは心苦しいのですが^^;;;

結局、オイルの番手は12.5番に設定。
油面は基準のまま124mm。IMフロント足回り修理 (17)IMフロント足回り修理 (18)
分解前はカヤバ製の混ぜ物オイル(番手は不明)で、油面は基準より10mm程低い状態(約135mm)でした・・
今回は柔らかすぎず、硬すぎずの使用になっている筈です!
IMさんにはもっと勉強が必要ですので、大きな変更はしておりませんww勉強してねwww

ここで、いまさらですが・・・IMさんではなくIDさんでしたね・・(以前から間違っていたのでこのまま行きますがwww)

最後はキャップを締めるのですがw元通り10円玉貯金?IMフロント足回り修理 (19)
これは、その昔イニシャルアジャスターが無い時代によくやった方法で、スプリングの硬さの微調整に10円玉をスプリングの上に何枚か挟む事をしていたのですww
これのことを、フォークに10円とか、20円等を貯金したと当時は言ってました^^

フォークは完成IMフロント足回り修理 (20)
本日残るはタイヤ交換、フォークの組み込みを残すのみです!

今日中には完成させますので、IMさんもう少しお待ちくだされ~



というところで、作業に戻ります。

スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« IMさんNSR50作業完了!  |  NMさんホンダNS250R続き! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/397-42bc44a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。