08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KWさんDUCATI MHR900車検!&SGさんビーノ始動困難修理!&TBさんグラストラッカー始動困難修理! 

こんばんわ

今日は久しぶりに雨でした~
しかし、この雨ニモマケズ仕事しておりましたww

Rです

先日より修理してきましたKWさんのDUCATI MHR900・・
何とか予定通り車検に行ってもらいました!そして無事に合格!!92ご苦労さん!!!
一昨日、KWさんとも連絡が取れまして、遅くなっていた見積もり等現状の具合も報告し、準備してきたのですが・・・
その水曜日の朝に重大なことに気がついてしまったのです・・・
それは・・KWミラーなんと・・・バックミラーが・・・・無いww
本当に忘れてしまっていたんですww
このドカを見た時から、何故かこのデザインに見とれていたのか、結構な時間見ていたのに・・・
この重大な忘れ物に気がついたときは、ほんと・・驚いてしまいました^^;
と、言うことで、KWさんにもお伝えし、急遽用意することになったのですが、これがまた・・無いんですよ><
参考に色々ネットで検索してみるも、全くありません。。。「こまったな・・」これがこの時の本音です^^;
しかし、困っているだけではことが進みませんので、無いのであれば作るしか無いってことで、ネットでの写真を参考にワンオフ作業開始でございました・・
取り付ける場所は、ブレーキ&クラッチのマスターシリンダーのミラー用ホールです。KWミラー (1)丁度カウルとハンドルの隙間にありますので、取り付けるにも一苦労しましたww
まずは、取り付けるミラーを物色!
あれは?これは??中古のミラーを店内で色々出してみますが・・・使えそうなものがありません。。
お!これは!!と、要約見つけたのがこちら・・KWミラー (2)でもこのミラーww
実は私の個人的に置いているCBの部品ですwwwKWミラー (5)あるお客さんに、「部品取り車両」と、素晴らしいお名前を頂いた・・私のバイクwww本当にそうなっちゃいました^^;

でも良いのです!役に立つのだから(TT)

と、言うことで!
早速、切った貼った開始!!
KWミラー (6)先ずは、ミラーステーをカットし逆向きに溶接します!
KWミラー (7)KWミラー (12)KWミラー (13)
そして、黒に塗装しますwKWミラー (16)
お次は、90度向きを変えるためのアダプターも作成!KWミラー (18)KWミラー (19)意外と簡単に出来たつもりが、意外と苦労したんですよww
で車体へ取り付けし・・・写真撮影!!


・・・のはずが。。撮るの忘れてました・・・
また明日でも写真を撮ってお見せしますww

兎に角、ミラー以外にもハンドルロックとクラッチのエア噛みも直し、92に本日車検へ行ってもらいました~
結果・・意外なほどスムーズに合格だったそうです◎
無事に、ナンバーも取得し帰ってきました!
これで、試乗テストもできますね!あと少しです!!
また報告させて頂きます!!


お次の作業は、先日故障探求させていただいた、SGさんのヤマハ4サイクルヴィーノ(ビーノ)です!
ようやく部品の方も揃いまして、明日の納車に向け猛ダッシュで作業開始!!SG修理開始SG修理開始 (1)バッテリー交換のために、一番最初に用意しておきます!この希硫酸を封じ込める作業は、時間をおいてガス抜きしないといけないんです~

お次はエンジンオイルを抜きますSG修理開始 (3)真っ黒・・でした・・
ドレンボルトをしっかり締めまして、新しいオイルを投入です!
当店では、4サイクル原付にはWAKO’SプロステージSエンジンオイル0Wー30を使用しています。
贅沢な!と思ったそこのあなた!!
確かに、グレードからすると贅沢なオイルかもしれませんが、意外なほどに酷使されるのが、弱排気量50ccエンジンであることを忘れないでくださいね!
目安の交換距離は2千キロにしてくださいよ~近場利用で使用されている方は、この距離を走るにはゆうに半年ぐらいは掛かるはずですからね^^;

オイルの色の違いも見ていただきましょう~
新しいオイルはこんな感じSG修理開始 (6)茶褐色の半透明な色をしています。
古い使い込まれたオイルSG修理開始 (7)真っ黒になっています。
この色は、エンジンの中で色んなところを巡りながらエンジン内部を掃除してきた証拠みたいなもんです!
排気ガスの吹き抜けもありますから、汚れるわけです・・・

お次はエアクリーナーエレメントの交換SG修理開始 (9)左が汚れた物、右は新品!これで、綺麗な空気がたくさん吸い込めますね~^^
ついでにエアクリーナーBOXも綺麗にしておきます!SG修理開始 (10)SG修理開始 (11)エレメントの収まっている場所ですから、他も綺麗にしないと意味がありませんからねw
パッキンゴムも新しいものに交換ですSG修理開始 (13)
交換終了SG修理開始 (12)

お次は、先ほどから用意していたバッテリーのガス抜きも終わりましたので、しっかり栓をし電圧を確認しますSG修理開始 (14)OKです!
バッテリーを車体へ装着し、プラグの交換ですSG修理開始 (15)左が旧部品です。ひと目で汚れていたのが確認できますねw

ここで、一度エンジン掛かるか確認です!
SG修理開始 (23)無事に、スムーズに始動成功しました~
バッテリーの充電電圧もチェックします。
充電電圧とは、エンジンが始動されると、エンジンの発電機よりバッテリーを充電するための電気が送られてきます。この電気の電圧が正常であるかのチェックをしておくことが、交換の際には必須作業になります。SG修理開始 (16)少し頼りない感じですが、新しいバッテリーの場合、電圧が高くなることはあまりありませんので、一先ずOKです!
因みに、一定期間使用中のバッテリーでのテストの場合、最高で15V弱あれば良しとされています。
交換したばかり、もしくは、使用期間2~3年で、最近バッテリーが弱ったような気がする方は、一度点検に出してみてくださいね!
バッテリーではなくて、車体側に問題が潜んでいることも少なくはありませんので・・・

エンジンを十分に温めた後は、冷却水の交換です~SG修理開始 (17)古い冷却水を一通り出し終えたら、水道水を一先ず貯め直し、すぐにもう一度捨てます。エンジンが熱いうちにすることが有効になります。
そして、新しい冷却水を用意し、ラジエターキャップを外し入れて行きます。SG修理開始 (18)SG修理開始 (21)ここで、再びエンジン始動し、温めながらエア抜きを行います。
その最中に冷却水のリザーブタンク内も洗浄してから、規定量を補給しておきます。SG修理開始 (19)
これで、冷却水(クーラント)の交換も終わりww
残すは、リヤタイヤの交換のみ!SG修理開始 (22)本当に良く働いてくれました!お疲れ様ww
これで、一通り作業は完了!
しばらくアイドリングさせて様子を見ましたが、しっかりアイドリングしすっかり調子よくなりました~
SG修理開始 (24)
本日ご連絡しましたが、不通でした^^;
作業完成しておりますので、ブログを確認されましたら、ご連絡よろしくです!SGさん!

さてお次の作業は!
こちらも先日報告しました、TBさんのスズキ グラストラッカーの始動困難修理です!
こちらも、バッテリーが主原因でしたが、燃調にも問題がありましたので、キャブレターのオーバーホールから作業となります!TB修理開始 (2)
先ずは、キャブレターの大掃除から!TB修理開始 (1)エンジンコンディショナーに漬け込み、ワニス汚れなどを落としていきます!意外と汚れているもんです^^;
洗浄液の乾燥をしている間に、ガソリンタンクも、一旦ガソリンを抜き、洗浄液で洗浄します!TB修理開始 (4)上から大量の洗浄液を流し込み錆びなどの汚れを排出します^^
その後、自然乾燥し、空気圧で中のダストを吹き飛ばしましたw
目視で確認しましたが、錆び粉は大凡無くなりました^^

お次は、キャブレターの通路チェックをキャブクリーナーで行い、この間指摘した部品の交換を行い組み付けです!TB修理開始 (3)綺麗になりましたw
TB修理開始 (5)TB修理開始 (6)TB修理開始 (8)TB修理開始 (7)緩める際に劣化で傷んでいたネジも交換し、次回作業の時の対策をしておきました。
次は燃料フィルターの取り付けTB修理開始 (9)これでオーバーホールは終了!
取り付ける前に、恒例のスロットルワイヤーの潤滑TB修理開始 (11)
車体へのセットも終了~
次はプラグの取り付け交換TB修理開始 (10)右側が旧部品、左側が新品!一目瞭然!!
プラグの消耗&汚れは直接エンジンの調子に現れるので、こういった修理の際はできるだけ交換を御薦めしています~。エンジン再始動の際に調子が悪いと分かりにくいですからね・・

お次はエアクリーナーエレメントの交換TB修理開始 (12)すっかり劣化し持っただけでポロポロと形状崩壊していきます・・・この湿式タイプはこれが弱点です。
クリーナーのはずが、このような状態になると、エンジン内部に壊れて吸われて逆にキャブを汚しますからね。。。^^;
エレメントの固定台も綺麗に洗浄TB修理開始 (13)TB修理開始 (14)新しいエレメントを装着します。このあと、BOX内の洗浄もして元通り組み付けました!

お次は、TB修理開始 (16)バッテリーの交換です!初充電もしっかりしておきました!

いよいよ点滴燃料でエンジンをかけます!TB修理開始 (19)調子も戻り、絶好調ww

充電電圧も当然チェック!TB修理開始 (17)補給水タイプはこれぐらい元気に電圧が上昇します!OKですね!

乾かしていたガソリンタンクを取り付け、さらに再チェック!当然問題なし!!
チェーンが乾いていたので、グリスアップも施し、作業完了です!
明日天気が回復したときにでも、試乗して結果、ご連絡となりますので、TBさんよろしくお願いしますね!
TB修理開始 (20)


といったところで、本日も閉店ですww
御休みなさいzz・・

スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« KBさんエリミネーター125修理点検&HMさんエストレヤ経過報告!  |  SGさんヤマハヴィーノ4サイクル始動困難修理点検!&KWさんDUCATI MHR900車検修理完了! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/388-1389da56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。