10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

SGさんヤマハヴィーノ4サイクル始動困難修理点検!&KWさんDUCATI MHR900車検修理完了! 

こんばんわ!こんばんは?・・・ホントはどっち?

Rです

え~最近少しバタバタしています・・^^;
修理が増えてきました~お待たせしているお客さんには申し訳なく思う今日この頃でございます^^;

今日は久しぶりに引き取りへ行って参りました~
普段は92に行かせているのですが、出張相談にもなりそうな感じでしたので・・
以前は全部私が行って当たり前だったのですが、たまにはいいもんですねw
今回のお客さんはSGさん女性の方です。
昨日急に、愛車ヴィーノ(4サイクル)のエンジンが掛からなくなったとの事。

最近は気温も下がり、バッテリートラブルが頻発する時期になりましたが、いろいろお話を聞いていると、「やはり!」といった感じです。。。
5年ほど前に新車で購入し、まだ一度もバッテリー交換はしておらず・・今回様なトラブルは初めてなんだとか・・・
さて、何が原因なのか探って参りましょう!
SG始動困難修理点検
現場では、セルスターターによる始動はできませんでした。そこで、キックスターターにて始動を試みますと、意外とあっさり掛かりましたが・・・すぐにエンストを起こします。そしてそれ以降は再始動できなかった状態です。
いろいろな見方が出来ますが、素直にまずはバッテリーを疑います。
何故なら、最近の原付スクーターはバッテリーが元気でないとまともに走りません。
昔のスクーター(2サイクル時代)は、バッテリーが寿命を迎えても走れたものですが、現行モデルの殆どがFI車(フューエルインジェクション)ですので、電気をものすごく使います。
メーカーもそのことを見越して、以前よりは容量の大きいバッテリーを搭載しているのですが、寿命を迎えそうなバッテリーは急に弱りますし、気温などに敏感になりますからね。

では早速調べてみましょう。
まずは、バッテリーの点検からです。SG始動困難修理点検 (1)このバイクの搭載場所は、足を載せるステップフロアーの後端部のカバーを外すと出てきます!
早速、無負荷(メイン鍵がOFFの状態)SG始動困難修理点検 (2)10.21Vこの時点でバッテリー上がりは決定です。通常12.6V以上ないといけません。使用期間も5年ほどですのでやはり寿命なのかな・・
次はメイン鍵をONの状態での電圧SG始動困難修理点検 (3)さらに電圧は下がり、9.19V
この電圧でのセルモーターの駆動はまず無理な状態です。。。フューエルポンプの作動音も確認できません^^;
この状態ではエンジンは掛かるはずがありませんね・・・
やはり寿命を迎えているようです。交換が必要です。
実際、別の元気なバッテリーをつないでみると、ものの見事にエンジンは掛ってくれました~SG始動困難修理点検 (5)
念の為にエンジン始動後の充電状況も確認しましたが、今のところは問題はなさそうです。
現場では、エンジン故障の可能性もお話しましたが、エンジン音はいたって普通の音をしていますので、まずは大丈夫だと思われますwwよかったですね!

お次は、エンジンの調子には不可欠の部品、点火プラグの確認です。SG始動困難修理点検 (15)SG始動困難修理点検 (16)取り付け場所はバッテリーメンテナンスリッドの後方よりアクセスできます。(赤丸の部分)この部品も定期的な点検、交換が必要な部品です。このプラグの電極部がかなり汚れていました~SG始動困難修理点検 (19)走行距離は9千キロを超えたところです。電極の消耗はまだ少ない方ですが、バッテリーの電圧不足から、火花が弱くなり汚れが蓄積したのだと思われます・・・修理後の調子保持のことを考えると交換が理想ですね。
エンジンの大事な部品の一つです!

お次は、エアクリーナエレメントの状態SG始動困難修理点検 (20)SG始動困難修理点検 (21)左側後方のキックスターターの真上にありますエアクリーナーの蓋の下にエレメント(フィルター)は入っています。かなり汚れがこちらも蓄積しています。
SG始動困難修理点検 (22)ドロドロです。。。このエレメントはここまで酷くなると空気を取り込むことが困難になりますので、こちらも交換が必要ですね・・・
エンジンはガソリンと空気を混合したガスを燃料に運転していますが、その大事な空気のフィルターとなるものがエアエレメントです
ここが詰まると取り入れる空気の量が減り、混合ガスの濃度が濃くなりますので、定期的に掃除もしくは交換が必要になるので、今後も1万キロ走行毎に点検の依頼を下さいね!次回は2万キロ前後です。

お次はエンジンオイルの点検です。SG始動困難修理点検 (13)この黒い摘みみたいなものがオイル量の目安になるゲージになります。
SG始動困難修理点検 (14)色は真っ黒・・量もゲージの半分くらいまでしか入っていません。
SGさんのお話だと、忘れた頃に交換をしていたそうな・・・
今回も交換距離を千キロ程過ぎた状態でした・・^^;
50ccのエンジンでは、オイルが1Lも入っていませんので、走行距離を伸ばしてしまうとすぐに減り出します。
減ってしまうと極端に汚れますし、エンジンにダメージを残します。
当然交換しておきますので、次回は目安になります距離な到達した際には、交換に来てくださいね!
今からでも遅くはありませんので、マメにしていきましょう!

さてお次は、ついでに点検のつもりだったのですが・・・こちらも放置気味だったようですので、詳しく書きますかね。。^^;
クーラントが減っていました。。。SG始動困難修理点検 (6)SG始動困難修理点検 (11)クーラントの量は、跨って右側のステップの横手から確認できます。確認した結果・・リザーブタンクのロワレベル付近まで減ってしまっています。。。

クーラント(冷却水)とは??
このエンジンは4サイクル水冷エンジンになります。
エンジンは、内部で燃焼して動力を得ています。
当然ながら熱を発生してしまいますので、効率よく冷却しなくてはいけません。その冷却をこのエンジンではクーラント(冷却水)で、行なっているんですw
毎日乗られている場合は、4年に一度は交換してあげましょう!
このクーラントが無くなってしまうと、エンジンを冷やすことができず・・・オーバーヒートを起こしかねません。場合によってはエンジンを壊してしまう原因にもなりますので、普段から気を付けて置いてくださいね~

クーラントを冷やすラジエター中身も念の為確認SG始動困難修理点検 (12)幸い、今の内にクーラント交換をしておけば十分間に合います!
本日お伝えした見積に交換予定で入っていますので、交換しておきますね!


さて最後は、リヤタイヤです。SG始動困難修理点検 (24)SG始動困難修理点検 (25)真ん中の溝が完全んに無くなっていました。ここまで減ってしまうとお次に待っているのは、バースト(破裂)、パンクです。。。痛い思いを既にされているようですので、もうお分かりかと思います。新品に交換しておきますねww

SG始動困難修理点検 (27)
以上が点検結果です!
既に見積もお伝えし了承も得ることが出来ましたので、早速部品の手配も済ませてあります。
納期も、最短で土曜日!予定通りに行けばの話ですが、頑張りますので納車を楽しみにしていてくださいね~
また、出来上がり次第ご連絡しますw
SGさんもアルバイト頑張ってくださいねww


さてさて、先日より、頑張って作業して来たKWさんのDUCATI MHR900の方も作業が一通り終わり、残すは新規検査を受けるのみとなりましたのでご報告です!
前回はリヤバンク側のキャブレターの洗浄まででしたが、そちらの方も完成し組み上げました。

外注先にオーバーホールに出していた、リヤサスペンションも無事に帰ってきまして・・
KWリヤサス&キャブ調整
サスの状態は比較的ましだったようで、消耗品の交換、油脂類の交換で済んだようです~
で早速車体へセットKWリヤサス&キャブ調整 (1)

次は、キャブレターを車体へセットしていき、切れていたチョークワイヤーの交換も終わりました。KWリヤサス&キャブ調整 (3)KWリヤサス&キャブ調整 (8)KWリヤサス&キャブ調整 (12)チョークレバーのグリスアップもしっかりしておきました!

KWリヤサス&キャブ調整 (13)スロットルワイヤーの潤滑も入念にww

KWリヤサス&キャブ調整 (14)KWリヤサス&キャブ調整 (15)
キャブレターのセットも完了し、ガソリンを点滴にて送り、始動前のフローテストも実施!
ここで、またまたトラブル・・・
以前から装着されていたフューエルフィルターのフロント側でガソリン漏れが発生><
調べてみると、フィルターの上下からガソリンが漏れてきています。。。
ということで、燃料フィルター&ホースを交換しておきました。KWリヤサス&キャブ調整 (19)KWリヤサス&キャブ調整 (20)KWリヤサス&キャブ調整 (26)
その後、エンジンオイル交換、プラグ交換をして、いよいよ・・wwKWリヤサス&キャブ調整 (18)KWリヤサス&キャブ調整 (16)
一回目のエンジンを始動!!
調整を繰り返しながら様子見を実施。同調の撮り直しをしてようやくアイドリングも落ち着きを見せています!KWリヤサス&キャブ調整 (25)KWリヤサス&キャブ調整 (17)

ガソリンタンクも載せ直し、作業も最終段階へKWリヤサス&キャブ調整 (21)

バッテリーも再度充電をし直しました。
よく分からないのが、バッテリーの充電環境です。
エンジンが始動してからのオートバイによる充電が少し弱いように感じます。。。
調べてみると、このモデルでは、レギュレーターが弱いらしく充電も頼りないのだとか。。。
ひとまず動けるようになったら、また交換や点検を実施したほうが良さそうな感じです!

シートなども再度取り付けなおし、車体はほぼ完成!!
停滞していた見積の方も、遅くなりましたが、無事に完成し、金額もほぼ確定しましたので、お昼に電話連絡!!
のつもりが、お忙しいのか結局連絡まではできませんでした。。。もしこのブログ見てくれているなら。お時間ができたときにお電話よりご連絡をください!
予約の方は金曜日(14日)を予定しています。
色々不安なところもまだまだ多いのですが、車検で無事合格がもらえるように試行錯誤してみようと思います。


それでは、またご連絡お待ちしておりまので、よろしくお願いします~


スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« KWさんDUCATI MHR900車検!&SGさんビーノ始動困難修理!&TBさんグラストラッカー始動困難修理!  |  HMさん エストレヤ シフト&スタータ故障探求! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/387-c24c615e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。