07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KMさんゼファー1100燃調不具合点検!&KWさんDUCATI MHR900報告!&アドレスV100仕上げ?!納車?!^^; 

こんばんわ!

いよいよ10月ですな~
と言いつつ・・・もう3日ですが・・・w

Rです

9月後半から、忙しくなってきました~w
ここ2ヶ月暇だったので俄然やる気になってます!!

早速ですが、頑張って書きたいと思いますww

まずは、今日相談でご来店になったKMさんのカワサキゼファー1100初期型です。KMキャブ
先日お電話でお問い合わせ頂いていたのですが、内容は次の通りです。
マフラーからのアフターファイヤーが酷く、走行していても若干のギクシャク感が気になる。
中古で他店でのご購入から、一度中古キャブレターへ変更してみるが、相変わらず症状が収まらず(以前のキャブの方が調子はましだった)直して欲しいとの事でした。

電話で話を聞いていても突っ込んだ話が出来ないために、ご来店の約束を取り付け、本日御来店となったのですが、思っていたイメージよりも、車体の状態は綺麗で私自身少し驚いたのですが、色々お話を聞いたり、調子を伺ったりしていると、やはりキャブレターに問題があるように思えました。
夕方車体の方をお預かりして、分解前に一先ず試乗してみました。
KMさんの仰ることがよくわかりました!

先ず最初に・・・・
今回の修理の内容とはまた違うのですが、やはり前後の足回りがかなり危険に思います。
減衰がほとんど効いておらず、気を抜くとどこへ飛んでいくのか分からず、正直安心して乗れたものではありませんでした。。。
今回エンジンの調子を頑張って良くしていきますので、時期を見て早々に直すようにしましょう!

さて、話を戻します。
症状の確認もできまして、確信することができました。
ズバリ、キャブレターに何かトラブルを抱えているようです。
今日は分解し、何が原因しているのかを検証していきたいと思います。
KMキャブ (1)アフターファイヤーの原因の一つがわかりました。
その答えはこれ!
KMキャブ (2)燃料タンクのコックにつながる負圧ホースなんですが、亀裂がものすごく深くなっています。ここから2時空気を吸っていることも要因の一つです。
そして、もう一つわかりました。
キャブの分解を進めながら説明していきます。
KMキャブ (3)KMキャブ (4)KMキャブ (5)フロートの色が一つだけ違います。ここだけ何故か新品に交換されているようです。
特に油面が狂っているようではありませんので、問題はありませんが、なぜ交換に至ったのかがものすごく個人的には気になります。
外見が物凄く綺麗ですので、想像は付いていましたが、中身についても綺麗な状態を保っていました。
付いているジェット類も確認しましたが、ひどい汚れは特に無いようです。
番手違いのジェットもマニュアル通りに取り付けてありました。

しかし意外な部分で組み付けミスを発見しました。
KMキャブ (10)この写真では、間違い探しのようになりますがよく見てもらうとわかると思います。1番2番キャブのアップ画像なんですが、キャブ中央の穴からひょこっと顔を出しているジェットニードルの先っぽの見え方が違うことが判るとお思います。
さらに拡大すると・・・
1番キャブレターKMキャブ (7)
2番キャブレターKMキャブ (8)
2番キャブレターのニードルが正常です。
ニードルに触れると、1番のニードルは取り付けされている根元の部分で1mm程縦方向にがたがありました。
これらは、3番4番でも同じ状況でありました。
1番3番で組み付け不良があるようですね・・・
早速、キャブトップも分解し、状況を把握してみます。

KMキャブ (13)
左から、リターンスプリング、シート、ジェットニードル、ダイアフラムという構成です。
このリターンスプリングがシートごしにダイアフラムのピストンと一緒にニードルを固定していますが、シートがピストンの中から外へはみ出しているニードルを半固定していますが、通常ですと遊びは殆ど無い状態です。
1番、3番は、シートがしっかり嵌っておらず、遊びのある状態でした。
アイドリングや出だしなどで少し不安定な感じが出た理由は、この部分だと推測します。
1mmぐらいの遊びですが、エンジンの調子に直接係る部分ですので、ものすごく大事になるのです。
組み付け時にしっかり組み直しておきます。

その他の部品も一旦外してみました。KMキャブ (12)酷い汚れも破損も見られませんでしたが、フロートバルブが少しお疲れ気味ですので、部品取りのキャブレターよりパッキンと一緒に組み替えさせていただき、キャブ本体は洗浄して、再確認後様子を見ようと思います。
メインジェットも幸いアフターファイヤー防止になる1ランク濃い物が、部品どりに装着されていましたので、そちらも利用して見ます。
KMキャブ (14)

最初に触れました負圧ホースは長さが余分にありますので、損傷部位の切除で対応しますので、今回は特に新品で用意する部品もありませんので、納期の方も随分短縮できそうです!
今日は、分解から考察までですが、また明日より時間を見て作業しますので、その後報告していきたいと思っています。
KMさんよろしくお願いします!!

さて、お次はKWさんDOCATI MHR900のその後です!
KWドカ車検修理キャブ・サス (8)KWドカ車検修理キャブ・サス (9)
リヤサスの方もサス屋に送りオーバーホールをお願いしました。
KWドカ車検修理キャブ・サス (5)
オイル漏れのあった左のサスKWドカ車検修理キャブ・サス (7)KWドカ車検修理キャブ・サス (6)ガスタンクにも大きな傷が内側に有りました。再使用には問題ないと思うのですが、サス屋の見積が少々気になりますね・・・・
ただいま見積もりをお願いしていますので、まもなく今回の車検修理お見積りが出ると思われます。
車体の方は、安全に固定していますので、保管の方も御安心下さい!

キャブレターの方も、無事に部品の確保ができました!
KWドカ車検修理キャブ・サス (10)部品は、ガスケットキット・フロートバルブセット・加速ポンプダイヤフラム・チョークワイヤー・中古のチョークジェットです。
中古のジェットはお願いしたショップさんで沢山あるのでと、ご行為で安く譲ってもらった次第ですw
しかし、流石は外車の部品です。。。少し驚きの金額でした^^;
また詳しくは、リヤサス見積が上がり次第お伝えします。

本日は、フロントのキャブレターのオーバーホールから作業しておきました。
まずは洗浄からです。
KWドカ車検修理キャブ・サス (11)エンジンコンディショナー+キャブクリーナーでひとつひとつ丁寧に洗いました。
KWドカ車検修理キャブ・サス (12)KWドカ車検修理キャブ・サス (13)KWドカ車検修理キャブ・サス (14)KWドカ車検修理キャブ・サス (16)KWドカ車検修理キャブ・サス (20)KWドカ車検修理キャブ・サス (19)
洗浄のあとは磨きです。細かな部品が多いのですが、手を抜かず一つ一つ丁寧に真鍮ブラシで磨きました!
そして、交換した部品は、フロートバルブKWドカ車検修理キャブ・サス (21)上が新品で下が今までのものです。見た目にお分かり頂けると思いますw
今回の騒動の原因はこれで解消です~
ということで、部品の組み付けですKWドカ車検修理キャブ・サス (22)KWドカ車検修理キャブ・サス (25)
随分と綺麗になりました。エンジンの再始動が楽しみでなりません^^
また作業が進展したらブログにアップします。

お見積りご連絡までもう少々お待ちください~

さて、最後は、中古車で仕入れたアドレスV100の奇跡です?!
先日92がお伝えしたように、中古車の原付をまとめて最近仕入れてきまして・・
早速、作業に取り掛かった訳です!
そのお知らせをこの間92がしたところですが、その時にNMさんがコメントしてくれたので、私がいそいで仕上げを開始!
アドレスV100 (1)先ずはキャブレターのオーバーホール!パッキンとフロートバルブを新品に交換し調整も済ませました!
燃料が古いことが有りましたので、そちらも抜き替えまして、エアクリーナーエレメントの交換、プラグの交換も済ませておきました。(写真を撮り忘れてしまった^^;)
アドレスV100 (3)
エンジンの残りは、駆動系アドレスV100 (4)アドレスV100 (5)クランクの左側のシールが傷んでいましたので、新品に交換。
ファイナルミッションオイルも1万キロ走っていますので、念の為交換!アドレスV100 (7)このオイルは駆動系のオーバーホール時に交換をおすすめしています。
アドレスV100 (8)クランクケース内もきれいにし、各所分解後グリスアップしておきました。
そして、いよいよ駆動系のパーツを交換ですアドレスV100 (9)アドレスV100 (10)アドレスV100 (11)アドレスV100 (12)アドレスV100 (15)ウェイトローラー、スライドピース、ドライブベルトが少々傷んでいましたので、全て新品に交換しました!もちろん全て純正部品ですwプーリーや関連部品も沢山あるので洗浄からグリスアップと大変な作業です。。。
お次は、足回り!
先ずはフロントのブレーキのオーバーホールアドレスV100 (19)
まずはキャリパーから・・アドレスV100 (16)アドレスV100 (17)アドレスV100 (18)アドレスV100 (20)アドレスV100 (21)シールがピストンに押し出されて出ておりまして・・・オーバーホールとなったのだけど、結構汚れが酷かった^^;
お次は・・マスターオーバーホールです!アドレスV100 (22)アドレスV100 (23)
これでブレーキもバッチリww

大体こんなものか?・・wwいや完璧です!
あとは洗車して磨いて・・・と
アドレスV100 (24)アドレスV100じゃ~~んww
早速、気にかけてくれていた、NMさんに先ずはご連絡~~
そのあと、見に来てくれて^^なんと!

買ってくれましたww
このバイクは勝負早かったですww

でもって、本日無事に納車となりました^^

NMさんいつもありがとうございます!
次は、NS250の整備頑張りますので、また覗きにきてくださいね~~



ふ~~ドタバタとした一日でしたww

それと、久しぶりの長文日記・・・疲れました^^;

では、また明日!





スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« KMさんゼファー1100キャブレターオーバーホール!&その他!  |  HDさんドラッグスター 車検修理その2! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/382-f540bcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。