04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

AMさん VFR400Rプラグコード交換&TKさんDioタイヤ交換! 

こんばんは!スタッフの92です。
僕自身のキャパが浅い為か、相も変わらずパタパタと過ごさせて頂いております!
昨日はAMさんのVFRを少し触り、時間が迫ってきたので車検に行き
その後はどうしても昨日中に片付けなければいけない仕事が、数件有ったのでやっつけておりました。

今日は午前中に、また別件でパソコンと睨めっこ。
それが終わり、今度こそAMさんのVFRを仕上げようとすると
Dioのパンクによる回送依頼を頂き、引き揚げに行って参りました。110906 (2)おもっきし逆行・・・
走行中にパンクし、二進も三進も行かず引き揚げ依頼をいただきました。
問題のリアタイヤを見てみると・・・110906 (4)パンク修理跡・・・
これがタイヤが減りすぎた為に、再び隙間からエアが漏れ出した様ですね。
110906 (5)社長ほど手は早くはありませんが、サクッと新品に交換!
ただ、近々乗り換える予定との事ですので今回は見送りとなりましたが
フロントもツンツルテンなので、要注意ですね。

因みの余談ですが、パンクをした際に車屋さんでも、バイク屋さんでも、ガソリンスタンドでも
パンク修理は受け付けていますし、何処もパンク修理と銘打っておりますが
実際のところはパンクの応急処置という表現が適切では無いかと思います。

パンク修理って、一般的に何をするかといえば
乱暴な言い方をすると、穴の開いたところにゴムのプラグを挿し込み
ゴム糊で固定する方法がおおよそ多くの修理法です。
ここでタイヤの仕事内容を考えますと、加減速の為に
グリップする・ショック吸収すると言うのが、仕事内容の大半となるわけです。
ここで問題になってくるのが、上記2項目を成すためにはタイヤのたわみの発生が大きく関与してきます。
タイヤの残量が多いうちは、たわみも少なく揉まれる量も少ないのですが
溝が減ってくると、たわみも増え揉まれる量が大きくなり
ゴム糊が剥がれて来ます。すると今回のような事になる訳です。

また、グリップ力を発生させようとすると、タイヤの接地面が
路面に引きちぎられる力が発生します。
パンク穴を塞ぐプラグは、ゴム糊の弾性によりくっ付いています。
極々一般的な使い方だと、大丈夫なように造られてはいますが
果たしてどこまで高負荷を掛けて良い物なのかは、正直なところ明確な指標はありません。

簡単・安価で済むパンク修理ですが、上記の理由により修理と呼ぶには僕の中で抵抗があったりします。
当店の場合ですと、チューブレスで基本1箇所1500円~と言う事で承っておりますが
こと原付になりますと、新品タイヤも5500円~で用意しておりますので、パンク修理って尚更難しい問題なんです。

そしてAMさんのVFRに戻りましょう!110627.jpg元々はこんなカラーリングのバイクなのですが110906.jpg缶スプレーの自家塗装でここまで仕上げてしまったそうです!缶スプレーにしては艶も十分でお見事!
聞けばここまで持ってくるのに、散々磨き倒したそうでw
愛ですね~w

今回はプラグとプラグコードの交換のご用命を頂きました!
肝心の作業中の写真が、例によってろくに無いのが申し訳ないです。
110906 (9)唯一の作業中の写真・・・
タンクを外しついでに、エアクリーナーを見てみましたが非常に綺麗でした。

作業の流れは
フロントバンクは、アッパーラジエタをずらして、リアバンクはタンクを外してと言う流れです。
110906 (6)先ずはプラグを外します。左から順に#1.2.3.4
それなりに汚れていますね。ただそれより気になったのが、#2(フロントの左)が全然締まってない・・・
他の3本はちゃんとしまっていたのに、ここだけ手で緩むレベルだった・・・
それでも吹き抜けの汚れはあまり無かったのですが、だからと言って見逃せる問題では・・・
110906 (7)新旧比較!やはり旧部品の中芯電極の角は丸くなっています。110906 (8)そのままプラグコードも交換!
旧部品は硬化が進んでおります。VFRの純正部品は、生産中止だったので後継車のRVFの物を使用します。

っが!ここで問題発生。リアバンクは問題なく取り付けられ
フロントバンクも#2は問題なく組めたのですが、#4がRVF用だとすごく短い・・・
RVFはフロントバンク用のIGコイルの搭載位置が違うようです。
なので、旧部品の一番程度の良さそうな物(何故か#3だけ元々RVF用だった)を
アダプターで切り継ぎ対策としました。
110906 (10)110906 (11)そして完成!VFR用は赤コード+黒キャップですが、RVF用は青一色となります。
赤も主張が強くて良いですが、なかなかどうして黒のカウルに映えてシブいですね!

そのままタンクも組み付け、始動確認し・・・OK!
トルクが太っていると良いな~。
しかし何時聞いてもホンダのV4エンジンは良い音がします。
無意味にエンジンを掛けておきたくなりますねw

と言う事で、本日の作業はこれにて終了!
AMさん!お時間掛けてすみませんでした。

ではこれにて!スタッフの92でした。
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« SDさんFZR400RR-SPキャブレターセッティング続き!&9月4日OKADA杯6時間耐久レースレポ!  |  SDさんFZR400RR-SPキャブセット開始! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/363-1772da48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。