10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

FMさんシグナス点検・異常探求! 

こんばんは!スタッフの92です。
FMさんのシグナスの点検を担当させて頂く事になりました!
よろしくお願いします。

と言う事で・・・またもザックリですが・・・
110803 (9)FMさんのシグナス!
正式にはCYGNUS X 4V と言うモデルになるそうで、所謂台湾ヤマハ製の並行輸入車です。 

先ずは見辛いブレーキ!110805 (2)ピストンは綺麗だし、シールの迫り出しや引きずりも発生しておらず
キャリパーに関してはOK!
110805 (19)ただ、ブレーキオイルは良い色していたので要交換です。
この状態でよくあのキャリパーを維持出来ていたな~・・・
他は画像が無いのですが、ステムベアリングやホイールベアリングも問題なし!
5万キロ程走っていますが、思いの外程度は良い(手入れされていた)のかも!?

続いてリアホイール周りの点検に!
マフラーを外し、アームを外す段になって変な物が視界に入ります。110805 (4)えぇ?緩んでる!?
では無く、どう言う訳かシャフトに対しカラーが長い模様。何故?
原因を探るべく、分解すると・・・
110805 (5)カラーが段付に加工してることが発覚し、現状では裏表の組み損じのようです。110805 (7)こんな感じのブツで110805 (6)現状だとこう組むのが正解ですが、どうにも長い。
ディーラー車のパーツリストを見ると、この部分は段付の無いカラーが収まっているようです。
誰かが紛失した際、手頃なのがあったから入れたのかな?
しかし、ここのナットはセルフナットロックと言い
先端の切りっ放しの部分で、ロックがかかるナットなのにそこまで至っていないし
ナットの7割しか掛かっていない・・・回転体で、結構力の掛かる部分なので元に戻した方が良いですね。
ただ、ここで問題になってくるのがこの車両は並行輸入車と言う事で
ディーラー車と同じ部品を使っている「だろう」という、予測の元でしか部品の発注が掛けられません。
基本構造は同じなんですがね~・・・難儀です・・・ま、この部分は大丈夫だろうと思うのですが。
110805 (8)110805 (9)そこからリアブレーキの消耗品は・・・OK!
車体周りに関しては、大体以上の辺りです。距離を走っている割に結構優秀ですね!
110805.jpgあとはフロントタイヤが、そろそろ交換ですね。

さ!エンジン・駆動へ行きましょう!
110805 (15)先ずはエンジンの圧縮圧力の測定!
これまた、中々の数値で合格!オイルもそれなりに管理して乗っていたのかな?110805 (14)点火プラグは、換えてあげてもいいかな?と言うレベル。
最終的な詰めの段階で、どうするか決めると言うのでいいのではないでしょうか?

続いて吸気・駆動系!
110805 (11)エアクリーナーボックスです。110805 (12)開けゴマ!ぼちぼち汚れていますね~。110805 (13)ケースの裏面も砂塵が結構付着しています。
110805 (21)そしてそのまま駆動系を開けます!
110805 (23)110805 (22)段付や極度の磨耗も無く110805 (24)ベルトの状態も悪くは無いです。このまま1万キロ位は行けそうかな?
ただ、ファイナルギアオイル(車で言うとこのデフオイル)は抜いてみないと状態が見えず
何時から換えたかも分らないので、出来ればこちらは今回念の為、交換が良いと思います。

そして今回の本丸、電装系!
どうにも、試乗の雰囲気や、ここまでの車体の状態を見ていても
不具合の原因は電気系の様に思います。
現在着いているバッテリは台湾ユアサ製。
ライセンス生産品であり物は悪くは無いもののやはり、国産ユアサと比べると一歩劣ります。
ただ、数値的に見て極端に悪い物ではないのが釈然としない部分ですね。
そこに起因するのか、5万キロと言う距離の為にセルモーターに汚れが堆積し
パワーロスになっているのか・・・?
ただそれでも、エンジンストールや始動後の不調に繋がる物とは言いがたいのが現状です。
試乗の時点でも、そういった現象が発生してもいないので
ここから修理をすると言うことになると、1つずつ怪しい部分を潰していくと言う流れになります。

110805_1.jpg残りの気になる部分・・・出ました!割咬まし。
しかも結構消費電力の多いグリップヒーターを、ヘッドライトの電源線から採っている・・・
あんまり太い線ではないので、熱を持って不具合を起こす可能性も否めません
こちらも出来れば大本のもっと太い電源線があるので、そちらから採る事が望ましいです。
また、グリップヒーター・ヘッドライト・テールランプと着いている電装品を総動員すると
発電電力が、エンジン停止時のバッテリー電圧の12.8Vを下回り12.0Vを切りかけたり、と
この辺りも怪しい部分にはなってきます。
対応策としては、やはりバッテリー交換やヘッドライトが暗くはなりますがワット数を落とし
消費電力を減らしてあげて、様子を見ていくといった形になります。

何時もの如くザザっとの説明になってしまいましたが、点検の結果は以上です。
先ほどお電話でもお伝えさせて頂きましたが、これからの修理は
やるとすれば一つずつ一つずつの、しらみつぶし的な作業になります。

また、見積書も出来上がり次第FAXさせて頂きますので、もう少しお待ちください。

スタッフの92でした!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« KIさんXV750スペシャルキャブレターセッティング!&SD君FZRキャブレターO/H開始!&LIKE A WINDカップビギナークラス1H耐久レース参戦!  |  お店からのお知らせ!! SD君FZR400RRキャブレターO/H&フロントフォークO/H!!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/346-35b9e2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。