03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

YZさんバルカンクラッチ修理!&HNさんJOGメインキー修理! 

こんにちは!スタッフの92です。
先日でひと段落着いたかに見えた仕事量ですが、お陰様でまた日々忙しくなってきております。
本当にありがとうございます!

今日はまずはバルカンクラシック?クラッシック?(どっちが正解なんだろ?w)の
クラッチ張り付きの修理の為の、点検からです!
110713 (2)
と言う訳でクラッチカバーを開けます!110713 (8)と、書けば簡単ですがここまで来るのに冷却水を抜き110713 (5)オイルを抜き(良い色です)
マフラーとフレームのダウンチューブを外し、やっとたどり着けました。

そうこうしていると、手の早い社長が既に110713.jpgヘッドライトの折れていたカプラーを110713 (3)ササッと直しておられました。早い・・・

と、気をとり直して本筋へ・・・110713 (10)クラッチのフリクションプレートは、まるっきりダメと言う感じではないですがあまり綺麗ではなく110713 (11)クラッチプレートは見辛いのですが、錆とまでは行かないものの若干茶ばんでいます。

それもその筈、クラッチカバーを覗くと・・・110713 (6) ・・・110713 (7)エイリアンが巣を作ろうとしていた?
と言う訳ではなく、どうやらエンジンオイルと水が混ざり乳化したようです。
ただ、エンジンオイル自体には水の混入も見受けられず、ウォーターラインの破断も見当たらず。
停車時の油面がクラッチ側は遠いところにあり、結露を起こした物が
その場を退くことなく長い時間を掛けて堆積し乳化まで至ったようです。
その証拠に、カバー前半分の方は極々普通の汚れ方をしています。

この水分が悪さをして乳化した油分が、クラッチの張り付きに寄与していた物と思われます。
点検の結果、幸いクラッチのハウジングなどはそのまま使用できそうなので
今回はクラッチプレート一式・オイル・クーラントの交換で済みそうです!
他には同時に、イグニッションコードからのリークの修理等も含めご連絡させて頂きます!

続きましてはメインキーを破壊し、車両を盗難されかけた挙句
メインキーに残滓が詰り、二進も三進も行かなくなってお電話を頂いたHNさんのJOGです!110713 (15)

110713 (13)何かが詰まって、穴が塞がっております。
重なる時は、似たような修理が重なる物ですがここ最近キー穴の悪戯が多いです。
昨今の外を見ても、不埒な若い衆が最近数を増しているようにも思います。
幸い今回は窃盗まで発展しなかった物の、修理にはやはりそこそこのお金がかかってしまいます。
どうしてもやられる時はやられるのですが、その前に車両を一目見て
窃盗する気をなくさせる状態にしておくのも手だと思います。
当店でも防犯用キーロック等も取り扱っておりますので、良ければ一度ご相談ください。

と言う事で再び本筋へw

メインキーを外すまで、このスクーターは110713 (16)ここまで分解しないと手出しができません。
こちらは、部品の到着までこの状態で待機させておき
到着次第、ササッと組み立てる予定となっております。

では!また作業に戻ってまいります!
スタッフの92でした。
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« ED君ハーレー修理続き!&NMさんNSFエンジンクリーニング!&あれやこれや・・・  |  NMさんNSF補足!&TN君フォルツァHID配線修理点検!&ED君ハーレー続き! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/320-c6f6c316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。