07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

OIさん TZR250R-SPエンジン焼き付き?点検! 

こんにちわ!

昨晩は凄い雨でしたね・・・
さあ、帰りましょうと・・トラックに乗り込もうと外の様子を見ますと・・・・・
とにかく、一瞬でボトボトになりそうな気配がありましたので、一先ず待つことにするぐらいでした^^;
トラックを止めている場所まで、高々20mぐらいなんですがね

Rです

OIエンジン点検
昨日は先日お預かりしたTZR250R-SPの故障探求の為、分解作業に追われておりました^^;
お客さんはOIさんです。
ご自身で、上シリンダーのキャブレターのオーバーフローを直そうと、キャブ分解&掃除をされたそうなんですが、その後調子が悪いとの事。。。
本人さん曰く、焼きついたかも・・・との事。
聞けば、キャブを組み込む際にオイルホース?何かのホースを繋ぎ忘れた??
一度エンジンをかけ試乗後、次の日にもう一度掛けようとした際に、キックが全く降りなくなったそうな・・・
乗れなくなってから、1年ほど放置期間があって、当店に依頼が来たと言う訳です。

焼きつきと決め付けるには早すぎるのでは?と言った所、全くキックスターターが降りないらしくそう思えて仕方がないらしい・・・
でも、前日に乗ったときにエンストを繰り返したとか、焼き付き特有の大きな異音と共にエンジンがロックするようなエンストもなかったらしいのです。。。
OIさんは、エンジンを止めた際に、偶然タイミングが重なったのではないかと、推測されていますが・・・
実際、キックは降りませんし、そのような事が起こるのかな~と疑問に感じるのが本音です。。。
一先ず、何が原因してキックが降りないのか検証していきました!

OIエンジン点検 (3)
タンクを外し、付け忘れのホースが何なのかを見てみました。
結果、コックを動かす負圧をとる為のホースが抜けているだけで、キャブの周辺の取り付けミスは無かったですね。。。
しかし、この負圧ホースは、上シリンダーのキャブレターの根元についている負圧を利用しているので、2次空気が大量に吸われる事になります。でもこのホースが抜けていると言う事は、燃料コックが開きませんので燃料がキャブレターまで供給されません。。コックの切り替えをPRI(強制開放)に切り替えて送ったとしても、上バンクの負圧がホースが抜けている事で無くなりますので、エンジンがストールしやすく物凄く調子が悪いはずなんです。それも預かった状態ではコックの位置はONの状態でした。。。2次空気を吸いっぱなしで全開走行すると・・・焼きつきの原因にはなりますが・・・・
ん~~~~なんだか良く分からん自体になってきました><
悩んでも仕方が無いので、先に進めましょう。

プラグのチェック
OIエンジン点検 (4)左が上で、右が下バンクです。
上バンクの方はカラッとしていますが、下バンクは不燃焼ガスが溜まってました・・・
上バンクは、2次空気流入の可能性が高い事を裏付けていますがね。。。

シリンダー内で焼き付きが起こっている可能性も高いので、マフラーを外してポートから覗き込み直接確認して見ます。
結果、上下共にシリンダーに深い傷も無く焼けているようには見えません。
もっと詳しく見るために、シリンダーヘッドを外します。
OIエンジン点検 (5)
下バンク
OIエンジン点検 (7)
上バンク
OIエンジン点検 (10)
やはり、傷は大きな物は有りませんでした。
ここで、ある程度どこの部位かなんとなく分かってきました。
では、どこでしょう??分かりますか?

先ず、腰上では無いようですね。まだ完全に裏づけは取れてませんが、可能性は高いと思われます。
腰下のどこかになるのですが、ありえる部分は・・・やはりクランクシャフトです。
エンジンは2サイクルモデルですので、4サイクルと違いラジアルボールベアリングが軸受けには採用されています。
このベアリングは、焼けたりするとガタや異音を出し始め、パワーが出なくなります。
非常に分かりやすく反応しますが、完全に固着(フルロック)する事は大変稀な症状です・・・
そこで、他の部位も疑いが掛かります。
1>始動時動力伝達

キックスターター⇒Wポンプ&オイルポンプ駆動アイドルギヤ⇒クラッチ1次⇒クランクシャフト&バランスシャフト

キックが降りない場合は、クランクシャフトに伝わるまでに2箇所経由していきます。
その間で、何かが噛み込んだり壊れたりしていても同じ症状が現れます。

2>駆動時動力伝達

クランクシャフト⇒クラッチ1次⇒クラッチ2次⇒ミッション1次⇒ミッション2次⇒ドライブスプロケット(前スプロケット)⇒ドライブチェーン⇒ドリブンスプロケット(後スプロケット)⇒後輪タイヤ

ここでは、先ずミッションがニュートラルになる事、クラッチを切ると動力が経たれる事から、クランクシャフト⇒クラッチ1次の間で問題が有る可能性があります。

エンジン内部の問題ですので、分解が必要ですね。。。
検証してみます。
OIエンジン点検 (25)SPモデルは乾式クラッチですので、クラッチを先ずは除去
特に問題は無さそうです。

クランクケースカバーを開けてみました。
OIエンジン点検 (19)OIエンジン点検 (18)部品を外して色々調べた結果、やはりクランクシャフトが固着しておりました><
レンチを使って、直接回してみようとしますが・・・ビクともしない状況です。。。

シリンダーも外してみました。
OIエンジン点検 (28)OIエンジン点検 (30)
OIエンジン点検 (26)OIエンジン点検 (27)
シリンダーは再使用が可能と思えますが、ピストンはかなりお疲れのご様子w交換ですね。。。

後。。。意外なことが分かりました。
OIシリンダー組間違い (1)上シリンダーのYPVSの排気バルブなんですが・・・逆さについております・・・

正常な状態はこちら
OIシリンダー組間違い (2)
排気抵抗を減らして、低回転時のトルクの減少を少なくする目的で付いている装置なのですが、この状態では低回転はましだったとしても、高回転域でパワーが全く出ません。。。
過去の整備不良ですね^^;
エンジンをO/Hさせて頂けるようでしたら、キッチリ組みなおしたいと思います。。。

一先ず作業は中断し、OIさんへご連絡~~
ネット環境が無いらしく、連絡がつき次第どうするか要相談ですね!
ご連絡お待ちしております!!
OIシリンダー組間違い (3)OIシリンダー組間違い (4)


さて昨日は、常連TY君からキャンプツーリングに行くので、仮設キャリア?荷物乗せようの板の取り付けのご依頼!!
事前に打ち合わせていて、持ってきてくれたコンパネを取り付けてみました^^
h230705h230705 (1)
早速、簡単な取り付け方法でシーシーバーと固定し出来上がり♪
h230705 (6)h230705 (2)h230705 (3)シーシーバーの連結する部分にV受け加工しタイラップで固定しただけの簡単な物ですが、タンデムシートの上に乗せていますので滑り止めの工夫と荷物をしっかり縛る事さえ出来れば大丈夫ですww
TY君には普段色々ご依頼を頂いていますので、これぐらいの作業ですが、サービスでさせて頂きましたww

初めてのキャンプツー愉しんでおいでよ~~♪


と言う事で、作業に戻りますww




スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 92の作業日報  |  YMさんゼファー400とTYさんDS250の経過報告! »

この記事に対するコメント

SP、良いですね~
YAMAHA大好きな私、めっちゃ欲しいわ~

タコ助 #T/baKjHk | URL | 2011/07/05 15:00 * edit *

タコ助さん>

ほんま、ヤマハ大好きやよねww
でも、後方排気があるじゃないか!!

SPって響きがたまらんよねww

あ~る #- | URL | 2011/07/06 22:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/314-7a0fd324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。