04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

YMさん ゼファー400点検見積り! 

こんにちは、スタッフの92です!
昨日は先日オイル交換に初めて当店へお越し頂いたYMさんが
先日購入愛車のゼファー400(92年式C4)と共に、再度ご来店くださりました。
110626.jpg
昨日お越し頂いた理由としましては、リアブレーキが効かなくなったので
修理して欲しい、との事でのご来店でした。
ブレーキに関しては、エアが咬んでいる為に油圧が掛からず効かなくなっている模様。

ブレーキが効くだけにするので良いのであれば、エア抜きのみの作業となるのですが
基本的に普通に使用していて、エアを咬む部位ではなく
車両もゼファー400でも割りと初期のモデルで
ササッと見ただけで、経年劣化の来ている部位が多そうに見え
何らかの経年劣化が原因で、エアを咬んだのであれば
今回エア抜きをしても再発する可能性もあります。

リアブレーキとはいえ、安全走行における大きなファクターである
制動装置なのでエア抜きのみではなく、一度ブレーキ周りの一掃をお勧めさせていただきました。
また、そうなると万が一予想以上に悪いところがあり、修繕費が思いの外掛かってしまって
修理をキャンセルの場合は見積りの1割を頂かねばならず
今回直して、暫く乗るとなれば追々駄目になってくるところが出てくる事は明白だったので
今回はリアブレーキの修理のみ、と言う事でしたが今後の保険の為に
見積り込みの車両点検をお勧めしたところ、修理から先ずは点検へとオーダーのをスイッチ頂きました。

この車両点検の場合は、点検と見積りを平行して行うため
点検費用の10,500円のみで、車両の健康状態を確認でき
その見積りが幾らになっても、点検でのご用命ですのでキャンセルの場合でも
点検費用のみしか発生しない、サービスとなっております。

さ!と言う事で車両の点検にかかりましょう!
先ずは、スムーズなライディングの肝のフロント周りから!
こちらはホイールベアリング・ステムベアリングとも問題はありませんでしたが
ステムベアリングの確認の為、ハンドルを末切りすると
何故か右に切ったときのみ、ハンドルストッパーが機能せず
ガソリンタンクがフロントフォークと接触してしまっております。
せっかくのタイガーカラータンクが・・・

ハンストに目をやると110626 (1)ハンストの先が居ません・・・
反対は110626 (2)こんな感じです。
ノーマルでは当然このような、ネジ穴は開いておりません。
過去にセパハンでもつけていて、その切れ角対策に穴を開けネジを入れ
ハンドルの切れ角を減らしていたのではないでしょうか?
そして、過去のある日ハンストが当たった時に、穴の所為で強度が下がり頭が飛んだのではないでしょうか?
このままほって置くとタンクを破壊しかねないので、こちらを修理見積りに組み込みます。

そしてそのまま下にくだり、フロントフォークの点検。
現状、漏れは無いですが・・・110626 (8)ダストシールをめくると・・・110626 (7)結構やれて居ます・・・
今は大丈夫ですが、シール自体も結構硬化しており、そう遠くないうちにオイル漏れを起こし
フォークのオーバーホールが必要になるように思います。

残るフロントの項目、ブレーキ!
110626 (13)ブレーキマスター(タンク・レバー)を開けます。110626 (12)予想通り、結構汚れています。
流石に新車からそのままって事は、ありませんでしたが・・・

その流れでキャリパーへ行きますと110626 (4)汚れもさることながら110626 (5)
シール部が捩れ、巻き込まれてしまっています。
劣化でゴムが膨張しはみ出てしまった結果のようです。
このまま置いておくと、ブレーキの効きに問題が生じる事は勿論
最終的にシールの切れが発生し、オイル漏れなどの危険なトラブルが発生します。
また、キャリパーがこういった状態と言う事は、マスター側も想像以上にくたびれている筈。
そこに加えブレーキディスクも実測値で4.18ミリ、使用限度は4.00ミリと目前ですし
ブレーキパッドも110626 (6)このように新品の1/3も残っておりません。
因みに上部の段付が消えると、交換時期となりますが細かいことを言えば
残量の半分も減った時点で効きは明らかに落ちてきます。

フロントのブレーキシステムの総評ですが
安く上げる為に、キャリパーのみのオーバーホールのみと言う手もあります。
しかし、折角キャリパーのオーバーホールを行って
中途半端に終らすのが勿体無いという理由もありますが
19年も前に製造された車両で
何よりも、バイクに乗るにあたり一番命を預けるにあたり重要な部位ですので
一掃しシャキッとした状態にされる事をお勧めします。

そして次は問題のリアブレーキへ。
先ずは、ブレーキオイルの色相を確認する為シートを開けようと思うと110626 (17)なぜか、カバーとの位置が合っていません。
110626 (18)どうやら、取り付けが曲がっているようです。110626 (16)フロントほど汚れていませんが、こちらもお世辞にも綺麗とは言えません。
ほかに目をやると、オイルが漏れたりした様子はなさそう。
そしてリアブレーキパッドは割りと新しく、結構残量が多い。
前オーナーが、いい加減なフルード(ブレーキオイル)周りを整備をして
エアが咬んだのか?だと良いのですが、外観からの目視だと原因らしいものは見えませんでした。
リアブレーキに関しては、パッド・ディスクとも残量は十分なのですが
やはりこちらも、年式のことを考えマスター・キャリパーまで消耗品を交換し
現状を一掃してやるのが望ましいです。

リアサスに関しては、底付のショック吸収のためのバンプラバーが
劣化で千切れ飛んだ様ですが、今の所漏れは無いので様子を見て頂く事に。
ただこちらもフロントと同じく、劣化は進んでいるでしょうから
割りと早くにシールが切れ、オイル漏れが起きるかもしれませんので
日頃から注視していただきたいと思います。

そしてそして!次は駆動系、チェーン・スプロケですね!
110626 (10)フロント110626 (11)リア

チェーンのみ最近変えたのでしょうか?
チェーンの状態は良さそうです。
しかしフロントスプロケットが特に磨耗しており、リアもボチボチちびています・・・
駆動系は基本的に3点セットでの交換をお勧めしております。

何故かと言いますと、チェーンないしスプロケに磨耗があると遊びが増え
そのいずれかの相手側を痛めてしまうのです。
なので、新しくスプロケを入れてもチェーンが古いものだと
そのガタでスプロケが削られ、磨耗が早まりますし
その逆に、チェーンのみ新しく、スプロケが磨耗したままだとその逆の事が起きます。
今回はチェーンは大丈夫そうなので、前後スプロケだけ交換してやると
当面駆動系でお金が発生する事を回避させる事が出来る筈です。

そのまま、シート下にあるバッテリーのチェック!110626 (14) 12.60Vを下回り、弱っている感は否めないです。110626 (15)ただ、充電系統は健在でバッテリー自身もしっかり電気を蓄えようとしているようですので
こちらは、一度充電器に掛けて再度テストをして判断と言う感じですね。

そのままタンクを外し、点検も終盤へ!
先ずはキャブレターの目視チェック。
オーバーフローも無さそうですが、ガソリンタンク内の
錆び取り用のフィルターに錆び粉がかなり溜まっています。110626 (22)110626 (23)フィルターも換えた方が良さそうですし、いくらか透過してしまっているので
キャブの内部もどうなっているのか?です。
現状掛かりも吹きも問題ないのですが、今後錆が詰まって不調に陥る可能性も否定は出来ません。
110626 (20)エアクリーナーはさほど汚れもきつくはありませんが110626 (21)点火プラグは(左から#1.2.3.4)特に#1.2が焼け色が濃い(つまりガソリン供給量が多い)です。
この当りは何処に起因する物か、見極めが非常に難しいですが
現状は調子も良さそうなのでキャブレターは経過観察で。

ただ点火プラグに給電するコード110626 (28)
のジョイント部が経年劣化でボロボロに・・・110626 (24)110626 (25)とりあえずで、ボロボロな部分を切り落とし
綺麗な部分で咬むように試みましたが、どのコードを切っても切っても劣化した切り口しか出て来ません。
この状態でも、エンジンを掛ける事は可能ですが
雨水による漏電でエンジン不調に陥ったり、走行時の振動で抜けかけ
これも不調に繋がったりする可能性があるので、交換をお勧めいたします。

あとは、それ以外で左グリップの取り付け不良が確認できたり
110626 (27)110626 (26)リアウィンカーの動作不良や、サイドスタンドスイッチの動作不良。110626 (3)前回、オイル交換時にご確認いただきましたが
やはりエンジンオイルの漏れが、結構来ていると言った所でした。

作業お勧め内容で言いますと
・ハンドルストッパー修理
・フロントブレーキOH&パッド・ディスク交換
・リアブレーキOH
・前後スプロケ交換
・プラグ・燃料フィルター交換
・バッテリー充電ないし交換
・プラグコード交換
・左グリップ付け直し
・リアウィンカーの動作正常化
といったところになります。
項目が多いですが、この年式の車両になると安くで買う事が出来てしまい
購入価格が安いので整備にお金を掛けるのを嫌がり、乗りっぱなしにしてしまい
残念な事に結構痛ましてから手放される事の多いクラスになってしまいます。

あとはこれとは別にアクセルワイヤー等の金額も載せ、見積りを作成させて頂きます。
早急に見積書の方も、書き上げる様いたしますのでもう少しお待ちください。

スタッフの92でした!
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« UM君サーキットデビュー!&IDさんリトルカブ修理見積!&メイメイCBR954RR納車前点検!  |  MNさんエストレヤ キャブレター点検! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/306-42a5ecf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。