09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

KMさんToday分解点検!! その3 

こんばんは、92です。私的な話ですがGWはここ数年では無いほど忙しく充実しておりました。
前半は天気も微妙でしたが何とか持ちこたえたように思います。
皆様はいかがでしたでしょうか?

と言う事でTodayの続編です!
GW明け早々にパーツが来たので良い感じに早く完成させられそうです!

今日は4サイクルエンジンの肝であるバルブ周りの組み立てです
新品のバルブが届きました!
DSCN9846.jpg
どう違うのかって言いますと・・・

DSCN9849.jpg吸気側
DSCN9851.jpg排気側

と、分りやすい形で言うとこんな感じでカーボン(煤)が堆積していたり軸の磨耗があったりします。

で、ここでバルブの当りを見ます。
DSCN9852.jpgバルブ
DSCN9854.jpgバルブシート

現状比較するものが無いので分りにくいですが、このオレンジの周部分が
ホントはもっと綺麗にラインが出てないとダメなんですね。
この部分が綺麗にピチッとあたることでエンジン内が密封されて
初めて圧縮と言う作業が可能となる訳です。
このバイクはここの密封が悪くて圧縮が出来ずに
始動不能に陥ったわけで、こうすると目視できて分り易くなる訳です。

さ!と言う事で擦り合せをして行きましょう!
コンパウンド(研磨剤)で面を出していきます。
やらなさ過ぎてもダメ、やりすぎてもダメ。
この辺りが4サイクルエンジンの肝と言われる所以で
技術者の腕の見せ所ともなる訳です。
僕のかつて乗っていたST600の車両然り、社長の乗っていたNSF100然り。
町乗りのマルチシリンダー車なんかでも乗りっ放しだと
ここがヘタって結構損をしていたりする事が多いです。
そうこう言っている間に作業も完了!!

バルブのbeforeDSCN9852.jpg
afterDSCN9860.jpg
バルブシートのbeforeDSCN9854.jpg
afterDSCN9862.jpg
見づらいですが分りますでしょうか???ラインがハッキリと見て取れる、これが正常です。
ちょっと幅は広い目ですがカーボン噛みの都合で少し広い目となりました。
お陰で漏れも無くバッチリなヘッドが出来上がりました!!
後はヘッドを除いたエンジン組立てておきます
DSCN9858.jpg
ここまで来れば終わりも見えてきました!
順当に行けば明日には完成するので出来上がり次第、電話をさせて頂きますのでもう少しお待ちください!!

それと今日はかねてから社長のお得意さんであるOMさんのフォーサイトのオイル交換を担当させて頂きました。
写真を撮るのを忘れてしまったので写真は無いのですが
社長の超の付くお得意様でありファンである方の車両を
僕が取り扱いさせて頂くと言うことでいつも以上に緊張しました。
作業は滞りなく無事終了した後にOMさんよりお話をいただきました。
「何故ここ(EVOLVE-R)に来るのか?」にまつわるお話でした。
わざわざそんな話をして下さった意味をよくよく考えて今後につなげて行きます。
貴重なお話を本当に有り難うございました。

と言うことで本日の作業はここまで!明日も宜しく御願いします。
スタッフの92でした。
スポンサーサイト

[edit]

« KMさんToday分解点検!! その4  |  今日から営業再開!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/245-e486d3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。