05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

YB-1エンジンオーバーホール!分解の巻き。原因を探れ!! 

今日のお天気は最高ですね!
先日から度々登場している、NMさんのYB-1の続きをやっています!
今日の目標は見積まで、エンジンの異音の原因は見つかるのか!!
DSCN9428.jpg

DSCN9449.jpg

水曜日の晩までにエンジンは降ろし終わっています。
アプリオで難儀こきましたので、シリンダーまでしか分解が終わってません。。。w
NMさんが持ち込まれたときに聞こえた異音とは・・・
なにやら、「シャ~~」だったり、「ハア~~~~ン」「ゴリゴリ・・・」表現できませんが・・・そんな感じ
このYBは年式が98年式、走行距離は1433km新車購入で殆ど乗っておらず今に至る。
本来、この走行距離だとO/Hする必要は皆無なんですが、エンジン音が酷い状態ですので、壊す危険性が高いのです。
私的には、シリンダー内の錆、もしくはクランクベアリングの錆ではないかと・・・
空冷の大きなフィンが大きい為、少しの異音打音も響くのが特徴です。
しかし、新車の頃はこんなにうるさくない記憶しかございません。。。

早速作業に掛かりましょう。
まずは、圧縮測定から
DSCN9442.jpg
プラグは・・・・どろどろ・・・・

DSCN9443.jpg
測定結果は、860KPA(約8.6kg/cm2)
ん~~こんな物と言えばこんなものか・・・

ついでにエアクリもチャック
DSCN9446.jpg
流石に13年経ってますね。。。劣化して形状を留めているのがやっとてな感じです。

では、本体分解へ
まず、ミッションオイルを抜きました
DSCN9445.jpg
分かりずらいですが、オイルにぎらぎら光るメタリック・・・部品のバリが出たにしても、少し酷いかも。。

ヘッドを外して、シリンダーピストンチェック
DSCN9454.jpg
DSCN9455.jpg
DSCN9456.jpg
ピストンは真っ黒・・若干シリンダー壁も錆びてます。。。。。薄~~くですが
スカートの肉抜き部分には、シリンダーにあたりが付かないので、錆が確認できました
リングがこしとっているので、クロスハッチつけて再使用できそうです。
ところで、驚いたのがポートの開口部の処理の荒い事・・・ホンダでは余り見たことがありませんねw
ヤマハのシリンダーは結構バリが多い方ですが・・これは・・・なんと言えば良いのか
綺麗に処理しておきたいが、肉厚もかなり薄い
ん~~~~

さて分解は続きます。DSCN9473.jpg
DSCN9474.jpg
このおいしそうな?!はんぺんみたいな?!物体なんだかわかりますか?
これは、エンジンに不可欠なバルブ(吸気)なんです。
もっぱら有名なのはリードバルブと言われる物ですが、こちらのエンジンはロータリーディスクバルブ方式なので、この半月状の板がクランクと一緒にくるくる回って、吸気ポートを閉じたり開いたりしています
その昔は、この方式の物が結構あるんですよ!

<ウィキより抜粋>
ロータリーディスクバルブ式
専用の円盤弁を用いて吸気弁とする方式である。吸入方向はクランク軸同軸(アキシャル)方向である。

利点
開閉タイミングを任意に設定することが可能で、慣性による過充填が一番期待できる。

欠点
キャブレターをクランクケースと同軸方向にセットしなければ吸気経路が延びてしまうことで、同軸方向にキャブレターをセットするとキャブレターがエンジンより横へ飛び出てしまうことから、キャブレターの設置場所に難がある。

代表車種
ヤマハ
メイト、YB125、YB50/90/-1
スズキ
RG400/500Γ、K50/90/125、2サイクルバーディー50/90、バンバン90/125
カワサキ
KV75、KM90、AR125(リードバルブ併用)、KE125、A1/A7、KR250
DSCN9453.jpg
閉じて


DSCN9452.jpg
開いてw


各車オリジナルを求めて色々やってたんですね・・
さてお次はいよいよ、クランクですね~
最後の最後に出て来るこの部品・・・
DSCN9476.jpg
あ~~~~~!
DSCN9479.jpg
錆びてますな・・・ゴロゴロの正体はこいつか・・・

DSCN9484.jpg
DSCN9485.jpg
ミッションが出て参りました

全ての謎が解けましたよ・・大袈裟なw
DSCN9489.jpg

異音の原因はクランクシャフトのサイドベアリングの錆による損傷が原因でした。。
右側のベアリングで、ロータリーバルブを外して確認できたように、まさにこいつの仕業でしたw
DSCN9493.jpg
DSCN9494.jpg
指で触ってゴロゴロ確認・・・NMさんあのまま走ってたら・・・・大変な事になってました><

長期間放置したり、キャブの掃除もろくにせず動くからと無理やり動かして乗っていると、エンジンにはダメージが大きく出ることの1例ですね・・・
いやいや、間一髪のところでした

さて、原因も特定できたので見積でも致しましょう!
とこで、あんなに小さいエンジンもばらすと・・・
DSCN9495.jpg
こんなに部品が詰まっているんですよ~~!
日本の技術はすばらしいですな


お昼ごろ、チーム員H松君が入荷したタイヤをとりにやってきたDSCN9482.jpg
DSCN9480.jpg
DSCN9481.jpg

明日は近畿にいくらしいえ~な~
気をつけて行っちゃって下さい
スポンサーサイト

テーマ: バイク屋さん日記

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« アプリオTYPEⅡ仕上げ整備!完成!!  |  久しぶりに汗かきました?! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/176-d0ea87fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)