09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

キャブレタ?の中から・・・ 













今回お客様から預かったバイクは、スズキのセピア50と言う原付スクーターです。
依頼の内容は、帰っている最中に信号待ちにて急にエンストを起こし、かからなくなった・・
引き取りに行き、原因は様々な為に、もって帰って診てみることに。
まず、プラグのチェックです。見た目はかぶっているんですが、何か変な汚れ方・・・
焼きつき特有の、アルミ粉は着いていないため、ただのかぶりによるものか??
続いてエアクリーナのチェック。開けてびっくり!なんとエレメントが半分ぐらい無くなっています。
劣化によりスポンジがパサパサのなって、エンジンに吸われているじゃないですか!?
まあ、たいがいこれが原因で焼く事は少ないのですが、キャブレターの中に粉々のエレメント達がひっかり、メイン系とスロー系のエアーのジェットが完全に詰まっています。それでプラグが変な汚れ方をしていたのか・・・これが原因です。そしてここが詰まると、吸われる燃料に空気が混ざらず霧化しにくいため、ガスになりにくくなります。すると、液体のままエンジン内に入り爆発しにくい為かぶるわけです。
客さんに伝えてキャブの掃除とプラグの交換、エアクリーナーの交換ボックスの掃除となりました。
さて、キャブを外す事になるんですが、スズキのこの年代のスクーターは、メットインの部分がフレーム(鉄)で構成されている為、上からの作業はまず無理ポ・・・・^^;エンジン整備がすごくしにくいんです。(><)
そこで私が編み出した技が、まずスタンドの下敷きに木の台を作って、この上にバイクを載せる。そして、Rサスを外して空間を広げて作業します。かなり作業性がアップしますよ!悩んでいる方はまねしてみてくださいv^^v
そうやってキャブを外して外回りを洗い、分解してみたら・・・・
なんか落ちてきた・・・・
なんじやこりゃ??
よく見てみると・・・・・(・0・)!!ぎゃ?????あ!
 チョークのノズルが、折れてる・・・・・・(TT)
そういえば・・前にもこういう事が同じ車種であったな・・・この車種には多いのか??
以前は、タマタマ部品取りがあったので助かりましたが、今回はありまへん。かといって、キャブの交換は高くつくし?。。仕方が無いのでうまくいくかどうかわからないが、ハンダで溶接してみることに。
まずはパーツを洗って、まっすぐちび万力で挟んで固定する。そして溶接する部分に、ハンダが馴染むように薬を塗り、溶接する。真鍮製なら割とこの方法でくっつくんですが・・・
お!!しっかりくっついたわ!!ラッキィ??!(私が折った訳ではないないですよ^^;)
はみ出している部分を、紙やすりで仕上げ、後はキャブに打ち込めば完成!!
オーバーホールも済ませ、車体にセットして・・エンジン始動!!きゅるきゅるきゅる??
無事にかかってくれました!!調子も良い状態です。
久しぶりの、チン事件でちょっとびっくりしました。
しかしそれにしても、スズキのバイクは整備士泣かせなのが多い・・・・
メーカーはちゃんと設計段階で、整備するときの事考えてんのかな?
いや・・・・考えてたらこんな事にはならないか・・・・

スポンサーサイト

[edit]

« CBR600RR&ツーブラザーズレーシング  |  タコメーター! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/142-f6db6420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。