10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

2サイクルマフラーのつまり・・・・ 
















今回紹介するのは、2サイクルエンジンのマフラーの詰まりについて!
スポーツモデルのマフラーの詰まりはあまり聞きませんが、スクーターのマフラー詰まりはよく聞く話です。まず症状としては、力が全体的になくなって行きスビードが出なくなる。
末期の症状は、エンジンすらかからなくなってしまいます。なぜこの様になるのか、解説したいと思います。
さて、今回はホンダのスーパーDIOのマフラーです。仕上げようと思い、エンジンをかけるとマフラーが詰まっていました。そこでマフラーを変えるのは大変コストがかかる為、掃除をすりことに・・・
よく焚き火などでマフラーを焼くと良いと聞きます。この方法は簡単ですが、時間がかかるのとうまくいってもマフラー自体高温にさらされる為、その後使用していく中で穴が開いたり、焼ききれなかったカーボンによってまた詰まるのが落ちになります・・・ですから、あまりお勧めしません。
詰まりの原因はほとんどが、サイレンサーのバイパスパイプの詰まりです。
このバイパス部分は外からはなにもできません。そこで切って掃除をしていきます。
普段お目にかかれない部分です・・・参考にしてもらえたらと思います。
人間の血管が詰まるのと一緒で、パイプの内側に徐々に燃え残ったオイルが堆積してしまい、サイレンサーはあまり熱が上がらないので、固まってしまい穴がだんだん細くなって(詰まって)いきます。よく女性が乗っているバイクに起こる症状です。
なぜかと言えば、答えはひとつ・・・
あまりスロットルを回さないため、燃え残るオイルが出やすくなるんです。
怖いんでしょうね、しかたありません。
あと安いと言う理由で、ホームセンターなどにあるノーブランドオイルなどを利用する方が多いんです。
ノーブランド商品は、コストをかけずに作られているのか、あまりオイルの質が悪いものがあるみたいです。感単に言えば、燃えにくいオイルなんです。ひどいものになると、エンジンが焼きつく事もありますよ??^^;
もし、入れている方は気をつけてください。メーカーが指定しているオイルを使いましょう!
それを使えば絶対とは言えません・・・・機械物は正直なので、詰まりを予防するにはたまに、迷惑にならない所でエンジンを回してマフラーの温度を上げて燃えカスを焼いてください。追い出すのではなく、あくまでも中から焼く事が大事です。
もう詰まっちゃった感じがある方は、バイク屋さんに相談してみてください。修理代がかかってしまうかもしれないですが、マフラーによりエンジンが止まったり、速度が出ない様ではエンジン自体にも良くないので・・・・

スポンサーサイト

[edit]

« 久しぶりの堺練習!!  |  太刀魚!!キターーーーーーー!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://evolveracing.blog40.fc2.com/tb.php/139-f202a7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。